--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

04/28  芸人ドラフト会議 

時間が取れたので何か書こうと思ったが、格闘技関連で書く事がない。なもので、このブログ自体について何か書こうと思ったのだが、案外時間かかりそうなので、世間を震えさせた「アメトーーク:芸人ドラフト会議」について書こうかと思う。その前に格闘技関連をちょっと。


■ミアのジムが案外充実

先日からステファン・ボナーがミアのところで練習をしているようだ。ミアがいるジムは、トレーナーが打撃の専門家で、最近のミアの打撃向上に見て取れるように定評がある。また、ミアがいるので立ち技寝技のバランスがいいのだろう。一方、レスリングには弱そうだが、レスリングに長けたジムはアメリカには腐るほどあるので、特色を出すにはいい感じのジムだと思う。そして、先日は日本でもおなじみのフィル・バローニが練習に来たりしていたようで、バローニはミアが教えているMMAクラスに飛び入り参加で指導に入って、クラスの生徒に大喜びされたとか。ランペも前戦時に練習に来て結果が出たので「また来る」と言っていたように、主流のジムに所属していないはぐれキャラにはいい感じっぽい。

ふと思ったのだが、ボナーはXCで練習したりしてた記憶があるのだが、XCってミアのジムのライバルになるのだがボナーは大丈夫なんだろうか。記憶違いかな?


■吉田善行の練習風景

シュウ・ヒラタ氏のブログで報告されているように、吉田が1ヶ月ほど前から今をときめくグレッグ・ジャクソンの下で練習中。いやー、いい練習が出来ているといいなぁ。今度の対戦相手ブランドンをクリアするのは間違いないと勝手に確信しているので、それ以降もUFCウェルター級で存在感を示して欲しい。


■芸人ドラフト会議

いやー、これを観た直後は「今すぐブログに書きてー」と思ったのだが、翌日になって「専門のブログに任せるべきだろ」と思い直した。予想通り、各地で話題沸騰になっている。アメトーークという番組は、いつの間にかやりすぎコージーを追い抜き(というかここ最近のやりすぎコージーの低調っぷりは……)ニ、三年あたり前からお笑いファンが最も注目する番組になっている。

今回の企画は鋭い言語感覚を持ち再ブレイクを果たした有吉のプレゼンから生まれたもの。ちなみに、有吉の言語感覚は売れる前から半端なく、今は亡き内Pの大喜利でも以下の名言を残している。

クエンティン・タランチーノ
      ↓ 
くわえてん・たらんちんこ (咥えてん、足らんチンコ)


アーノルド・シュワルツェネッガー
      ↓
あーなるで・しめつけねっがー (アナルで、締め付けネッガー)


ただの下ネタ駄洒落だろと言われてしまうかもしれないが、この完成度の高さは半端ないと思う。私はこの衝撃で、その時腹筋が六つに割れた。有吉はこれ以外にも数々の名言を残し、当時一部のお笑いファンにインパクトを残した。

そして、今回の芸人ドラフト会議でも完璧なチーム編成を作った。「有吉のクソトーーク」と題して集めたメンバーは「矢作・清水ミチコ・次長課長河本・堀越のり(アシスタント)・森三中黒沢・蛭子能収・ムーディー勝山・雨上がり蛍原」。ドラフト一位で被ってしまい取れなかった「小杉」が加わり、「ムーディーor蛍ちゃん」が抜けたら、120点のメンツ。相当なクソトークをかましてくれそうな確実に観たくなるメンバーだ。22時からでは早すぎなメンツだが、爆笑は間違いない。ここで異色の堀越のりは、アリケンしゃべり場(だったと思う)で有吉と強烈なやり取りをした事があり、思わず膝を叩いた素敵キャスティング。

はっきり言って、その他3人の集めたメンバーの番組は興味をそそられなかった。ロンブー亮のメンツは一番22時のトーク番組らしいメンバーだが、紳助の番組あたりで見られそうな普通さであり、竜ちゃんもイマイチ。出川が集めたメンバーは、かなりの破壊力があって一人一人を見たらいいのだが、集まると統一感がなくお互いのよさを相殺されること請け合い。結局、どんな目的でメンバーを集めるかというコンセプトがなく、良い人材だけ引っ張ってくるという形では訴求力のあるものは作れないという事だろう。これはMMAイベントにも同様の事がいえるというのは、皆さんが考える通り。

びっくりしたのは、ドラフト1位指名「ブラマヨ小杉」が、有吉とロンブー亮の二人で被ったこと。そして、私が頭に浮かべていたドラフト1位も小杉だったこと。個人的には「さすがに1位で指名される事はないだろう」という指名だったのに、唯一のくじ引き芸人になった。今の小杉は打てば打つほど倍倍で響く。有吉が玉に瑕と言った小杉の長さも個人的にはアリ。やっぱり芸人間でも評価されているのだなと頷いた。

