--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

06/29  PRDE 無差別級GP 予想 

さてさて、サップ問題で格闘技界はずいぶん揺れている。確かに、結構大きい話で、少しばかりDSEがからんでいる予測も出てきた。なんつーか、暗い話題が多いねぇ。色々、個人的に思うこともあるし、書きたい気持ちもあるが、暗い話題を扱うのもうざったいので止めておく。

ということで、無差別級GP試合結果予想。

■吉田vsミルコ

これは、1RでミルコのKO勝利を予想。今回ほとんど体重差がない二人だが、吉田が勝つ形はほとんど見えない。わずかに残る可能性は足関だろう。しかし、順当にミルコが打撃でKOすると見る。

■藤田vsシウバ

これは・・・、難しいのだが藤田かなぁ。なんだかんだ言って体重差があるこの二人なので、藤田がテイクダウンしてなんとか塩漬けるという形を予想する。藤田の3R判定勝利。ただ、もしも藤田vs吉田が組まれたら、吉田勝利を予想する自分としては、微妙な予想ではあるな。シウバvs吉田だったら、シウバが絶対有利なわけで、まぁ体重制限なしならほんの少しばかり事情は変わってくるけど。

■ジョシュvsハント

ジョシュの2R一本勝利。1Rもありうると思うが。少し体重を落としすぎな感もあるけれど、ジョシュがベストと言っているので問題ないだろう。ハントには負ける要素がないと思う。唯一怖いのは、誰しもが思うジョシュがスタンドに付き合ってのKO負けであるが、総合のハントはスタンドでKOするような打撃をあまり出していないので、その可能性も低いと思う。ジョシュはコレに劇勝して、決勝ラウンドで超ビッグカードが行われることを期待したい。

■ノゲイラvsファブリシオ

判定かKO一本かは難しいところだが、ノゲイラの判定勝利を予想。これは、寝業師対決なわけだが、結局スタンドの攻防がメインの試合になるはず。特にノゲイラはファブリシオの寝技を警戒し、全ラウンド通して明らかに自分がファブよりも優れているスタンドで戦うことを要求するだろう。

■中村vsサイボーグ

これは中村の塩漬け判定勝利。まぁ、まず間違いないと思う。サイボーグのスタンドは相当なレベルにあって、ミドルのストライカーとしてPRIDETOPレベルなのは間違いない。しかし、結局転がせば凌ぐことしかできない選手であり、その展開に持っていく事は中村にとってそれほど難しいことじゃあるまい。一部で「さすがに、1本取るだろ」みたいな話もあるけれど、それは中村レベルの寝技では無理かと。KO負けはあっても何気に一本負けがないのがサイボーグ。

■高橋vsビクトー

勝利予想だけでいうと、一番固い試合かもしれない。ビクトーの勝利は動かないが、どんな展開かなぁ。1R一本勝利かな?負けがこんでいるビクトーだが、ここではさすがに負けられない。

■ドラゴvsナツラ

結構、予想が難しい。ドラゴが超ストライカーというのは、ほとんどの格ヲタが認めるところであると思うが、ナツラさんの開始3分の強さも本物。スタミナがなさすぎるけど。ただ、これからの展開に期待をもたせる為にも、ドラゴの1RKO勝利を期待しましょう。トンプルさんを破った選手を5秒でKOするという離れ業をやったドラゴには、なんとかTOP戦線に加わってもらいたい。つっても、無名選手にKO負け食らう寸前まで追い詰められた映像を見た限りでは、ドラゴはA級ヘビーファイターにはなれても、S級ヘビーファイターにはなれないと思うんだけどね。

■ホジェリオvsアリスター

アリスターは好きな選手なのだが、ここはホジェリオ勝利だと思う。2R一本勝利かなぁ。ミドル級のタイトルマッチのためにも、ここはホジェリオ負けられません。

■中尾vsイ・ウンス

「中尾“KISS”芳広」に改名し、完全にそっち系にノッた中尾さんw どこまでポテンシャルが高いのかは未だわからない選手だが、ここは勝ってもらいましょう。相手も韓流ファイターとして韓国では相当期待の高い選手だが、ここで立ち止まったらつまらんからね。1RKO勝利かな。レフェリーストップになるでしょう。


ちなみに、7月1日からブロードバンド放送局「あっ!とおどろく放送局」で5・5『PRIDE無差別級グランプリ2006 開幕戦』の無料配信が決定。これは、全編ノーカットなのか、解説があるのか等不明な点も多いが、見逃した&撮ってないけどもう一度見たいというファンには嬉しい話だね。

アドレスはこちら
スポンサーサイト
[ 2006/06/29 17:47 ] 試合の予想 | TB(0) | CM(0)

06/23  PRIDE 無差別級GP & サクの動向 

【PRIDE無差別級GP】
ちょっと遅れてしまったが、無差別GPの全カードが発表された様子。

吉田 vs ミルコ
藤田 vs シウバ
ジョシュ vs ハント
大ノゲ vs ファブ
中村カズ vs サイボーグ
義生 vs ビクトー
ホジェリオ vs アリスター
中尾 vs イ・ウンス
ドラゴ vs ナツラ

という全9カード。

GPは興味を引かれる良いカードが揃ったと思うが、それ以外はちょっと微妙な感じはあるかなぁ。じゃあ、このメンツで他にカードを組むとしたらどうなるか?ってのを考えると、

ホジェリオ vs サイボーグ
カズ vs ビクトー
ナツラ vs アリスター
ドラゴ vs 義生
中尾 vs イ・ウンス

かなぁ?中尾が変わってないw 階級合わせも微妙w
ホジェvsアリスターは、時期挑戦者決定戦な触れ込みみたいだから、第一コンテンダーのホジェはTOP戦線とやるべきだろうから、俺が考えてもやっぱ駄目な組み合わせだ。このメンツを崩さないのであれば。

ただ、ドラゴは折角なんだから、もうちょいヌルイ相手とやってもらって幻想を上げてもらいたいし、ナツラは素質あるんだから、そろそろ勝たせてあげる相手と・・・、って俺がやったのも、難しすぎる相手だけど。でも、単純に最初に発表されたカードは、カズvsビクトー、義生vsサイボーグの方が、今後の展開考えてもいいと思う。

ま、ジョシュファンとしてはGPのカードで超絶楽しめるでしょう。PRIDEの土俵際の強さは、何度も見ているし。

【HERO'Sライトヘビー級トーナメント】
そして、HERO'Sでも85kg級のトーナメント参戦者が発表された。無事にサクが入っているようで、嬉しいものだ。ものだけれど、それだったら武士道のウェルタ―級でも・・・。まぁ、仕方ないけどさ。しかし、こちらには岡見という次世代のエース候補が出れない様子。ペンの代わりはあるかもしれないけれど。岡見はやっぱ大舞台で勝負して欲しかったなぁ。

