--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

08/12  UFC101 -Declaration- 結果と感想 

UFCとWECが連続開催。たっぷり堪能したけれども、これだけ連続で観ると疲れもするなぁ。というわけで、結果は以下。

UFC 101: Declaration
2009年8月8日(土/現地時間) 米国ペンシルベニア州フィラデルフィア・ワコビアセンター 
第11試合 UFCライト級タイトルマッチ 5分5R
○BJペン(王者)
×ケニー・フロリアン(挑戦者)
4R 3'54" チョークスリーパー
※ペンが2度目の防衛

第10試合 ライトヘビー級 5分3R
○アンデウソン・シウバ(ミドル級王者)
×フォレスト・グリフィン
1R 1'23" TKO (レフェリーストップ:右フック)

第9試合 スイングバウト ライト級 5分3R
○アーロン・ライリー
×シェーン・ネルソン
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

第8試合 ウェルター級 5分3R
×アミーアー・サダラー
○ジョニー・ヘンドリックス
1R 0'29" TKO (レフェリーストップ:スタンドパンチ)

第7試合 ミドル級 5分3R
×ケンドール・グローブ
○ヒカルド・アルメイダ
判定0-3 (27-30/27-30/27-30)

第6試合 ライト級 5分3R
×ジョシュ・ニアー
○カート・ペレグリーノ
判定0-3 (27-30/27-30/27-30)

第5試合 ウェルター級 5分3R
×タムダン・マックローリー
○ジョン・ハワード
判定1-2 (28-29/29-28/28-29)

第4試合 ミドル級 5分3R
×ターレス・レイテス
○アレッシオ・サカラ
判定1-2 (28-29/30-27/28-29)

第3試合 ウェルター級 5分3R
○マシュー・リドル
×ダン・クレーマー
判定3-0 (29-27/30-26/30-27)

第2試合 ライト級 5分3R
○ジョージ・ソテロポロス
×ジョージ・ループ
2R 1'59" アームロック

第1試合 ウェルター級 5分3R
○ジェシー・レノックス
×ダニーロ・ヴィルフォート
3R 3'37" TKO (レフェリーストップ:まぶたのカット)



【三賞】
FOTN アンデウソン・シウバvsフォレスト・グリフィン
SOTN BJペン
NOTN アンデウソン・シウバ

それぞれ6万ドルの獲得。アンデウソンさんはファイトとノックアウトのダブル受賞。これでダブル受賞は2度目。ダブル受賞自体があったのも、UFC史上2度目であり、両方ともアンデウソンさんが受賞しているという事実が示唆するものはあるだろう。

今回からUFC100のイベントでオクタゴンガールを勝ち取ったナターシャが加わった。換わりに馬の子は引退かな?


【アンデウソンさんvsグリフィン】

一発目はやっぱり衝撃のこの試合を。

グリフィンは駆け足で入場する。アップも念入りにしてあるような印象。運営のハグ指示を断るつれないグリフィン。オクタゴンインすると会場から大歓声が。オクタゴンを小走りし、逆コーナーで立ち止まる。すぐに自陣に戻るが、少々ナーバスな印象を受ける。

アンデウソンさんの入場時には、歓声とブーイングが入り混じる。身体をクネクネしながら入場。ワセリンを忘れて入場しかける。でも、表情は落ち着いていつも通りか。オクタゴンインすると歓声。

リーチは77.5:77でアンデウソンさんが若干リード。グリフィンのコール時に大歓声。一方、アンデウソンさんのコール時にはブーイング。ブーイングに対してアンデウソンさんはおどけた表情をする。真ん中へ行き四方に礼をするアンデウソンさん。アンデウソンさん細く感じる。ひょろひょろが代名詞だった時代に逆戻り?

1R
ゆったりとした立ち上がり。グリフィンロー。グリは距離を探ってジャブ。グリのミドルを抱えてアンデウソンさんの右ストレートがヒット。しかし、体勢崩したグリフィンをアンさんは追わない。グリフィンの手を開いたジャブを気にして、「拳でな」とジェスチャーするアンデウソンさん。グリフィンも頷く。グリハイ。ガード上。距離が近づく。アンデウソンさんが連打で前に出る。右がヒットでグリフィンはフラッシュダウン。グリフィンはすぐに立ち上がる。続けて、グリフィンも三連打。空振り。近い距離で危ない交錯。アンデウソンが「来い来い」とノーガード戦法。ノーガードのまま、近づいていく。ウィービングでグリフィンの打撃を避けながら、左一発でダウンを奪う。アンデウソンさん続けてパウンド連打。すぐに立ち上がり、スタンドを要求する。立ち上がるフォーレスに手を差し伸べるアンさん。再びスタンド。アンさんまたもやノーガード。グリフィンの三連打をノーガードでスルスル避けたあと、スリーに対してカウンターの右ストレート一閃!!!グリフィンダウンで失神。アンデウソンさん追撃せず、様子見てレフェリーが止める。