逆に、ドラフト1位候補のケンコバが誰からも指名されていない事に驚いた。私は「ケンコバは1位でかぶりそうだから小杉」という考えだった。そして、バナナマンも指名なし。他にも、人気絶頂のジュニアもレギュラー10本越えとは言え、まだホストよりゲスト、もしくはホストのサブが多いので東野がアリなら指名されていいだろう。

この企画は、もう一回くらい頭がキレる監督の下開催してほしいな。ジュニア指名のメンバーとか興味ある。今年のTV界No.1候補の回だった。



スポンサーサイト
[ 2009/04/28 22:09 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

12/22  M-1 2008 感想 

今回は格闘技のM-1の話題ではなく、漫才日本一決定戦M-1について。

出場は以下の9組。
ダイアン/笑い飯/モンスターエンジン/ナイツ/U字工事/ザ・パンチ/NON STYLE/キングコング/オードリー

格闘技同様、お笑いもこよなく愛す人間なので、このメンツで知らないコンビはさすがにいない。基本的に有名なコンビばかりで、モンスターエンジンの漫才は記憶にないが、その発想力を考えると楽しみではあった。

一部のブログを参照してみたが、案外納得行かれてない方が多いようで。ダイアン押し、オードリー押しなど、審査員結果に文句を言っている人が少なくない様子。(ちなみに、3.4人のブログしかチェックしてないので一般論ではないかもしれない)

自分は今回のメンツにイチオシという相手がいないのもあり(しいて言えば笑い飯)、かなりフラットな見方で楽しんだが、全体的なレベルはかなり底上げされたM-1と感じた。正直爆発力では物足りないものがあったが、総じてレベルは高かった。審査結果も納得で、NON STYLEの優勝という結果も自己採点では同様のものだったし、9組の中でのTOP4採点がNON STYLE、ナイツ、オードリー、笑い飯だったので、決勝進出も納得のもの。

さて、漫才論という事で今回のM-1を振り返って見ると、早稲田の大学院生である芸人サンキュータツオ氏の考察が興味深く頷けるものがある。M-1の結果がでてからの話はまだ読んでいないが、今年のM-1決勝を占うにとても面白い読み物になっていた。

大雑把な言い方をすると、「規定の4分間にいくつの笑い所を入れられるか?」というものが優勝を狙う上で最重要ポイントになっているということ。

それを踏まえて考えると、今回の決勝メンバーで言えばナイツの笑い所(笑えるかどうかは別として)は、その独自の漫才形態を開発し異様なまでの詰め込みだった。そして、優勝のNON STYLEも一ボケに一突込みの直後、同様の位置でニボケが続くという、これまた笑い所を相当数詰め込む事に成功していた。

サンキュータツオ氏の考察に、アンタッチャブルが極めてしまったコント式漫才に対して、サンドウィッチマンのコント式漫才がもう一歩深化させて笑い所を増やす事に成功したという考察がある。これはコント式漫才の限界点が見えてきたということだ。そこに、ナイツが新しい形を編み出して、しゃべくり漫才によってかつての倍以上の笑い所を入れることに成功し決勝の3人に残った。

しかし、サンドウィッチマン以上にコント式漫才で笑い所を詰め込む事は不可能と思われていたところに、今回NON STYLEが新風を吹かせた。一つボケる事で二つも三つも笑い所を重ねる事に成功したわけだ。自分は研究しているわけではないので、笑い所がいくつあったかはわからないが、NON STYLEシステムを採用したら、コント式漫才でサンドウィッチマン以上に笑い所を詰め込む事は物理的に可能だ。ナイツの数に達する事は不可能だが、コント式漫才を更に進化させたのは間違いない。

今回のM-1にて審査員の松本人志がナイツの漫才を見てこう呟いた。「凄いなぁ。いくつ笑い所入ってた?」

このセリフが今回のM-1を簡潔に表しているだろう。ナイツとNON STYLE、オードリーは笑い所の数でいうとTOP3だった。ナイツは数は素晴らしいが、爆発力で欠ける面があるのと当日の出来がユラユラしていた点で、ああいう結果になっただろう。誰がどう見ても、M-1優勝者の称号が一番必要なのがNON STYLEであった事も、個人的には幸せな結果だったと思う。

ちなみに、今調べてみたところ、松本人志の採点は以下だった。

ダイアン 85
笑い飯 89
モンスター 83
ナイツ 93
U字工事 85
パンチ 80
NON STYLE 93
キングコング86
オードリー 95

決勝はNON STYLEに投票。


サンキュータツオ氏のM-1決勝の話は、早く聞きたいのだが混んでて繋がらない……。NON STYLEについて、「古典的オールドスタイル」と言っているけれど、そうなんかな?1ボケに更にボケを被せるのは、今までもあった事だけど、それを最後までやりとげるのは案外無かったんじゃないかと、少ない知識で言ってみる。最後までそれをやり遂げる事で膨大な笑い所に繋がったという自分の考えって、かなりズレてる!?