サクはペンが濃厚みたいだけれど、なんかどのメンツとやっても微妙な感じはある。vs秋山というカードのみが、黄金カードになりうるものだなぁ。しかし、決勝にいかないと当たらないわけで、両方が決勝に残るのって結構難しいと思うわ。怪我もあるだろうしね。あと、大山頑張れ。

それに伴い、高田とサクの絶縁話が報道された・・・。

以下、ニッカン新聞。
http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20060623-50019.html

PRIDE高田本部長が桜庭と絶縁宣言

 PRIDEの高田延彦統括本部長(44)が、桜庭和志と絶縁を宣言していたことが22日、分かった。24日発売の月刊誌「ゲーテ」のインタビューで「彼とはこれから酒を飲んだり、飯を食ったりもできない」と明言。桜庭は3月いっぱいで高田道場から独立。師匠のもとを離れ、フリーとなって間もなくHERO’Sへと移った。主戦場を変えることに関し報告はなかった。高田はその後、1度だけ桜庭と対面し、その場で謝罪を受けたことを明かしたが「筋を通すためには、順序がとても大切な時がある」と語っている。



うーん。やっぱり寂しいもんだね。高田の言っていることは正しい。正しいけれど、やっぱねぇ。なんかねぇ。うーん。

[ 2006/06/23 18:30 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

06/22  格闘技の話題をひとまず離れて、DVD映画等について 

PRIDEショックからある程度時間が経ち、あの問題に関しては悪い方に出れば、うちら素人がビビるほど突然な感じで嫌な結果が出るだろうし、良い方にでれば情報漏れがありそうだが当分先になるだろう。

というわけで、K-1 MAX と PRIDE無差別級GP、UFC61あたりまでは格闘技の話題は、ひとまずお休みします。無差別あたりは予想するかもしれんが。

というわけで、偶然知った超お得DVD情報をば。

今、amazonでDVDの大バーゲンが行われている模様。映画やドラマのDVDが、めっさ安い。まじで、激安。レオンやニキータなど5本の映画が入ったリュック・ベッソンDVDBOXが19,950円のところを7,980円になってたり、凄まじいの。ちなみに、リンクはコレね。

上記の場合、俺が大好きというかリュック・ベッソンに嵌ったキッカケであるグラン・ブルーが入っていないという欠点があるのでアレだけれどねw

しかし、俺らの年代がガキの頃にはまった霊幻道士のコンプリートBOXという最高アイテムがあったりする(半額)。

「いま会いに行きます」とか「SMAPのDVD」とか「フジファブリック映像DVD」とか「僕と彼女と彼女の生きる道DVDBOX」、「松浦亜弥DVD」「小野真弓DVD」「ハウル」「ERのBOXDVD」やら、相当な数が激安特価で販売している。なんでだろう?よくわからんが。

ちなみに、俺のオススメは、ジェームズ・キャメロンの代表作をBOX化した「タイタニック、アビス 完全版、エイリアン2 完全版、ターミネーター」のDVDBOXと、妻夫木主演で村上龍原作の「69 sixty nine」と前述のリュックベッソンもの。

一覧は、コレ

amazonって、たまにめっさ安く販売してるよねぇ。なんか、その時だけにメールしてくれるみたいな機能ってないのかね。75%オフで買った4000円→980円のイヤホンはスッゲー重宝しているので、こういうの偶然知るんじゃなくて、教えて欲しいんだけど。どなたか方法知ってたら、コメント欄で教えてください。
[ 2006/06/22 03:00 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

06/15  中尾がPRIDE参戦へ 

うはっw
これはちょっと面白いw

nakao


K-1との2年契約が終ったらしい、中尾さんが衝撃のPRIDE参戦決定。ヒーリングへのキスにより試合前KOを食らうという前代未聞の事態を起こし、話題をかっさらったのは、格ヲタならば記憶に新しいところだろう。その中尾さんが藤田を追っかけて、PRIDEへたどり着いた。

以下が公式の記事。
http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1150347292

(対戦相手には)「カッコいい選手がいいですね。カッコ悪い選手はNG。その辺りはDSEさんに任せています。まあ僕とヒーリング選手は運命の赤い糸で結ばれているんで、もう一度闘うかもしれませんね」と独特のブラックジョークで切り返し、記者陣から笑いを誘っていた。



PRIDEが異常事態の中、ブラックジョークを飛ばしながら、軽やかにPRIDEに参戦を決めた中尾さんには拍手を送りたいw そんな中、

(PRIDE愛をとくとくと説いた後)だからこそ、中尾の軽く見える態度が許せなかったのだろう。中尾を目の前にしても「やってきたことが違うし、PRIDEの厳しさが分かっていない。冗談じゃ出来ないってことくらいは覚悟して欲しいと思います」と言ってのけ、会見後の囲み取材でも「別に中尾選手のことが嫌いだったわけじゃない」と前置きしたものの、「自分はPRIDEのことをそこまで思って今日の会見に出席したから、中尾選手とは空気感が違う。ああやってふざけたのを見ると腹が立ってきます」と語り、「PRIDEを愛する気持ちは誰にも負けません」と、カズはPRIDE愛を宣言した。



と、PRIDE愛はいいんだけど、融通の利かない中村カズw でも、これは中村なりのアングルな気がするね。「中尾vs中村」。これは、これからの日本重量級を占う一戦になるある意味ビッグマッチ。いずれ実現するならば、大歓迎の一戦だ。

ちなみに、中尾さんは6戦中2戦がノーコンテストに終っているという、ノーコン男。しかしながら、戦績は4戦4勝無敗の男。総合3戦目にはキャベツに勝利する(当時のキャベツはまだ強豪の一人に数えられていた)といったポテンシャルも持っている。ただのネタキャラではないわけで、楽しみっちゃ楽しみですよ。

他に、中村vsサイボーグ、義生vsビクトーが決定。かつての天才児ビクトーもここ5戦で1勝4敗。確かに負けた相手はTOP所だけれど、もう一度這い上がるのは大変そうだ。つい先日、アリスターとの再戦をStrikeforceでやったばかりだが(ビクトー判定負けだが、開始3分最強のアリスターを逆に押していた)、コンディションは大丈夫か?

