--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

07/28  ジョシュのこと。そして、PRIDE武士道 

今週のNumberは、格闘技特集。超強烈にPRIDEプッシュしている感じの内容。HEROSへ行ったサクや宇野のインタビューもあって、こいつは買いですぜ。格闘技ファンの皆様方。

そこで、ジョシュがらみでちょっと面白い記事があったので紹介。ヒョードルの記事の中。


ヒョードル「先日、ジョシュとはいろいろ話す機会があって、今ではすっかり友好的な関係にあります」

ジョシュと仲良くなったエピソードも奮っている。5月5日、実弟のアレキサンダーがジョシュに敗れた夜だった。宿泊先のホテルのロビーでジョシュと鉢合わせになるや、ヒョードルは静かに呟いた。

「俺はお前の事が嫌いだ」

伏線はあった。アレキサンダーに勝った直後、ジョシュは弟のセコンドに就いていたヒョードルに向かって首を斬るポーズをとったのだ。プロレス好きのジョシュにとってはいつものパフォーマンスだったが、そのノリが理解できないヒョードルは激昴した。
「なぜあんな挑発をするんだ?失礼な奴だ」
たまらずジョシュも言い返した。
「君は僕のことをきちんと知らないのに、なぜそんなことを言うんだ」
重苦しい空気が両者を包み込んだ。場の空気を和らげたのはヒョードルの一言だった。

だったらとりあえず酒でも飲もうか

ホテルのバーで杯を酌み交わした二人はすっかり意気投合したという。その一件を確認すると、ヒョードルはしきりに照れた。
ジョシュは『試合中の振る舞いはファンサービスの一環。そんなに真剣に受け止めないで』と説明してくれました、いい人ですね





なかなか、素敵なエピソード。ジョシュ勝利後、ヒョードルへの挑発的なマイクをした時に、ヒョードルがサムダウンしたり(微笑んでいたが)、弟を倒されたりしてたので、ジョシュにはいいイメージがないのだろうと思っていた。

しかし、「だったらとりあえず酒でも飲もうか」とは、なかなかヒョードルやるじゃなーい。こういうのっていいよね。

しかし、ジョシュのパフォーマンスは、プロレスチックに場を盛り上げていくためのものなのは、日本人から見たら普通なんだけど、ヒョーにしてもノゲにしても、本気で取られて悪いイメージをもたれるのは、困りもの。これから挑発される人は、そこらへん考慮して欲しいね。「オマエハモウシンデイル」とか、本気で言っているわけないじゃないっすかw ノゲw


という事で、面倒で書かなかった武士道の事でも。でも、長くなったのでやっぱ面倒だからいいや。なかなか強烈なメンツが揃ってライト級が凄い事になっていて興奮するんだけど、美濃輪vsバタービーンってw しかし、バタービーンは須藤とやった頃の総合初心者ではなく、現在総合6連勝中で、最新の試合は腕十字で一本とるまで成長している。美濃輪はあまり油断しないように。
[ 2006/07/28 15:21 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。