[ 2008/12/22 22:12 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

01/27  おすすめコラーゲン 



[ 2007/01/27 17:05 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

06/22  格闘技の話題をひとまず離れて、DVD映画等について 

PRIDEショックからある程度時間が経ち、あの問題に関しては悪い方に出れば、うちら素人がビビるほど突然な感じで嫌な結果が出るだろうし、良い方にでれば情報漏れがありそうだが当分先になるだろう。

というわけで、K-1 MAX と PRIDE無差別級GP、UFC61あたりまでは格闘技の話題は、ひとまずお休みします。無差別あたりは予想するかもしれんが。

というわけで、偶然知った超お得DVD情報をば。

今、amazonでDVDの大バーゲンが行われている模様。映画やドラマのDVDが、めっさ安い。まじで、激安。レオンやニキータなど5本の映画が入ったリュック・ベッソンDVDBOXが19,950円のところを7,980円になってたり、凄まじいの。ちなみに、リンクはコレね。

上記の場合、俺が大好きというかリュック・ベッソンに嵌ったキッカケであるグラン・ブルーが入っていないという欠点があるのでアレだけれどねw

しかし、俺らの年代がガキの頃にはまった霊幻道士のコンプリートBOXという最高アイテムがあったりする(半額)。

「いま会いに行きます」とか「SMAPのDVD」とか「フジファブリック映像DVD」とか「僕と彼女と彼女の生きる道DVDBOX」、「松浦亜弥DVD」「小野真弓DVD」「ハウル」「ERのBOXDVD」やら、相当な数が激安特価で販売している。なんでだろう?よくわからんが。

ちなみに、俺のオススメは、ジェームズ・キャメロンの代表作をBOX化した「タイタニック、アビス 完全版、エイリアン2 完全版、ターミネーター」のDVDBOXと、妻夫木主演で村上龍原作の「69 sixty nine」と前述のリュックベッソンもの。

一覧は、コレ

amazonって、たまにめっさ安く販売してるよねぇ。なんか、その時だけにメールしてくれるみたいな機能ってないのかね。75%オフで買った4000円→980円のイヤホンはスッゲー重宝しているので、こういうの偶然知るんじゃなくて、教えて欲しいんだけど。どなたか方法知ってたら、コメント欄で教えてください。
[ 2006/06/22 03:00 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

06/01  大橋未歩のミホちゃんねる 

最近は欲求不満なのか、芸能人のファンが増えてきた。もともと、それほど芸能人にハマったりしないタチで、長いこと菅野美穂だけは好きだった。

最近急激に増えてきたのだが、その中でもちょっとキテるのが、テレ東女性アナウンサー大橋未歩。いやー、大分前から話題の人なんだろうけど、この子可愛いねぇ。早速、大橋美歩で検索して画像を集めてみたりもしたw

oohashi


ネットにUPしてくれた人ありがとう(・∀・)

そんな彼女が、なんと本を出した。それが↓。クリックでアマゾンに移動。
oohashi02




下は日刊スポーツ記事。クリックで記事に移動。
oohashi03



いや、やっぱ可愛いわ。この「行け!行け!テレビ東京・女性アナウンサー 大橋未歩のミホちゃんねる!」というエッセーには、写真なんかも結構入っているようなので、ひとまず紀伊国屋にでも行ってみるかなぁ。

と、武士道が近づいた今、変化球を投入してみるw
明日は、武士道の試合予想の予定。
[ 2006/06/01 15:01 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

12/13  Arctic Monkeys & The Subways 

この間、タワレコ行ってきた。音楽雑誌とか読まないので、たまーに行くレコード屋だけで音楽情報を仕入れる。しかも、たまにしか行かないから、全然わからなくなっている。

そんな中、キました。キテます。キテますよぉぉぉぉ。

まず、「Arctic Monkeys」。まだシングルしか出てないようなのだが、サイコー。久々に、自分ど真ん中。いい音だわ~。家に帰って調べると、デビュー前から随分人気だったみたい。ネットで本人達がデモ版を配布してて、すでに20曲以上公表している曲があるようだ。ココで、シングル試聴とシングル表題曲のLiveが見れる。オアシスのノエルすら、褒め上げるコイツら本物でしょう。

次に、「The Subways」。コイツらは、夏前にはアルバムが出ていたようなので、ちょっと前の話になってしまうんだろうけど、コイツらも自分ど真ん中。高校時代にCASTが好きだった自分の琴線をくすぐる感じ。とタワレコでは思ってたけど、今聞いてみたらCASTと共通点なさげだな。でも、いい感じ。モロUKロックですーって感じがいいね。