つか、中村vsビクトー、義生vsサイボーグの方が、いいと思うんだけど・・・。正直、組まれたカードでは、中村の塩勝ちとビクトーの勝利しかないじゃない?中村がスタンドに付き合うならサイボーグのKO勝利もありうるけど、そんなことしないだろうし。それだったら、中村vsビクトーの勝負論を語れるような試合と(しょっぱくても)、義生vsサイボーグの完全KO決着マッチの方が面白いと思うんだけど。

ちなみに、上記リンク先には、フジテレビとPRIDEの騒動に関して、少しばかり榊原の最新コメントが載っている。


それと、パンクラス参戦中の元極真、元K-1選手で、現在総合格闘家として活躍中の野地が解雇処分を食らっている。なんだか、こんなマイナスな話題が多いなぁ。しかし、何をやらかしたのか?女性問題やら893関係やら噂は出るが、真相は現状では藪の中。しかし、なんとも勿体無い。

[ 2006/06/15 17:07 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

06/14  フジテレビ PRIDE撤退 Part13 (スカパーの放送決定!) 

というわけで、表題通り、PRIDEのスカパー放映に関する情報が本日報じられた。


以下、ニッカンから。
http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20060614-45789.html

スカパーはPRIDE、ハッスル放送継続

 スカイパーフェクTV!(スカパー)が、PRIDEとハッスルの放送継続を決定した。同社の広報IR部が13日「現時点での放送予定の変更はありません」と正式に表明した。両興行を主催するDSEに対し、フジテレビが5日に契約解除を通告。地上波でのテレビ放送がなくなり、態度を保留していたスカパーの動向が注目されていた。

 役員らによる連日の協議の結果、この日方針を決めた。スカパーは「現時点で放送予定の変更はありませんが、万一何らかの問題点を新たに確認した場合は放送中止を含め、新たな措置を取る予定です」とコメント。今後、週刊誌で取り上げられた暴力団との関連が発覚した場合などは、再び放送を検討するという。

 スカパーは両興行を第1回大会からPPV(ペイ・パー・ビュー)で放送してきた。DSEにとっては年間総収入の10~15%を占めていたフジテレビからの放送権料を失った現在、同様の割合で収入を得ていたスカパーとまで決別するわけにはいかない状況だった。それでもスカパーは「当社として現在、継続的に事実関係を調査しているとともに、事態の推移を見守っています」と一時的な措置だとも強調する。フジテレビのアナウンサーによるPRIDEの実況もない。事態はまだ、完全に収束したわけではない。



上記のようにPRIDEの放送はとりあえず継続。ハッスルも継続が決定。

うーん、これは本当に良かった良かった。あくまで暫定的なものではあるが、スカパーが撤退したら完全にPRIDEは終了といってよいものだからな。武士道クラスの大会しか開けなくなるくらいの資金力になってしまうだろうし。

ただ、映像をどこの製作会社が作成するかわからないが、今までのようなPRIDEそして選手に対する愛を感じさせる秀逸な煽りなどは、見られなくなるだろう。アナウンサーもどうするんだろうね。フリーで格闘技のアナをうまくできる人で、この状況の中呼べそうなのって相当少ないだろうね。


ちなみに、色んなところで報道されているが、Kings興行「MOVE ON ! Kings!」は、FEGの谷川自身が「HERO'Sとは関係のない、独自の興行です」と明言してます。み、三島~。大丈夫かぁ?
[ 2006/06/14 15:09 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

06/10  フジテレビ PRIDE撤退 Part12 (本日のスポーツ紙の報道) 

ハッスル以外のPRIDE問題に関連する情報を。本日の他の情報は、Part11を。

以下、ニッカン。
http://www.nikkansports.com/battle/
p-bt-tp0-20060610-43946.html


HERO’Sの姉妹大会が誕生することが9日、分かった。Kings興行「MOVE ON! Kings!」が7月8日、ディファ有明で開催される。ルールはHERO’Sと同じで、同大会出場選手中心の興行になる。K-1としては年4回のHERO’Sに同興行を加えて、総合格闘技部門の充実を図る。また、同興行の青木良実行委員長は、フジテレビから契約解除されたPRIDEの選手の受け皿になる考えも明かした。



以下、報知。
http://hochi.yomiuri.co.jp/battle/fight/
news/20060610-OHT1T00023.htm



 フジテレビに放送を打ち切られた人気格闘技「PRIDE」の運営会社・ドリームステージエンターテインメント(DSE)が、ペイパービューを放送するスカイパーフェクト・コミュニケーションズ(東京・渋谷)に対し、一連の騒動を記した報告書を提出したことが9日、格闘技関係者の話で分かった。スカパー側は週明けの12日に会議を開き、打ち切りか継続放送かの結論を出す見通しとなった。

 スカパー側は、フジテレビから内々に契約解除の報告を受けていたが、DSE側の主張を書面で整理した上で議論を続けていく姿勢を見せていた。同社広報も「数日中にも結論を出す」とコメントしている。10日に浜松で行われる「ハッスル・ハウス」は、通常通り放送する



スカパーが態度を決定する12日は、要注目ですな。ここで打ち切られるようだと、PRIDE崩壊は具体化してくる。逆に、切られなければなんとかなるかもしれない。

そして、K-1を運営するFEGが新たな手を打ってきた。これは元々進行していたアイデアだろうから、PRIDE問題があったから云々ではないだろう。ただ、タイミングが良すぎるので、可能性としてHEROS側に流れる選手が出てきてもおかしくない。とは言っても、今回の新イベントはHEROSの2軍的なイベントで、ここで活躍できたらHEROSへみたいな感じだろうから、こちらへ流れても都落ち的な感じは否めない。しかし、三島はHEROSでも上位の力を持っているんだけどなぁ。こっちの「MOVE ON! KINGS!」に出場するようだ。
[ 2006/06/10 12:51 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

06/10  フジテレビ PRIDE撤退 Part11 (関連ハッスルから察するに) 

DSE関連の話題としてハッスルの動向も取り上げる。スカパーなどの問題の方向性が少し見えるだろう。以下、スポナビ記事をまとめ。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/
headlines/wrestling/20060610-00000007-spnavi_ot-spo.html


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/
headlines/wrestling/20060610-00000002-spnavi_ot-spo.html


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/
column/200606/at00009417.html


・東海テレビがハッスル撤退。関係者は「再開は難しいと思う。今後は放送だけでなく制作からも手を引くことになる」。さらにスカパーのコンテンツ提供も行われなくなる予定で、代わりの制作会社が見つからない場合にはペイパービュー放送もなくなる可能性がある。

