--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

09/12  PRIDE 無差別級GP決勝 感想 

いやー、GPに関しては、本当に極上の試合を見せてくれました。最高ですわ。それ以外に酷い試合があったのがアレだけれど、GPだけで大満足。微妙な判定になったジョシュvsノゲに関しては、1分毎にどういう展開になっているか詳しく見てみる。

●西島 vs サイボーグ○

西島完敗。総合専用のストライキング能力を磨かないと、この試合のようにスタンドでも主導権握られてしまう。何も出来ずに完敗したけれど、もう無理だろうな。総合におけるセンスが感じられない。


●ヴァンダレイ・シウバ vs ミルコ・クロコップ○

す、凄まじい・・・。超絶興奮の試合。入場のミルコに注目していたが、負けパターンの泣き顔でなく、凄くいい表情をしている。シウバ102.3kg、ミルコ100.4kgとミルコの方が軽い。軽すぎじゃねーか?と思ったが、試合が始まるとそんな考えがぶっ飛ぶ。ミルコの動きキレキレ。凄まじい身体と動きのキレの良さで、シウバを終始圧倒する。最後は戦慄の左ハイで完全KO。こいつは、凄まじいっすよ。ノーダメージで体力もほとんど消耗していない。ミルコが、まずは最高のスタートをきれた。



●大ノゲイラ vs ジョシュ・バーネット○

これまた、珠玉の攻防が堪能できた最高の一戦。総合格闘技史上でもベストバウトの一つに確実に入るだろう。判定は本当に微妙で甲乙つけがたい試合だったので、1分毎に詳しくどちらが優勢か書こうと思う。

【1R】
1:00)様子見で動きなし。ノゲが1発入れたのと、ジョシュが膝、ローキック入れたくらい。【ドロー】
2:00)ジョシュのアッパー、ロー、左ストレートがヒットする。【ジョシュ】
3:00)スタンドでノゲのボディブローが1発入る。一方、ジョシュは組んでからの膝がボディに2発ほど。そして、左右のワンツーフックが2発クリーンヒットでノゲダウンし、ジョシュが上を取る。【ジョシュ】
4:00)終始ジョシュが上になっている。有効なパウンドが2発ほど。ノゲのペダラーダが1発。【ジョシュ】
5:00)ジョシュが上の状態から、ノゲ足を手繰ってスタンドへ戻す。組んだ状態から、ノゲがテイクダウン。ハーフ→サイドへとポジションを移行。【ノゲ】
6:00)ノゲが上からジョシュの腹に膝。コツコツパウンド。ジョシュがサイドからハーフガードへ戻す事に成功する。【ノゲ】
7:00)ジョシュ上手く立ち上がりギロチン。外れてすぐにジョシュの膝。パンチの交換。【ジョシュ】
8:00)ノゲスタンドでバックへ組み付く事に成功。そのまま倒れこむ。ジョシュがアキレスを狙いキャッチ入る。アキレスが外れ、ノゲがジョシュのサイドへ。【ジョシュ】
9:00)ノゲがサイドからマウントへ。パウンドを散らす。一度、腕を狙うが取れない。【ノゲ】
10:00)ノゲが腕十字へ。残り時間50秒。絶体絶命かと思われたが、ジョシュ腕のロックを外さず回避。残り15秒。ジョシュがサイドを取り、パウンド。【ノゲ】

【2R】
1:00)ノゲ片足タックル。しかし潰されるジョシュが上でハーフガードの態勢。【ジョシュ】
2:00)ハーフからフルに戻される。ジョシュは上だがガードの中から効果的な攻撃が出来ない。一旦立ち上がり飛び込んでのパウンドがヒット。しかし、踵をノゲに取られ、逆に上を取られる。フルガード。【ジョシュ】
3:00)ノゲがコツコツパウンド。ハーフになり、そのまま流れるようにマウント!しかし、10秒も経たない内にジョシュがリバーサルして上になる事に成功。【ノゲ】
4:00)フルガードで上のジョシュ。良いパンチが入る。しかし単発。4分50秒くらいで、ノゲが腕を手繰ってバックへ回りパンチを入れる。【ドロー】
5:00)ノゲがバックマウントを取ろうと動く。しかし、ジョシュが上を取り返すことに成功する。ジョシュ立ち上がって踏みつけ。そのままハーフの態勢でジョシュが上になる。ジョシュ腕を狙うが無理。そのまま膝十字へ!苦悶の表情を浮かべるノゲだがここでゴング。ゴングが聞こえなくてレフェリーが見込み一本でストップしたのかと思った。【ジョシュ】