たまには、レコード屋寄らなきゃだな。めったに、自分ど真ん中に会えないのは確かだけど。

[ 2005/12/13 17:42 ] 日常 | TB(1) | CM(2)

12/11  エネループ 

SANYOが新しい乾電池エネループというのを発売した。これは、自家放電を防ぐ乾電池で、通常の電池ならば1年ほっとけば電池残量0になるところを85%残す事ができるらしい。そして、充電池であるというポイントがある。約1000回くり返し使えるので、1回あたりたったの6円らしい。

俺は前から「充電池ってなんで流行らないんだろう?いい充電池がでれば、それ買うのがベストだよなぁ」と思ってた。無駄がなくなるし、捨てる必要も無い。単3と単4が欲しいな。単4は来年頭発売みたいだけど、どっちかっちゃーそっちが欲しい。

↓クリックでアマゾンへ移動
ene




ちなみに、本日深夜0:15(?)から小川vs吉田の煽り番組が1時間放送される。大晦日男祭りを見る人は、要チェックや。
[ 2005/12/11 12:17 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

12/04  お馬鹿な人 & 一日に必要な脂質 

この間の記事で、こんなのがある。
http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-051128-0019.html

概略は、「韓国の男子高校生(17)が、インターネットで知り合った中国留学中の女子大生(21)と携帯で国際電話に熱中、2カ月間で2500万ウォン(約290万円)の代金を請求され、高校生一家が路頭に迷う事態に陥っている。」というもの。

馬鹿だねぇ。17歳にもなってそんな事もわからんのかと驚いた。一回も会った事がなくインターネットで、っつーことは出会い系なんだろう。父ちゃん情けなくて涙出てくるね。長いときには12時間も電話したらしいが、親も突っ込めよ(笑)

で、話は変わるんだが、たまーに「どんな感じでこのブログに来るんだろう?」と思って、アクセス解析してみる。格闘技の話題ばっかなので、だいたい検索エンジンから、PRIDEとかなんたらとかで来る人が多いんだけど、驚いたのは「UFC56」というキーワード。その記事書いたら、コレで来る人が相当いた。しかも、海外が多い。読めねーだろうにw UFC人気あんなーと。あとは、プロレスの記事(ノアの小橋vs健介の時)は相当来てた様子。

そんで、タイトルの「一日に必要な脂質」の話になるのだが、だいぶ前に書いた記事に「一日に必要な脂質分」という言葉があって、それが検索に引っかかってココに来る人も、いまだにそれなりにいるのね。なんだけど、その文章には「一日に必要な脂質」量は明記されていなくて、ここに来ても無駄骨になっている。なんだか申し訳ないので一応明記しておこうかと。

と思ったんだけど、止めよう。結局、「年齢」「性別」「活動強度」などで違ってくるわけだ。例えば、「20歳男性よく動く」人だったら、一日に必要な脂質は73.8gになるし、「50歳女性あまり動かない」人だったら、一日に必要な脂質は36.3gになる。前者の半分だからね。全然違うわけだ。

というわけで、調べたい人は
http://www.davilin.com/kabarin/calorie/calorie.html
に行きましょう。これで、このキーワードでウチに来ても、手ぶらで帰る状態にはならんだろ。

[ 2005/12/04 00:00 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

12/02  東西線運転士とブラピの関係 & ちょいモテオヤジ 

さて、奇声の話。詳細は↓。

東京メトロによると、11月30日午後9時半ごろ、中野発西船橋行き普通電車の運転士(41)が運転中、「アイちゃんが好きだ」などと、意味不明なことを大声で叫んだらしい。

アイちゃんの事大好きなんだね、41歳。アンタおもしろいよ、41歳。どのアイちゃんなんだろう、教えて41歳。

でも、ブラピが1963年12月18日生まれの今月42歳で、現在41歳という事はあまり知られていない。アイちゃん大好き41歳と同じ歳。どんだけカッコいい42歳やねん。

ブラピ


でだ。「ちょいモテオヤジ」ってのが、今年の流行語大賞のベスト10に選ばれたんだけどさ。これ流行語になったのか?確かに、LEON編集長の岸田さんは随分注目されていたけど、「ちょいモテオヤジ」でぐぐると390件しかないぞ。「ちょいワルオヤジ」も同じくらい。明らかにそこまで流行っていないんだけど、どうでしょう?