・HGとカイヤはこれからも参戦する。

・全日本の小島聡が参戦決定。HGのパートナーとして。

・高田総統は「人の不幸が大好きなマスコミの諸君、ご機嫌いかがかな」と報道陣に語りかけるが、反応はなし。「まったく熱がない」と一刀両断したw また、総統に噛み付く小川に対し川田利明が、「お前みたいなやつは社交ダンスでも踊ってろ」と某テレビ番組への出演を茶化すキツイ一言w



映像製作していた東海テレビが完全撤退したことに伴い、スカパーへのコンテンツ提供がなくなったというのは、大きな話。これはフジテレビとPRIDEの関係性と同じだからだ。ただ、PRIDEはハッスルよりも大きな視聴者数が見込めるので、PRIDE放送のスカパー存続の希望はまだ捨てなくていいだろう。厳しいのは確かだが。

HGとカイヤが出場するという事で、ニッカンに載った「DSE関連のイベントにタレントが出場しても、フジテレビはいままで通り起用する」という言葉に、信憑性が出てきた。実際は、HGがフジにでるかどうか見極めないとならないが。

全日の小島が参戦したことの延長線上に、テレビ局関連のことを考えることはできないか?いや、出来ないか。全日だもんな。

高田総統は、今回の事すらも茶化すw マスコミ諸君は笑わないとw


と書いた後なのだが、サンスポに以下の記事が。

“朗報”も伝わった。態度を留保するCS局「スカイパーフェクTV!」は、「現時点では予定通りハッスルを放送していきます」と10日の浜松大会の放送を明言したのだ。



うーん。スカパー放送に関して、どちらの記事が正しいかはわからないが、先に紹介したのは「予定」と書いてあり、こちらは「断定」しているから、こちらが正しいのではないかと思う。ひとまずホッとした。

本日のハッスル以外のPRIDE騒動関連ニュースは、こちら
[ 2006/06/10 12:30 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

06/09  総合格闘技周辺の話 (ひとまずPRIDE騒動は脇に) 

現状では新たな話は出てこないだろうから、一休み。次はスカパーの発表が大きな話題だろうな。

フジテレビとPRIDEの騒動で、埋もれてしまった格闘技情報をいくつか。

(1)パンクラスの近藤が、タイヘムエタイ修行へ。

http://www.sanspo.com/fight/top/f200606/f2006060804.html
パンクラスLヘビー級王者・近藤有己が、タイで無期限のムエタイ特訓中であることが7日、分かった。「己を見つめ直し、打撃技の原点を確認したい。納得できるまで帰らない」と関係者に言い残し、1週間前に飛び立ったという。

うん。いいんじゃないでしょうか。最近負けがこんできているので、気分を一新する為にも。グラウンドも学んで欲しいところだけどね。

(2)郷野がPRIDE会見で空気読めない発言をw

 一連の情報は入ってましたが、ハッキリ言って僕には関係ないことです。僕が心配してどうにかなるわけじゃないし。僕が心配してどうにかなるならしますけれど、どうにもならないことだし。だったら、そういうことに気をとられていて、自分のやりたいことまで上手くいかなくなったらバカみたいなんで、僕は自分のやるべきことに集中してました。それは次の入場をどうするべきか、それで頭がいっぱいです。入場といえば試合後、DJ OZMAさんからメッセージをもらいました。ダンス、パンツ、ファイトは完璧でしたと。でも、その中にマイクは入ってなかったんですよね。次はマイクも含めて四拍子揃った選手になることが僕のやりたいことなので、これからも一喜一憂せず頑張ります。

「自分のやるべきことは、強くなる事でそれは試合で見せます」じゃなく、入場パフォーマンスw 確かに、この間はコールまでの流れが完璧でした。

郷野入場コールまで
http://www.youtube.com/watch?v=J5uNLIz5k7Q&search=gono
DJ OZMAズボン脱ぎまで一緒
http://www.youtube.com/watch?v=54ShTYJznVQ&search=DJ%20OZMA

(3)パンクラスフェザー級トーナメントは、DJ.taikiと前田吉朗が決勝へ。

ふむ。前田にとって流れは悪くないんじゃないでしょうか?DJは勘弁して欲しいだろうけれど。前田は今回の山本戦に関してだいぶ不安だった様子。

(4)新ZSTガールオーディションの募集始まる!!

「最高のラウンドガールはZSTが決める!」というキャッチが似合うほど、愛ちゃんは最高のラウンドガールだった。芸能界引退は本当に残念。次のラウンドガールも、期待してますよ。


(5)次回のDEEPにて、DEEP女子ライト級王者決定戦「しなしさとこvs渡辺久江」が決まる。

うむ。本当の強さというものは、この二人からは感じられないが、期待感の高いカードですな。個人的には久江より、フジメグが好き。

(6)PRIDE公式にて、ジョシュのアレキ後インタビュー掲載される。

少年時代にガッツを証明するようなエピソードはあるか、との問いに対するジョシュのコメントが、うまくて笑えるw ちなみに、ジョシュは現在PRIDEと契約中なので他への移籍はないというコメントを出した。頂点まで一気に行ってくれぇ!!

(7)菊田が「これからは年間3試合したい」と発言。

実現しないでしょう。

(8)ここにきて、ミルコ公式ブログが活発に。

元旦の一発目から6ヶ月弱更新のなかった糞ブログと化していたミルコブログ。しかしながら、なぜか手が止まらなく毎日チェックをしていたのだが、ここに来て興味深い話などが掲載されるようになってきた。クロアチア行く際には、格闘技ファンはミルコにコンタクト取りましょう。会ってくれるみたいですわw

こんなところかな。ちょっと思いついたのは。
[ 2006/06/09 19:10 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

06/09  フジテレビ PRIDE撤退 Part10 スカパー撤退!? 

いろんな情報が出てきた。
会見の詳しい模様は、PRIDE公式のニュースで読める。興味深い話も多々あった。郷野の空気が読めなくて笑えるコメントも。

しかし、この記事はリアルなのか?
http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/battle/news/20060609k0000m050057000c.html

フジと同様に放送打ち切りを明らかにしたスカイパーフェクTVには、今回の事態についての説明を求められていると話した。




打ち切りが決まったのか?
それとも、そこだけ誤報なのか?