うわ~、アンデウソンさん次元が……。

アンデウソンさんが大喜びしている中、グリフィンが駆け足で去っていく。走り去るグリフィンにブーイングを送る観客。フォーレスコールは何だったんだよ(笑)

カウンターの右は下がりながら、相手が三発目を出すのがわかっている中での、ツー打ち終わりスリー始動より早いタイミングのパンチ。本当に軽く打ったもので、相手の勢いのみを利用したスーパーなカウンターでした。グリフィンはこれ以前にも3連打を打っていて、完全に3発目が来るのを読まれていた。しかし、癖を読みリズムを獲得するの早すぎ。さすがにブーイングを送っていた観客も大歓声で勝者を迎えていた。

噂が本当なら、アンデウソンさんは本格的にライトヘビー級へ転向してしまうけれど、そうなるとLYOTOとのブラックハウス対決になってしまうのか?見たいような、見たくないような。たまにしかないだろうけど、ブラックハウスの合同練習は、打撃はアンデウソンさんとLYOTOがいて、グラウンドはノゲがいて(チームメイトじゃないけど)と豪華すぎる。問題はレスリングくらいか。


【ペンvsケンフロ】

現時点で最強の挑戦者と言っていいケンフロ。全ての武器が、ペンより劣るような印象があるのが気になるが……。

ケンフロは良い気持ちの乗り方。一方のペンは、いつもの怖い表情。眼光鋭く入れ込んでいる。これが見たかったんだよな。GSP戦は落ち着きすぎていた。リーチは74:70でケンフロが上。ペンは速攻で仕留める気まんまん。

試合は全局面でペンが圧倒。ケンフロは何度もタックルを仕掛けるが、一度も成功しなかった。1R、2R時には、「これでスタミナを削る作戦なんだろうな」と思っていたが、3Rが終了した後には「もう仕留めるしかないから絶望的だ」と思った。結局、全てのラウンドをペンが獲得し、4Rのテイクダウンしてからの攻めは、特筆物の怒涛の波状攻撃でケンフロを蹂躙した。本当に恐ろしい男です。

ペン相手では、一つでもペンより優れたところがないと駄目でしょう。メイナードのレスリングに期待するしかないか?エドガーのボクシング?(ペンより上でもないか) サンチェスは……、全部ペンに負けてる気がするし。

試合後インタビューでは、質問にまともに応えず「アイラブユーファン、HPを見てくれ」で終了(笑)


【サダラーvsヘンドリックス】

ヘンド陽気にオクタゴンイン。アミアー笑顔を見せながら軽快な音楽に乗って入場。リーチは75:69でアミアーが断然上。ウェルター級に下げてきただけあって、アミアは頬がこけたなぁ。と思っていたら、ヘンドの左ダブルがクリーンヒットし、抱え込みアッパー連発でKO。がちょーん。

アミーアーは積極的に打撃を出し過ぎた。「不用意な感じだな」と思っていたところに、ガチコンいわされた。ヘンドリックスは、元々レスラーでコブラ会でグラウンドを学んでいて、現在はミアがいるSUで打撃を練習している。足運びがまだ出来ていないという事で、「チャンスが来たら抱えてアッパー連発しろ」という指示を着実に実行してUFC初登場初勝利を飾った。


【ニアーvsペレグリ】

私の好きなニアー。よく見たら、ニアーは村上和成に似てる(笑) ちなみに、GETSPORTS見てて思ったが、三崎はサッカー選手の石川直宏に似てる。

試合は、ペレグリが上から攻め、ニアーは下からよくコントロールした。ニアーは下からうまくやっていたけれど、ポイントを取れるほどのコントロールは出来ていなく、逆に言うと上から悉く仕掛けを潰し、コツコツ打撃を入れていったペレグリの予定通りに試合を運ばれた感じ。ネイトとペレグリに負け後がなくなったニアー。頑張って残ってくれ~。


【ケンドールvsアルメイダ】

ハイライトは、寝業師アルメイダに対してケンドールが仕掛けた腕十字。かなり際どく極まっていて、びっくらこいた。思わず叫びそうに。試合は手堅くアルメイダが勝利。


【ハワードvsマクローリー】

マクは引き込むけど、たいして下から上手くないわなぁ。そして、ハワードは上になっても何もできない。ハワードは試合中にも笑顔を見せ、自分の試合がいい試合だったと思っているようで満足していたけど、んなイイ試合じゃないっすよ。メガネがいい感じのマクは、嫌いじゃないんだけど、そろそろUFC以外で経験積んでもいいかもしれない。