「チャック ノリス 胸毛」でぐぐるのと大して差がないな。

[ 2005/12/02 09:35 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

11/28  香港ディズニーランド 

DEEPやらなにやらたくさん興味あることはあるが、これの目的は日記であるという事を忘れてた。

この間、好きな歌手のCDを購入した。出たら即買という大好きなアーティストだったのだが、大分歳も取り方向性が違うものになってきた感じ。時は流れ、思考も移り変わる。外見も老け、食も変わる。でも、胃腸が弱いのは変わらない。すぐ下痢になる。

んなことはどうでもいい。昔の記事だけど。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050914-00000006-scn-int

香港ディズニーランドの話なんだが、ちょっとおもしろいね。子供がおちんちん丸出しで走り回る眠れる森の美女のお城。非文明的とか言って批判があるらしいけど、いいんじゃないかと思う。ディズニーにはイメージの統一を図る必要があるから、勘弁して欲しいんだろうけど、その土地その土地で色んな形があった方が、面白いよ。

ディズニーに関してではないけど、どの土地に行っても同じようなもの、同じような人ばかりだったら、つまらんわ。その土地固有の文化を見るのも楽しみの一つなはずだ。

というわけで、香港ディズニーには、目一杯独自路線を行って欲しいと思う。

[ 2005/11/28 23:16 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

11/12  マイクロダイエットなら、人一人消せます 

大変な出来事を知ってしまった。いや、この話はメジャーな話なのかもしれないけど、俺は最近知ったのよ。

マイクロダイエットで

98kg→46.5kg


なんと51.5kg減!!


マイクロ前
マイクロ後



おいおい、人一人分いなくなってますよ?いなくなった一人分の捜索願いは出されているんですか?体重が半分以下になるって、どういうことですか?

その前に、「どこの相撲部屋?」など、周りの心無い一言に傷ついていたと22歳時代の写真の下に書いてあったけど、ベタすぎですから。


つーか、素直に脱帽だね。この人凄いよ。尊敬します。マイクロダイエットって、他にも46.8kg減とか半端無い人いるんだけど、凄いなコレ。


というわけで、曙さん頑張ってください。

[ 2005/11/12 14:12 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

10/29  菊花賞 & DEEP & 雑感 

昨日、DEEPでフェザー級トーナメントが開催された。これが結構面白そうで見に行きたかった。

メインのトーナメント1回戦だけの結果を載せるとこんな感じ。
●坪井vsムアンファーレッグ○
●山崎vsブラウン○
○今成vsメロ●
○前田vsTAISHO●

他は、ミルトン、村田、クリスチアーノあたりが気になったが、ミルトンしょっぱい、村田パウンドごつい、クリスチアーノスイープされちゃって、というのが一言みたいだな。

トーナメントに関しては、ムエタイの勝利が意外!ブラウン鬼の圧力。今成メロ噛みあわず、前田開始32秒でワンツーからの左ハイキックで失神KO殺!!!

見てないので特にコメントはしないが、スッゲー見たかった前田vsTAISHOは凄い試合だったみたいだ。この大会で総合からの引退を発表しているオクトパスTAISHOにも頑張って欲しかったが、ベネットとの一戦でケチをつけられた前田は既に名誉回復に繋がる志田を倒している。そして、このトーナメントで優勝する事が決定的な名誉の回復になるだろうから、応援していた。それが、秒殺失神KOとはね。

次の準決勝に関しては、今成と前田は既にかみ合わない試合を行っているので、この二人は別ブロックになると思うが、そうすっと、優勝候補のブラウンと戦うか、一回戦負け倍率1.0倍とディープ君にも負けない支持率を集めていたムエタイ戦士ムアンと戦うかなんだけど、これはムアン君を選んだ方が圧倒的に有利だなぁ。タイプとして、前田vsムアンのストライカー対決、今成vsブラウンのグラップラー対決という図式は、分かりやすいけどねぇ。(そして、ブラウンがこの3人に負けるとしたら、今成が一本とるしかないのではという噂もある)どうなるんだろ。


【ディープ3冠】
そして、時期も過ぎたが、菊花賞について言及しておこう。何しろ、競馬はここ10数年愛してきたものだ。一時なんて、全財産ジャパンカップに注ぎ込んだというバカな時期もあった(その時は偶然勝ったが、トータルでは負けまくり)。負けてたら、翌日からどうしようかと思っていた。

俺が競馬を始めたのが、丁度ナリタブライアンが3冠を取った年。そこから遂に、無敗の3冠馬が誕生したんだということに、感動している。ちょうど、PRIDE30と重なってしまって、「ビデオで見るのか・・・」と悲しい気持ちでいたが、新宿のアルタの大ビジョンでしっかりと見ることが出来た。アルタ前に人が溜まって溜まって大変な人数だった。なんつーか、ジーンと来たね。今度NHKでディープ特集が組まれるので、要チェックしとかんと。

しかし、問題は古馬になってから成長するのか?来年の春は、天春を目指すのか?海外行くのか?