ここが生命線なだけに、本当だとしたら厳しすぎる。



ついでに、笑えるミルコの公式長文コメントも。
http://crocop.cocolog-nifty.com/

ウッチーwww

しかし、「会場で会えるのか、それともこれっきりになってしまうのか」って勘弁して・・・。そこは、笑えないよ・・・。FEGへの移籍睨んだコメントになっているような気も。

[ 2006/06/09 00:50 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

06/08  フジテレビ PRIDE撤退 Part9 本日の会見速報4 

本日の記者会見に関しての情報は、Part6Part7Part8を。

日テレのテレビ放送動画。
http://www.youtube.com/watch?v=YA6t3YElN68

テレビ東京の放送。
http://www.youtube.com/watch?v=YA6t3YElN68
[ 2006/06/08 19:23 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

06/08  フジテレビ PRIDE撤退 Part8 本日の会見速報3 

会見に関しては、Part6Part7も参照。

新たな現地組さんたちからの情報。

(1)テレビ局は、フジテレビだけではない。

(2)年間の売り上げの約10~15%がフジテレビの放送権料。スカパーが10~12%。

(3)現代に対しては民事訴訟

(4)横浜検察庁の事情聴取はない。

(5)神奈川県警の操作本部は解散している。

おまけで、マスコミの数は250名。ファンの数は600名。選手の数は54名。


(4)(5)は重要。
(2)の収入の割合は、本当だろうか?フジテレビからの収入が予想よりも少ないような。スカパーとほぼ同じって事はないと思うのだが。

再び、現地のファンの方々に感謝。


以下、スポナビ転載。

ミルコとシウバからのメッセージも発表。

ミルコは「なぜフジテレビがこのような決断をしたのか理解できない。われわれができることは究極の真剣勝負、世界最高峰の総合格闘技を見せるだけ。吉田は人間的にもすばらしいし、彼と試合ができるのは光栄。この戦いは、もうひとつの日本vsクロアチアの戦いになる」

藤田との対戦が決まったシウバは「いつも通りやるだけ。藤田はハートが強い。でも絶対勝つ。応援してくれるファンのために絶対勝つ」


以下、ネット速報記事。
http://sports.livedoor.com/article/detail-3633622.html
[ 2006/06/08 15:09 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

06/08  フジテレビ PRIDE撤退 Part7 本日の会見速報2 

正式な媒体での発表を待つことになるが、ひとまず感想。読んでない人は、Part6を。

フジテレビがあれほどの強硬な姿勢を見せたのに比べて、なんとも煮え切らない形の会見だ。フジテレビの発表に「DSEとは放送とイベントを契約していたが、関係を継続する上で不適切な事象がDSE内部で起きている疑惑が強まっていることが判明した。契約違反に該当するものだが、具体的に話せない」 とある。

「契約違反に該当するものだが、具体的に話せない」とするほどの事が、榊原の発表のように「契約解除の理由は信用、品位、イメージに対する保持の違反が原因」などと、簡単なものなのか?まぁ、契約上DSEも話せないのだろうが。

あと、「フジテレビに恨みはない」という姿勢は正解。スカパーの事もあるし、これから本当に事実無根であることが証明されたならば(ないだろうが)、もう一度手を結ぶこともありうるわけで。というか、スカパーは大事だからな。これがなくなったら、終了なわけで。

とにかく、発表された事は個人的にガッカリするような内容だ。予想通りというか、新たな話は出てきてないわけで。それはそれで仕方ないわけだが。黒い交際を証明することは簡単でも、それが無いと証明することは実際できないわけで(無いですとしか言い様がない)、証拠がでないことで、それを証明するしかない。

GPに関しては、最初に望んでいた通りのカードで、個人的にはとても喜ばしいカード。特に、ジョシュvsハントはイイ!!ジョシュはこれで、強さを証明しながら、決勝ラウンドに残る事がほぼ確定と見ていい。決勝ラウンドが、問題なく行われるのであれば、そこでジョシュvsノゲという最高のカードが実現されるだろう。また、ミルコが欠場せずに出場してくれるのも、本当にありがたい。


あー、しかしどうなるんだろうねぇ。フジテレビからの15~20億円程度の資金が投入されないと、選手の流出は止められないもんなぁ。特に、外人選手。

プラスで、男祭りとアメリカ大会の開催は決定事項との事。資金的にできるのか?特に、男祭りは豪華なメンバーを集めることは不可能だろう。


速報をしてくれた、ファンの方々に本当に感謝します。

[ 2006/06/08 14:31 ] 格闘技 | TB(0) | CM(2)

06/08  フジテレビ PRIDE撤退 Part6 本日の会見速報1 

ネットで同時に速報してくれたありがたい人によると、特に目新しい話はなく、非常に温い会見だったということ。榊原の話は

(1)週刊現代で報じられているような、黒い交際はない。事実無根。

(2)契約解除の理由は信用、品位、イメージに対する保持の違反が原因。現代の捏造記事のせい。フジテレビに対する恨みはない。

(3)フジテレビも現代からイメージを損なわれたというということでは被害者。しかし今後、民事訴訟を考えている。我々は犯罪を侵してないし、誰かが逮捕されたという事実も一切無い。

(4)もし私が罪を犯しているなら職を辞する、でもそれはない。

(5)ボタンの賭け違いをなんとかしたい。フジテレビがいなくても声を枯らして選手を応援しているファンがいるかぎりプライドはなくならない。

(6)PRIDEは地上波を無くなっても第1回からスカパーでPPVで放送してくれている。露出は減るが、経営が成り立たないということは無い。



そして、無差別GPのカードは

吉田vsミルコ
藤田vsシウバ
ノゲイラvsファブリシオ
ジョシュvsハント


「フジ関連の質問はやめてください」「フジ関連の質問はあとで榊原が囲みに応じます」

ひとまず、ここまで。
[ 2006/06/08 14:16 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

06/08  フジテレビ PRIDE撤退 Part5 (各スポーツ新聞比較) 

本日は、公開記者会見がある。ここで、ある程度わかることがあるだろう。
それは、ひとまず置いといて。

以下、ニッカン抜粋
http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20060608-43031.html

エースHGが「ハッスル」離脱の可能性も 
ハッスル軍のエースHGが、ハッスルを去る可能性が出てきた。
所属する吉本興業がPRIDE、ハッスルから撤退する方向であることが7日、分かった。吉本興業関係者が明かしたもので、HG本人は継続参戦に意欲的だが、会社側が説得していくという。フジテレビが5日に、両興行を主催するドリームステージエンターテインメント(DSE)との契約を解除しており、吉本側が今後のタレント活動への支障を懸念した。

 PRIDE、ハッスルの地上波テレビ放送中止に、真っ先に反応したのは芸能事務所の吉本興業だった。両興行に関与した人物を、フジテレビが今後すべての番組に出演させないと、一部で報道されたことが引き金になった。吉本興業関係者はこの日「個人の趣味でやっているプロレスと、フジテレビに出演できなくなることは、どちらが痛手か比較するまでもない。会社側が説得していくことになると思う」と明かした。