【マシューvsクレーマー】

スマイリーマシューは、決定力がない。本当に決定力がない。試合はノンストップで動き続けるけれども、塩分が高め。フィジカル強化したイイ時代の石田君みたいな感じ。しかし、今回は3Rに「いい加減、仕留めてあげてっ!」と思ってしまうくらい、危険なアタックを見せていた。けれども、やっぱり決定力がなく判定になってしまう。

気になるのが、判定(29-27.30-26.30-27)の「29-27」というもの。29の-1はどこから来たの?注意もされてないし、他のジャッジは普通に付けているし。意味がわからん。(追記:普通に考えて29-27は1Rクレーマーに入れ、2.3Rのどちらかで2ポイント差を付けたという事ですね(汗) でも、1Rも普通にマシューだと思っていたので、頭が回らなかった)


【ヴィルフォートvsレノックス】

ヴィルフォートはアホ。スタンドの肘は多彩だし、蹴り技も派手。でも、お前ソレはファッションちゃうんか?と。1Rは多彩な攻めで獲ったが、2Rは追い上げられ獲られ、3Rはカットさせされ、レフェリーが指示してないのに血を拭く事を要求して、そのままTKOを告げられて喚くというお粗末ぶり。ウェルター級にして77.5インチと破格のリーチを持っているのだから、エルボーは「ここぞ」という所で使って、通常はリーチを生かせよ。トリッキーな打撃は、ノーマルと相まって効果を発揮するんだから、ずっとトリッキーじゃ見切られるにきまっている。


【ライリーvsネルソン、ループvsソテロ】

ソテロはループを蹂躙。最初からキムラに行ってれば速攻で終了しただろう。ライリーvsネルソンは、なぜ本放送に乗ったか疑問な試合。3R時、会場に大歓声が鳴り響いたのに対し「何だろう?」と思っていたら、会場で乱闘があったというオチ。


【サカラvsレイテス】

レイテスはコール時にブーイング。アンデウソンさん戦のイメージが、忘れっぽいアメリカンにも残りまくっているようだ。試合自体もブーイングの嵐。サカラが周って周って、まともな試合にならない。明確なラウンドは2Rのレイテス。他のラウンドは……、趣味になるのか?29-28×2サカラ、30-27レイテスのジャッジが示しているのは何だろうか。

まぁ、確かにサカラの小さい打撃ポイントは、レイテスよりは若干上だったろう。タックルが切られているのも印象悪いかもしれない。でも、サカラはまともに試合を作ろうとせず、ひたすら逃げていたので、アレでポイント取れるとなると今後に影響及ぼしそう。3Rにはレフェリーからも注意が入り、終了時にはレイテスが肩をすくめて両手を上げた。勝ったので、サカラの戦略は有効という事になるのだが、はっきり言って終了した時点では「サカラは何を考えてるんだ?」と思った。3Rもサカラなのねぇ。


明日にでもWECを書こうと思います。もう、整えるだけにはなっているので。でも、WECの判定には納得いかないんだよな。今回のUFCのように、「まぁ、理由はわかる。あそこを見たんだろう。若干不満だが」という形ではないんだよな。見直そうとは思わないし、前に出てたからだろうけど。サカラが勝ちならマスーは完勝だよ。水垣だってスプリットじゃねーっしょ。




[ 2009/08/12 00:36 ] 試合の感想 | TB(0) | CM(2)
ポキールさんお久しぶりです。

エントリ読んでジョージ違いに気が付きました。というかこのコメントを書いてる時に、いまの今まで自分がデイブ・カプランとジョージ・ループを混同していたことに気づきました(恥)ソテポロもいま坊主じゃないんですね。小見川サンドロ29-28の勘違いといいよく調べて書かないとダメですね。自分の無知を晒すだけでほんとに恥ずかしい。(汗)

話変わって恐縮なんですが、以前もポキールさんが書いていたリディス=馬の子には吹きました。なるほどなって(笑)

最後に質問があるんですけれど良いですか?
ビルフォートみたいに自ら止血要求した場合、レギュレーションだとTKOになっちゃうんですか。
[ 2009/08/12 08:48 ] sprawl [ 編集 ]
> sprawlさん

お久しぶりです。実はsprawlさんの戦極のエントリにコメントさせていただこうとしたのですが、その時酔っ払っていたので止めておきました(笑) 票の重みに関して大きく頷きました。ジャッジの30-30は責任放棄だと思います。宇良健吾のスーパーマンパンチに対する珍しいカウンターフィニッシュにもコメントしたかったのですが、慌しくて。

馬の子だけ唯一名前を覚えたいと思わなかったので、馬の子で統一していました(笑)彼女UFC100でクビだったんですね。

質問に関しては、すいません。わかりません(笑) ただ、記憶でしか話せませんが、あのようなシーンは初めて見ました。単純にカットが深かった可能性が高いですが、早かったですよね。UFCは比較的カットに対して寛大なのに。
[ 2009/08/12 23:07 ] ポキール [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。