感じるところでは、成長力はあまりないような気がする。それだけ、現時点で完成度が高いということだけど。年末に向けて、JCか有馬記念のどちらかに出走ということだが、出来ればJCに出て欲しいね。現段階の3冠を取った状況で、世界の馬そして日本の古馬たち相手に無敗をキープできるのかを確認させて欲しい。そうしたら、相手のレベルが低かっただの言っている連中を黙らせる事もできるだろう。それは、決して有馬記念ではないと思う。JCが日本におけるPRIDEGPであろうから。そして、来年春から、海外遠征でシーズン通して海外で走って欲しい。エルコンドルパサーのように。海外慣れ、海外の芝への慣れ、走法の変化など、現地でやりつづけなければ本当の実力を出せずに負ける可能性もある。春先のJRAなんて、春天が最高なんだし、長距離になれて瞬発力が削られるのも馬鹿みたいだし。


【日常のお買い物】
ちなみに、最近RIOの定価3980円のヘッドホンを購入した。どこでかっつーのは、アマゾン。表面上、3980円になっているのだが、実はこれは980円で売っている。なんと、75%オフ。デザインもチャチくないアルミ製のもので、エージングが進むと音も満足できるものになるようだ。思わず飛びついて購入してしまったのだが、あと500円で送料無料になる。何を買おうかと思ったのだが、好きなアーティストがそろそろCDを出すので、それを予約した。これで、めでたく送料無料と思っていたのだが・・・。そのCDの発売が、11月下旬なのよ。そしたら、ヘッドホンも同封されて届くと後に判明・・・。大失敗だ・・・。まじうぜー。ちなみに、なんで、こんなに安いのかというと、RIOが日本から撤退してしまうために、処分しているからだと。親会社がDENONだし、音は期待感もっている。確認しにいって損はないよ。>カネ
[ 2005/10/29 11:55 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

10/28  mixi 

友人の誘いを受けてmixiをやりはじめた。やり始めて、まだそれほど経っていないが、特に何もやっていない。その友人からのメッセージを受け取ったのと、特定の個人名で検索しただけなんだけど、アレってもっと有意義に使うべきなんだろうね。

ネットの便利さは、めちゃくちゃ感じている人間だし、他の人に比べても、相当利用しているんだけど、ネットでゼロから築く対人関係は怖いという印象がある。mixiの場合、ネットから現実の集まりへと繋がる人も数多くいるようだし、そうなるとまた別なんだろうけどね。

で、本題。
この間、mixiにお笑い芸人が、本名(芸名?)そのまま登録して笑える日記を書いているという話を小耳にはさんだ。笑えると言われたら、確認したいのが性。メガネ芸人らしいんだけど、誰だかわからんのよね。おぎやはぎは検索したんだけど。(やはぎにそっくりな人のページは発見w)これって、誰のページなんだろうと、気になって夜しか眠れません。

最後に、PRIDE男祭りが開催決定して嬉しいね。開催自体は確定していたわけだけど、やっぱり発表があったというので安心する。でも、11月にPRIDEのイベントが無いのは寂しいなぁ。代わりに、DEEP(PRIDEの下部組織と言っていいさね)の65kg級トーナメントがあるけどさ(明日の話であって、11月じゃないけど、3月もそんなもんだったしね。って、もう今日か)。
[ 2005/10/28 01:57 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

10/12  北斗の拳に対するコメント+このブログに対するスタンス 

いやー、びっくりした。めちゃくちゃびっくりした。何がびっくりしたって?それは、前回のブログ発言に対する反応だよ。

前回の北斗の拳に対する「コメント」があった。それに対して、めちゃくちゃ本気で、心からまともに、俺の年代の(「はいからさんが通る」の実写版が放映された{阿部ちゃん初主演}時代であり、それの舞台挨拶すら見に行った俺)北斗の拳に対する、そして、阿部ちゃんに対するコメントをしたのに、消えているよ

初めて、知らん人の中で、「おかしな」「ヤヴァイ」コメントじゃない、そして、「友人」じゃないコメントがあったので、真摯に返したのに、俺のコメントが反映されなかったという事で、チョー


ショック


北斗の拳ばりに、「I は shock!!」って感じ。もー、ショックついでに、このブログじゃなくてmixiに格闘技じゃない話の記をつけようかと思っている今日この頃。でも、日記の9割が格闘技系という事実・・・。書こうと思って、溜まっている内容も二つとも格闘技系という事実。

結局、こっちで書くのは変わらんってことかい。
[ 2005/10/12 03:53 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

10/09  TRICK と 北斗の拳 

うひょおおおおお!!!!!!!

ドラマTRICKがスペシャルで11月19日に放送決定してたらすぃ!!そして、来年、TRKCK劇場版もやるぅ!!「シウバこの試合受けるか?」「ヤルゥ!!」ってくらいヤルゥ!!