 吉本興業ではHGだけでなく、ハッスルでGMを務める相方のRG、PRIDEでリングアナを務める村上ショージらが主催するDSEと密接に関係している。プロレスラーになることが夢だったHGの意思は今後も尊重する方針。

 フジテレビは7日付の一部報道について「タレントはタレントなので、DSEと関連があるからという理由で、出演できないということはありません」と否定した。それでも今回のフジテレビによる契約解除を、ただ事ではないと判断した吉本興業の方向性は、簡単には覆らない状況だ。


猪木がPRIDEの選手たちを救済へ
 新日本の創業者・アントニオ猪木(63)が7日、フジテレビの放送が打ち切られたPRIDEの選手たちを救済する考えを明かした。テレビ放送を失った減収でPRIDEの規模縮小は避けられないと予測。試合の機会を失う選手を心配し「彼らが戦える場所を提供するべき。相談に来いよと言いたい。スポンサーやイベントを紹介できる」と。

 猪木はブラジルのジャングルファイト、韓国のWXF、米国のIFLの総合格闘技イベントでアドバイザーを務める。そのネットワークが生かせる。また、プロレスラーとして新日本で受け入れる考えも示した。娘婿のサイモン猪木社長も「うちは何でもありの団体ですから」と認めた。


他は、どこも猪木の話くらいしかない。まず、DSEと抗争中(?)の報知が報じたDSE系イベントに参加したタレントのフジテレビ出演禁止報道に関して、ニッカンがフジテレビの談話として否定しているという話をしている。これが事実ならば、報知のせいでDSEはとんだトバッチリをくらった形になる。吉本は、念には念を入れるだろうし。

そして、猪木w
やっぱり出てきた猪木。韓国のイベントはどうでもいいが、IFLは最近出来たチーム対抗戦という新しい形のアメリカ総合格闘技イベント。現在、アメリカではUFCに続いて勢いのあるイベントで、実際IFLの親善大使として招待されている。そして、IFLの第1回の対抗戦が終了した今、次回にチーム日本を率いて参加すると報じられている。ゆえに、そこへの紹介というのは、確かにある話。だけれど、猪木にかかわってはいけませんよ。格闘家の皆さん。ま、みんなわかっていると思うけどw

本日の公式記者会見待ちましょう。
[ 2006/06/08 11:45 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

06/07  フジテレビ PRIDE撤退 Part4 (各スポーツ新聞比較を振り返り) 

とりあえず、Part3を読んで、スポーツ新聞紙の報道の仕方を確認してもらいたい。

Part3でも述べたが、サンスポの記事はトーンが違っている。他のスポーツ紙に比べて、PRIDE存続の可能性を述べているわけだ。フジ直系の新聞であるのに。そして、他で言及されているスカパーに関しても、同資本が投入されているわけだが、不用意な話は出さずにまったく触れていない。

スカパーに関しては、正式な決定がなされない限り、同系として何も触れないだけであって、絶望的なのは変わらないだろう。そして、この記事をそのまま受け取れば、PRIDE存続の可能性を記事にすることでフジテレビへの批判をかわしたいというように取れる。

しかし、超好意的に解釈すると、フジテレビ主導の新会社設立という形は見えないか?見えないかねぇ。他のスポーツ紙が破滅へ向かうPRIDEを煽る中、総合格闘技ファンとしてはサンスポの記事を好意的に解釈したくなるんだけれど。

ま、そうだとすると、ヤクザをどうするのか?DSEと選手との契約をどうするのか?隠れた大問題は存在しないのか?などの問題点は累積しているんだけれどね。

それ以前に、榊原が今のポジションをすんなり明渡すとは思えないしなぁ。大問題が起きたからには、TOPが責任をとるのは当然なのだが。ま、フジに切られた経緯が不明だから、責任も糞もないと開き直れるかもしれないが。

※追加。
明日の記者会見は、ファンの参加もアリらしい。入るのは人数的に厳しいのではないかと思うが。
http://www.prideofficial.com/free/news/details.php?id=1149654796
[ 2006/06/07 13:16 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

06/07  フジテレビ PRIDE撤退 Part3 

以下、スポナビ。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/
headlines/wrestling/20060607-00000000-spnavi_ot-spo.html


ハッスル・エイドは全国放送中止

 ドリームステージエンターテインメント(DSE)とフジテレビのPRIDE契約解除問題が6日、ハッスルに飛び火した。番組を制作している東海テレビが18日のハッスル・エイド(17日、さいたまスーパーアリーナ)の全国放送中止を決定したもので、関係者は「キー局のフジテレビが中止を決めた以上、放送が難しいと判断」と説明した。また、CSのスカイパーフェクTVも放送中止を含めての検討を開始。最悪の場合、PRIDE、ハッスルが完全にテレビから消える可能性も出てきた。

 DSEにはこの日、早朝から問い合わせ電話が300本以上も殺到。関係者は「激励の言葉が多かった。カイヤさんら選手もリング上で結果を出すだけと言ってくれている。イベントが中止になることはない」とコメント。榊原社長は「ごめんなさい。8日に(会見で)お話しします」とだけ話した。



以下、ニッカン。
http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20060607-42526.html

PRIDEの放送中止でフジに73件の反響

 PRIDEの放送対応中止を5日に発表したフジテレビに、6日正午までに視聴者から73件の反響があった。同局広報部によると、「なぜ、中止するのか」「年末の放送はどうするのか」といった内容が中心という。また、同局の年末定番、格闘技番組の代わりは未定という。



以下、サンスポ。
http://www.sanspo.com/fight/top/f200606/f2006060702.html

フジテレビ放映打ち切り…DSEは運営継続に強気

「PRIDE」など主催するDSEは6日、すでに開催を発表しているPRIDE武士道13(11・5横浜)まで、ハッスルを含む全大会を予定どおり開催、その後の継続運営も表明した。

フジテレビが前日、同番組の放映打ち切りと関係するイベントから完全撤退を発表したことを受け、この日、DSE幹部は「国内外の選手やタレントさんに(放送中止は)報告しましたが、みなさん協力を申しでてくれました。PRIDEはもともと(地上波では)テレビ放送がない出発でしたから」と強気の姿勢をみせた。

