--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

08/28  PRIDE 武士道12 & UFC62 

この間の武士道12。いやー、いい興行でした。ちょっとしたトラブルがあって挑戦試合を見れずに、丁度本戦の日沖からになったのだが、見る試合見る試合全てが面白い試合。


ウェルター級GP4試合

特に、郷野が最高。控え室映像のウィンクや入場では笑わせてもらい、試合ではキッチリ一本勝利。最後のマイクも寒い感じから、一転「今は地上波もねぇし……そんなこと知るかっ!!」と笑わせて、「この会場にいる名古屋ガールのどなたか、もし僕のことを気に入ってくださったら今夜はパンツをサゲサゲでお願いします」と締めてくれたw

他、ウェルター級の試合はどれも良くて、カーンは戦慄の強さ。鼻から血が滴り落ちた後、急激に目が虚ろになったスロエフがタップしたシーンは、背筋が凍った。フィリオは完璧なまでの強さを見せて一本勝利。しかし、長南は眼窩底骨折していて、いまだにプレートが入っている状態での試合だったとの事。無理せずリザーバー復活で良かったのではないかと思う。1回戦終った時点でそういう噂があったわけだし。

さて、見事判定勝利をダンヘンからもぎ取った三崎だが、圧力ある相手をキッチリかわして日本人ができる最上の戦略を取った勝利だとは思った。個人的にも三崎の勝利で問題ないと思ったが、もう一度家に帰って確認した。細かく1分毎にどちらが優勢だったかカウントして見たのだが、それが以下。

<1R>
1Mダン、2Mdraw、3Mダン、4Mダン、5M三崎、6M三崎、7M三崎、8Mdraw、9M三崎、10Mdraw
<2R>
1Rdraw、2M三崎、3Mdraw、4M三崎、5M三崎

ダンヘンが攻勢だったのは、1Rの4分辺りまでだった。スタミナのないダンヘンのスタートの圧力をうまくかわした三崎が、その後はローをベースに試合をコントロール。逆に圧力をかけてダンヘンを回させるような展開。文句のない判定勝利だと確信。うーん、戦略勝ち。決勝は、GRABAKAの二人は厳しいと思うが、頑張って欲しい。


ライト級その他

五味は見事勝利したが、膝を狙いすぎな印象が。あのまま頭抱えずパンチの連打でたたみかけた方が、よかったような気も。キッチリ一本取ったけど、五味くらいの選手になると、このレベルの相手では当然といえば当然。次回はアウレリオとのタイトルマッチのようなので、期待したいね。

その他目に付いたのは、青木の凄まじいまでの極めの強さ。いやー、寝技上位クラスとやると中々極められない試合をしていた(例:マッハ戦負け、菊地戦勝利)が、ジェイソンからあんなに早く見事に極めるとは更にパワーアップした感じ。世界の中心にいるような勘違い頭脳も含めて応援していきたいねw まぁ、元々弘中のような超絶寝業師からも連続1本取るような男なのだが。

他に、メレンデスは73kgになって更に強烈な強さを発揮している感じで、帯谷を相手にしなかったのは特筆。五味からも名前を出されたけど、五味vsメレンデスとかは面白いだろうね。

武士道最後は、美濃輪w
あのドロップキックは最高w 一発目見事に着地したのは燃えたw 足関で極めるかと思いきや、腕とって一本はお見事。


UFC62

さて、続いてUFC62。

注目の「ライトヘビー級チャンピオン」リデル vs「ショーグンに勝った男」ババル。もー、期待しまくっていたのだが、ババルが頭悪すぎる戦略を取ってしまいリデルがキッチリとKO勝利した。いや、KO勝利は楽しくていいんだけど、なぜああいった形で戦ったのか疑問だ。

既に老齢に達しているリデルだが、一方ストライカーとして極上の当て感を持っている。ゆえに、年齢からくるスタミナ切れを狙って、そしてタイトルマッチの5R制を利用して、前半はうまく凌いでいく戦いをすべきではなかったか?グラップラーであるババルのヘタな打撃でリデルを粉砕できるわけないだろう。いきなり打ち合うなんて無謀すぎる。

他は、フランカvsジャーミー・バーナーだけ見たのだが、フランカが見事3R一本勝利。グラウンドでは上至上主義で、下からの仕掛けなど判定には一切加味しないUFCの判定基準からすると、とてもリスクのある戦いをしていてスタンドの展開以外はほとんど下から攻めていたフランカ。試合終了間際に、キッチリ一本取ったのはさすがです。無名相手に無敗を突き進んでいたバーナーは出直しですな。しかし、フランカよりも強い日本人はたくさんいるわけで、軽量級の日本人の強さといったら、武士道を見てもわかるようにずば抜けたものがあるんじゃなかろうか。

あっ、岡見がしょっぱく勝利したみたい。文句ない結果だったみたいだけど、判定ではブーイングが起きるような塩試合だった様子。凄く緊張していたらしいので、次回はキッチリ実力を見せ付けて欲しい。


パンクラス

近藤が松井を完封。前田がDJ.taikiとドローながら優勢勝ちの末タイトル獲得。石毛が井上からウェルター級王者奪取。北岡がケージレイジ王者ポール・デイリーから、フロントチョークでの一本勝利。アルボーシャスがポアイからTKO勝利でタイトル獲得。戦闘竜が久々の勝利。アライケンジが負け・・・。と羅列したけれど、見てないので内容は語れない。フェザー級のタイトルマッチとヘビー級タイトルマッチ、北岡の試合は見たいなぁ。


<私信>
武士道の日は、友人の皆様ありがとう。お陰で元気が出てきました。本当に。どん底の気持ちでいたので、本当に助かった。一方、またもや迷惑をかけて申し訳ない。ああなる事を恐れて、実は酒を飲まない事も行く前は考えていた。速攻でビール空けてたけどさw でも、ごめんなさいとありがとうです。試合映像がもう一度見たければ、連絡ちょうだい。
[ 2006/08/28 20:25 ] 試合の感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。