待ちに待ったよ・・・。うれしいねぇ。

そして、北斗の拳が映画として復活するらしい。声が神谷明じゃなくて、阿部ちゃんってのが、いいのか?って思うが。
[ 2005/10/09 09:15 ] 日常 | TB(0) | CM(1)

09/17  いまどきの若者で英語が話せる人の割合 

最近、飲んだくれて酷い状況。「俺ってこんなに弱かったんだ」と思うが、自分の事で新たな一面を発見したと、無理やり前向きな発言をしてみる。

この間、友人(A)とその友人の友達(男B)、そのBの友達の女の子と飲む機会があった。19:30から飲み始めると言われたのだが、野暮用でちょいと遅刻をする。店に行って、予約者の名前を告げ(B)「その奥です」と店員に通されるが、友人Aがいない。「うーむ、誰もしらん」と思うが、人数的にそれっぽいので、「どーもー」と昔のお笑い芸人の如く、声をかけたら正解。

ハイテンションで行く事を決め、その場を楽しむが、なんだか今の自分達の世代って、英語話せる奴(帰国子女や留学経験がある)がメチャクチャ多い気がする。つーのは、結局会の終わり頃に参加した俺の友人Aを含め、その場に6人の人間がいたが、俺以外全員英語がいける人だった。「6人中5人話せるんかい。実際、そんなもんなの?」と心で思う。そういえば、ウチによく集まる連中って、俺含めて5人中4人が英語話せるんだよね。またもや、俺だけ話せない。つーか、この環境は普通じゃないと思っていたんだけど、飲み会でそれが普通なのかと思う次第。

しかも、俺は周りの中でも比較的仕事にも英語が直結しているのに、この状況はいったい・・・。英語覚えたいとも思うんだけどねぇ。うーん、国際化の波はすごいねぇ。
[ 2005/09/17 05:13 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

08/19  お笑い 

さてと、最初の方で、格闘技、音楽、料理とかに興味あるって書いたけど、他にもお笑いが大好き。まだ中学の頃、お笑いダンクシュートとか(オンエアーバトルの前身番組)、テレ朝のGAHAHAとか好きで見てたんだよね。元テレとかごっつとかも。ちなみに、GAHAHAの初代10週勝ち抜きチャンプが「爆笑問題」で、2代目が「ますだおかだ」。X-GUNが9週勝ち抜きで10週目を勝てない状況で足止め食らってた時、あっさり「ますだおかだ」が後から来て抜き去ったところに、哀愁を感じた(現在のポジションにも表れてるねぇ)。ちなみに、海砂利水魚(現くりーむしちゅー)が7週勝ち抜いた時に、番組が打ち切られた。もちろん、X-GUNも9週のまま。

そんな若い人にはどうでも良い感じの話をしたが、結局お笑いが好きだと。なんだけど、ここ数年テレビをほとんど見てないので(内Pだけビデオ撮ってCM飛ばしながら見てる)、今のお笑いブームがどんな感じなのかわからん。アンタッチャブルも好きだし、有名所の名前は知っているんだけど、ネタをあまりみたことないんだよねぇ。あっ、さすがにM-1とかは見ているけど。

ちなみに、「お笑い」とか「お笑い芸人」の「お」って「御」なわけだよね。つまり、芸人さんや、その芸に対して、誰しもが敬意を示しているというわけだ。たとえば、歌手って「お歌手」なんて言わないし、公務員を「お公務員」なんて言わない。言ったら、逆に馬鹿にしている発言になるだろう。って、これは違うか。芸人に「お芸人」なんて言わないからな。芸に対しての敬意なわけだった。そう考えると、「お歌」「お仕事」とは言うか。言うけど、ほとんど使われないね。子供を相手にするときとか、奥さんが旦那さんに対して心に労いの気持ちを持って使う「お仕事は順調ですか?」などしかない。やっぱり、「お笑い」というのは、みんなから敬意を持たれているんだねぇ。

今度、大好きな人を誘ってルミネ行くか。

[ 2005/08/19 15:42 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

08/12  EDGE WILLCOM [通話し放題携帯電話] 

あー、辛い。辛いけど、更新しなきゃな。

この間日経トレンディを読んでいて、「EDGE WILLCOM」の広告が載っていた。なんだか、通話料無料的な感じでの広告の仕方。単純に、予想ではIPフォンが携帯できるようになったのだろうという事を思ったが、調べてみる。

つーか、イメージ通り。そのウィルコム同士ならば通話無料になるというもので、メールもし放題(無料)。実際、彼氏彼女との通話がほとんどだって人は、相当安くなることは間違いないね。ちなみに、携帯にかける料金も普通の携帯同士より安いと書いてあった。でも、携帯からウィルコムにかけると、高い。周りにとっては迷惑だけど、みんながウィルコムにしたら全部無料というわけだ。

実際、エリアがどれくらいのものなのか、公式HPをパッと見ただけじゃわからなかったので興味ないけど、これが携帯に劣らないものだとしたらちょっと興味あるなぁ。ドコモのメールは二日遅れで入るなんてしょっちゅうだから、むかつくし。
[ 2005/08/12 02:52 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

08/04  肉体変化 

ふうう。
正直、めちゃくちゃ凹んでいるので書く気になれない状況が続いている。

でも、ある程度続けると決めてはじめたことだから、ある程度はやらんといけないな、と思って書き始めた。何書こうか。武士道GPか?パンか修斗か?PRIDEひかり道でやっている、試合編か?