8日に榊原信行DSE社長(44)が都内で会見し、国内格闘家が多数集まって“決起”するプランもある。

7月1日のPRIDE無差別級GP2回戦(さいたま)に勝ち上がっているミルコ・クロコップ(クロアチア)やアントニオ・ノゲイラ(ブラジル)らも「2回戦に向けて頑張るだけ」と口をそろえているという。坂口征二・新日本相談役は「格闘技界のためにも残念」と心配していた。


以下、報知。
http://hochi.yomiuri.co.jp/battle/fight/news/20060607-OHT1T00024.htm

PRIDE出場選手、フジが起用禁止…各所に通達 

フジテレビが、PRIDE出場選手らを番組に出演させないよう、制作会社などに通達していたことが6日、分かった。マスコミ各社に契約解除のファクスを送った5日に通達したもので、関係者は「関連する人物、選手は一切、番組に出演させないようにという話が回ってきた」と明かした。

フジ系の東海テレビもこの日、放送中止を正式決定し、DSEに通告。ハッスルとの関係も打ち切ることを示唆した。

 さらに衛星放送のスカイパーフェクTV!が緊急役員会を招集し、今後の扱いを検討したことが判明。DSEの榊原信行社長も同社に事情説明に訪れたが、関係者は「フジの番組制作を単独で行うのは難しい。局内でも打ち切りの声が大きい」と明かし、広報部は「数日間のうちに結論を出し、何らかの形で発表したい」と話した。


以下、高田妻のブログ。
http://www.mukai-aki.com/akiblog/

高田妻ブログ
ご心配かけてしまっておりますが、大丈夫、『PRIDE』はなくなりませんよ。「6月は、テレビ局も株主総会の時期だし、何かあるかもな」と、ダンナも言っていましたので、(詳しくは私も聞き込んでいないのですが)スタッフの間では“想定内”だったようですよ。


向井亜紀の話は、ただの外野の話だが、高田統括本部長がフジの動向を予想していたという点だけ注目。

しかし、フジへの問い合わせ73件とは・・・。やっぱ、限られた層にしか届いていないのか?届いていないのは、このニュースがなのか?それとも、PRIDEという存在なのか?

しかし、フジ系のサンスポの記事は、他に比べてトーンが違って、PRIDEの継続に対して可能性が高いように報じている。これを裏読みできるのか?

逆に、吉田事件からずっと取材を拒否されていた報知は、元気に悲観的な記事を出している。特に、PRIDE関連選手のテレビ出演禁止とは大きな話だ。

他の記事を見ても、やっぱりスカパーも撤退が濃厚。フジテレビが煽りなど製作していたわけで、スカパー単体で作成できるかは疑問であるし、フジテレビ資本が入ったスカパーがそこまでの労力をPRIDEにかけるかといえば、かけないだろう。

8日の榊原会見を、ひたすら待つしかない。

[ 2006/06/07 10:18 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

06/06  フジテレビ PRIDE撤退 Part2 

http://www.prideofficial.com/free/takada/?id=1149584654

高田統括本部長能天気すぎ・・・。ちょっと、笑ってしまったよ。それが狙いか?
[ 2006/06/06 21:18 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

06/06  フジテレビ PRIDE撤退 

大変なことになりました。武士道の感想を書こうと思ったが、それどころではない。

詳しくは↓の記事へ
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/headlines/20060606-00000003-spnavi_ot-spo.html


ヤクザがらみの話から発生したことは明白だが、これはPRIDEにとってとんでもない痛手になる。年間で考えると、恐らく20億近いお金がフジテレビから出ていたはずで、これが得られないと、今までのような豪華なマッチメイクは、絶対に出来ない。

そして、スカパーの筆頭株主が確かフジテレビだったはずだ。スカパーまで、放送がなくなった場合は、もう最悪だ。放送がされない格闘技イベントは、潰れるしかないだろう。(これくらいの規模になったら、無理だ)

実際、DSEを完全解体して、新しいイベント会社を作ってリニューアルし、問題点を一掃することで、フジテレビと再び手を組むといったものが無い限り、現実は厳しいだろう。K-1の石井館長の脱税時には、早々にFEGという新会社を作って谷川をTOPに据えて再スタートを切り、事なきを得たが、今回はどうなるのか?

既に縁切りされているので、フジともう一度手を組む事はありえないのか?ありえないとしたら、あのクオリティの高い煽り映像を見れないという事になるわけで、正直悲しい。

それよか、PRIDE自体が無くなったら、とんでもなく悲しいものだ。今まであった、素晴らしい試合がこの先本当に見れなくなってしまうのか?選手はどう動くのか?選手がバラバラに散ってしまった場合、見たかったカードが見れなくなるが、どういった形に落ち着くのか?

最低限、今年に実現したはずの、無差別GPの結末→年末男祭りでの優勝者とヒョードルとの決戦。ウェルタ―級GPの結末。くらいは、しっかりケリをつけてもらいたい。試合数が減っても、箱が小さくなってもいいから。そうでないと、我々格闘技ファンの、そしてPRIDEファンの気持ちの持っていきようがないではないか。

アメリカ進出が発表されたり、PRIDEの育成道場が完成したりとしているが、それどころじゃないっすよ。

最後に、武士道の名場面を
http://www.youtube.com/watch?v=J5uNLIz5k7Q&search=gono
[ 2006/06/06 15:49 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

06/02  PRIDE 武士道ウェルター級GP 

というわけで、試合の予想。ユンが海外サイトで噂されていた通り欠場。代わりは、グレゴリー・ブーシェラゲム。5勝2敗でサブミッションを得意とする選手のようだ。戦績も微妙で、試合数も少ないが、こんなに少ない戦績の中には、ウィアーとシモノフからの勝利が入っているのが特筆すべき点。まぁ、GPに参戦できるレベルじゃないのだろうけれど、仕方ないね。急なオファーだし。

しかし、パウロ・両津・フィリオvsユン様は、実は楽しみにしていたカードだったので、残念だなぁ。今回の相手だったら、フィリオは楽勝だろ。

さて、以下が予想。

■ウェルター級GP2006(ダンヘンはシードで2nd Roundから出場)

○瀧本vsゲガール・ムサシ

ムサシの打撃は、相当なものという評判だけれど、タッキーがグラウンドに持っていって塩漬けすると予想。つか、1本あるかな2Rあたりで。タッキーはあんまり好きな選手じゃないけれど、適正階級だったら、それなりに強いと思う。あと、2回戦に俺だけの郷野とやってほしいからw そしたら、郷野があっさりベスト4w

