--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

03/06  UFC58 結果と感想 

格ヲタが死ぬほど注目していたUFC58が終った。その中で注目の試合結果は以下。

●イーブス vs マーク・ホミニク○
●BJ.ペン vs GSP○
○フランクリン vs ロワゾー●

ネイサンは見てないが、ネイサンが全ての面で少しずつ上回って勝利したようだ。

で、イーブスUFC復帰していきなりの完敗・・・。対戦相手のホミニクは本来1階級下のキックボクサー。なのに、その相手に三角にて一本負け。1Rはスタンドオンリーのほぼ互角の戦い。2Rに入り、パンチと膝でボディを効かされたイーブスがテイクダウンをし上になったが、無防備に三角一歩手前くらいの状態を維持。ホミニクもグラウンドはヘタなので、しばらくその体制のままだったが、じりじりと足を移動させガッチリ決める。イーブスはその間まったくノーケア。なんというか、無防備過ぎで驚いた。キックボクサー相手なので、そういったことが頭になかったんだろうけど。

ペンvsGSPはパウンドフォーパウンドを決める一戦と言っても過言でもない、全世界の格ヲタ注目の一戦。うーん。全体通してスタンドではペンが優勢。1Rはスタンドのみでペンのラウンド。2R,3Rは所々でテイクダウンに成功したGSPがポイントを取り、結果2-1のスプリットながらもGSPの勝利だった。

ほぼ互角の戦いだったが、個人的にペンの方が実力では上回っていたかなぁという印象。試合終了後はGSPは顔が傷だらけだった一方、ペンは今から試合をするような奇麗な顔。GSPはテイクダウンを成功させても有効なパウンドはほとんど無く、ペンに凌がれただけという印象。明暗を分けた3Rの攻防にしても、残り時間が少なくなってからのGSPのテイクダウンだが、個人的には下から攻めたペンが優勢だったと思う。GSPのヒジを考慮しても。ただ、UFCはテイクダウンを奪った(グラウンドで上になった)方にポイントを付けるというジャッジの傾向があるので、グラウンドで終始上にいたGSPがポイントを取ったという試合。

結局、GSPの戦略が勝っていて、ペンは打撃で倒せると過信していたって試合かなぁ。でも、本当にいい試合だった。高いレベル同士が試合をすると、こうなるって感じだな。

フランクリンvsロワゾーは5R戦っての判定決着だったが、フランクリンの完勝。立っても寝てもフランクリンが上だった。ロワゾーは顔が変形するぐらいで、4Rで終らせてもいいんじゃないかと感じた。ちょっと不満なのが、フランクリンのグラウンドの対応。ロワゾーのハメ技をケアしての事かもしれないが、一本取れる試合だったと思う。

スポンサーサイト
[ 2006/03/06 18:20 ] 格闘技 | TB(0) | CM(1)
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。