正直、書く気になれないので、昔言っていたダイエットの結果の写真を出す。写真撮るだけなら簡単だ。

henkaa


やっぱ、デブ期間が長いので、デブ線が出てるね。つーか、7月は月3回の筋トレしかしてないし、駄目か。カミサンの為に、夏に向けて脂肪削ったんだけどなぁ・・・。

[ 2005/08/04 04:35 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

07/29  クールビズ 

俺は自営業をやっている。ゆえに、通勤電車に揺られることも今はない。だもんだから、世間の動向に弱いところがある。本日、新規の取引先になりそうな相手の会社でプランについて話し合う機会があった。その相手は、アパレル関係の会社。だもんだから、初めて会うんだけど、ちょっとオシャレな感じを出すべきかと考えた。

そこで、クールビズ。なんだか、川渕キャプテンも嫌々やっているクールビズだけど、巷ではどんだけの人間がやっているのか、さっぱりわからない。けれど、まぁアパレルだし、そこらへんは敏感だろうということで、挑戦しようとした。でも、知識がまったくないので、当日の朝調べてみた。

俺のイメージでは、ノーネクタイ。以上!
という感じだったんだけど、調べてみると「ノーネクタイ、ノージャケット」との事。「うわっ、ジャケットも着ないのかよ。ラフだな」と思い、新規取引先と会うに適していないかとも思ったのだが、相手を考えてチャレンジすべきだろうと決心した。

俺の思っているノーネクタイは、ボダンダウン、と襟立て用シャツというものだったんだけど、調べてみるとさすがに襟立てシャツは駄目っぽい。でも、俺が持っているのは襟立てシャツ(私用の)。ボタンダウンは高校以来買っていない。しかも、クールビズ用にネットで出ている写真は全て長袖ではないか。

「そんなの買ってねーよー」と当日の朝、拗ねる俺。なんだか、ドゥエ・ボットーニとかなんとか言うシャツが流行っているらしい。確かに、商品によってはカッコいいのがある。でも、俺持ってないし。会うの今日だし。

半袖襟立てシャツで行くか(しかも、遠めじゃわかりにくい花柄の刺繍入り。もろ、私用じゃねーのよ)、普通のシャツを着るか。悩んだ挙句、「半そでは失礼だ(襟立ては問題じゃないらしい)」と結論付け、白シャツで、立体的なラインが入っているものを着用。ノーネクタイの場合、上のボタンを外すので襟は立ち気味になるシャツが望ましいが諦める。

しかし更に、アンダーシャツがない。最近洗濯サボってたツケが回ってきた。首周りがV型の白シャツがないのだが、丸型のならある。でも、ボタン開けたところから見えてしまう超ダサおっさん仕様になってしまう。仕方ないから、丸いのをV字になるように、ハサミでカットする。朝からなにやってんだ、オレ・・・。

さーて、意気込んで駅に向かう。ホームに着くとサラリーマンがチラホラ見える。





「ゲエエエ!!!クールビズ流行ってねぇ!!」






9割方のサラリーマンは、普通の格好。「あっ、あの人上着着てない」とか期待しても、手にもっているだけ。その上、






「ゲエエエ!!やっと見つけたクールビズ野郎二人は半袖じゃねーかぁぁぁ!!!!!」


そう、オレが最も重要視した「半袖は、駄目」というのは、そうでもないらしい。ちなみに、移動中に見かけた数少ないクールビズ実践派は悉く半袖。「もー、ならばオシャレシャツ着てきたのに・・・」と切ない気持ちになるが、実際、シルエットとして、スーツに半袖シャツだけでは格好悪いのは確かだった。そこらへんは、長袖シャツの方が美しく見える。これ、ポイントだと思う。クールビズに取り組もうと思っている人は、考えたほうがいい。

そんなこんなで、相手先のビルに着き会うことができました。







「相手、私服かよっ!!」


だよね。やっぱアパレル本社企画室ですから。Tシャツだよね。髪型もオシャレさんだよね。

と、坊主デビューを果たしたオレが心の中でつぶやいた。
[ 2005/07/29 01:10 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。