○長南亮vsジョーイ・ヴィラセナー

これは、願望だね。ヴィラセナーが強いのは分かっているが、ここいらで長南が勝ってくれないと、正直ヤバイでしょ。ヴィラセナーに塩漬けされないことを期待。ちなみに、ヴィラセニョールとPRIDEでは表記しているが、まだ未知の強豪だった頃から使用していた言いやすいヴィラセナーで統一する。実際の発音は、ヴィラセニョアーってのが近い。

○郷野vsヘクター・ロンバート

郷野さん。勝ってくれ。ヘクちゃんは、タッキーなどの吉田道場勢には相当評価高いようで、「郷野選手は絶対に勝てない」と言われているが、スタンドだったら、郷野が完封してくれると信じている。ただ、ヘクちゃんは、柔道出身だけあって、テイクダウンがうまそうなんだよなぁ。高瀬をKOで下しているのは素直に評価できる。そして、階級上の中村を練習で脱臼させたという噂。これは凄い事ですよ。ヘクちゃんの過去の戦いの映像は、こちら。郷野vsニンジャはこちら。これはとても良い試合よ。

郷野が勝つと、次は(もしもムサシに勝てれば)タッキーというのはアングルで決まっているようなものなので、ベスト4が見えている。うしし。

○三崎vsバローニ●

いつまで経っても上がらない、俺のバローニ評価。UFC時代が印象に強すぎるのか。ただ、PRIDEに来てからのバローニは、昔のように働きながらではなく、完全にファイターとして他に職を持つことなくトレーニングしているから、だいぶ成長しているんだろう。コールマンがお金を貸してくれて、その生活を手に入れたから、バローニはコールマンに頭が上がらないんだな。素敵な師弟関係。ぶっちゃけ、それでも、三崎が塩漬けしようと思えばできると思う。つまらんけどね。そして、三崎はそれをやるだろうと。三崎は好きなので、アレなんだけれど、本当はバローニに勝ってもらって、更に気合でバローニにはベスト4まで残ってもらって、ベスト4で郷野と対戦!!郷野が決勝進出!!なんてのを夢見ている。

○カーンvsニンジャ●

うーむ。悩ましいな。このカードが今回の見所。最近のPRIDEは一戦だけ、実力拮抗の上、レベルが高い者同士を当てる傾向がある。言ってみれば、これはジョシュvsアレキみたいなもんか。ニンジャはとても好きだし、この階級に慣れたならば、相当な実力を発揮してくれると信じているのだが、それでもカーンが勝ってしまうのではないかと思う。パンクラスで雑魚キャラだったカーンとは、全くの別人になっているな。ちょっと、彼は怖い感じ。ニンジャは前回のような減量による体調不良ではなく、きっちり体調を整えてくれるかがポイントだ。

●スロエフvsブスタマンチ○

ブス先生が1本とってくれるはず。年齢的な劣化は突然来るのでいつくるかわからんけれど、個人的にまだまだブス先生は一線で活躍できる存在だと思う。俺の評価は非常に高いです。

○フィリオvsブーシェラゲム●

これくらいのレベルの相手ならば、批判される塩漬けにならずと、フィリオは1本をとってくれると思う。ただ、ブーシェラゲムもグラップラーなので、どうなのか?ブーシェラゲムのグラウンドが予想以上にうまければ、塩漬け作戦もあるかもしれない。

■ライト級ワンマッチ 

○桜井“マッハ”速人vsオラフ・アルフォンソ

マッハが1Rで完勝してくれるでしょう。アルフォンソという選手は、面白い試合をする選手らしいので、まぁマッハの怪我からの復帰戦としては、いい感じの試合になるのではないかと思う。マッハは事件の余波で叩かれているけれど、マッハの選択は間違ってないと俺は思う。違う選択肢がなかったとは思わないけれど。

○川尻達也vsチャールズ・ベネット●

川尻がテイクダウンしてパウンドで1RTKOと予想。心配なのは、チーム黒船のメンバーとしてボクシングを精力的に練習している川尻が、スタンドの攻防に色気を出さないかという点。ベネットのスタンドだけは、相当強力なので、それだけは気をつけて欲しい。五味だってスタンドではなくグラウンドに持ち込むようなレベルの打撃を持っているのがベネットなわけで、前田の二の舞は勘弁です。

●石田光洋vsアウレリオ○

アウレリオが下から一本とるんじゃないかと思う。正直体格が違いすぎる。石田は普段から73kgくらいで、アウレリオは試合当日には80kg台になっているとブッカーの証言があるから、正直階級が違うよね。それを理解して石田は武士道に出るわけだから、いいわけは当然できないけれど、石田が活躍できるのはHEROSだと思うよ。セコンドの良く通る「いいよー、クラッシャー」の声とか大好きなんだけどw

●オ・ウォンジンvsジェイソン・ブラック

話にならないと思うね。ジェイソンは、前回負傷して初の黒星を喫してしまったが、それまで引き分けはさんで19連勝した無敗の強豪だったわけで。負傷後の状況は知らないが、完勝するんじゃないかと。そして、塩っけがあるジェイソンに1本ないしはKOで勝たせるためにウォンジンが組まれたような。ウォンジンは受太郎と引き分けたのはたいしたもんだけど、池本にKO食らっているようじゃ。一点気になるのは、ウォンジンは階級上の体格の選手だという事。DEEPでは82kgで戦っていたようなので、その点はパワー負けせずにいい試合ができるかもしれない。


結論からいうと、マニアックな大会だなぁと。あと、郷野がんばれと。
[ 2006/06/02 10:04 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)

06/01  大橋未歩のミホちゃんねる 

最近は欲求不満なのか、芸能人のファンが増えてきた。もともと、それほど芸能人にハマったりしないタチで、長いこと菅野美穂だけは好きだった。

最近急激に増えてきたのだが、その中でもちょっとキテるのが、テレ東女性アナウンサー大橋未歩。いやー、大分前から話題の人なんだろうけど、この子可愛いねぇ。早速、大橋美歩で検索して画像を集めてみたりもしたw

oohashi


ネットにUPしてくれた人ありがとう(・∀・)

そんな彼女が、なんと本を出した。それが↓。クリックでアマゾンに移動。
oohashi02




下は日刊スポーツ記事。クリックで記事に移動。
oohashi03



いや、やっぱ可愛いわ。この「行け!行け!テレビ東京・女性アナウンサー 大橋未歩のミホちゃんねる!」というエッセーには、写真なんかも結構入っているようなので、ひとまず紀伊国屋にでも行ってみるかなぁ。

と、武士道が近づいた今、変化球を投入してみるw
明日は、武士道の試合予想の予定。
[ 2006/06/01 15:01 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。