ジョシュ8優勢、ノゲ5優勢、ドロー2。まぁ、1分毎に区切る事が意味あるか疑問だけれど、当初の印象よりはジョシュの優勢が多いと思う。ボジショニングでノゲイラ。効果的な攻撃でジョシュといった試合だなぁ。ポジショニングと言っても、単純に上になっている時間だったらジョシュの方が多いのだが、ノゲはそこからサイドやマウントをキッチリ取っている。もう一度、3Rまでのワンマッチで見たいね。


●ハリトーノフ vs アレキサンダー○


こいつもまた楽しい試合だったが、GPに比べるとさすがに見劣りする。試合はハリが支配していたが、アレキの一発が入り、更に追撃の一発を貰うとハリはふらつく。そのままハリがタックルに入るが、完全に切られて、アレキがサイドバックからパウンド連打。そして膝3連発を頭に食らわせたところで、レフェリーストップ。うーん、アレキ強いです。あとはスタミナつけよう。


テヒョンとモラエスの試合は、糞すぎるのでカット。中村vs中尾は、個人的に注目していたので、結構楽しく見てたのだが、凄まじいブーイングの嵐w まぁ、仕方ない試合だったなw



○ショーグン vs スネーク●

ショーグンの復帰戦で、勝たせてあげるような試合。ショーグンはまだ本調子じゃなさそう。スタンドではスネークが完全に上。でも、スネークはグラウンドがザル。しかし、踏みつけだけでダメージを与えて終らせるって試合は、凄いね。



○アローナ vs アリスター●

なんか唐突に終った試合。アリスター曰く「足が痺れて動かなくなった」と言っていたけど、なんだろうなぁ。確かに、ヘンな感じで足がもつれて勝手に倒れちゃったんだけど。その後の足の動きを注目してもう一度見たけど、動いているんだよなぁ。まぁ、仕方ないんだろう。


●ジョシュ vs ミルコ○

うーん、ジョシュに頑張って欲しかったが、今日のミルコには勝てません。体力的な問題もあったと思うけれど、そんなの無くても今日のミルコは無敵な感じ。ヒョードルでも勝てなかったかもしれない。戦慄の強さでした。最後にジョシュがタップしたシーンだけれど、ジョシュが言うような「ミルコの指が目に入って見えなくなったから」というのは、ホンマかいな?と思ったんだけど、確かに足関に行こうとした直前、ミルコの指がジョシュの目に入っているわ。偶発的な事故で、逆にあれでタップした事は、ジョシュにとって良かったかもしれない。あそこから更にボコボコにされる絵ズラしか想像できんもんなぁ。ジョシュ曰く、「ノゲ戦から身体が重くてギアが入らなかった。なんでだかわからない」って言っているけど、重さじゃねーかなぁ?今回116kgだったけれど、112or113kgが最も動けるんじゃないかと。今回腹周りタプってたし。

さて、素晴らしい二人のコメントを以下に。ジョシュのコメントが凄くいい。

【ミルコ談話】
彼も勝利に執着していたのをひしひしと感じました。彼のファイトスタイルは好きです。リングを降りればいい友だちです。彼とは人間的にウマが合います。でも「もう3回も試合をしたから、もう試合をするのはやめよう」と試合後に話をしました。今日は勝てたけれど、彼がベストシェイプだったら、彼に勝てる選手はいないんじゃないかという気がします。彼とはもう試合をする必要がないかもしれないから「クロアチアに来て一緒にトレーニングをしないか、僕のジムの扉はいつでも開けておくよ」と誘いました。

【ジョシュ談話】
(ミルコが一緒に練習しないかと言っているのは)興味深い話です。彼との対戦は3回目なんですけど、2回目にやって敗れた時に「何としても倒したい」と思いました。相互に尊敬しあってることを思えば変なことかもしれませんが、ファイターとして最高になるためには敗戦した彼を負かさないといけなかった、それだけのことです。これからも自分がタイトルホルダーになるにはおそらく彼を倒さなければならないでしょう。でも今夜は彼のための夜でした。あの調子の彼でしたら、誰でも彼を倒せなかったでしょう。あの調子を維持してほしいと思います。そうすれば、このジョシュ・バーネットがなぜ敗れたのか理解してもらえると思います。
「クロアチアに来ないか」という誘いは光栄です。ぜひとも受けてみたいと思います。そのことで私が彼に対して持っている友情と敬意を表したいと思います。


最後に、クロアチア人で日本人と結婚されて大阪に住んでいるエレナさんのブログを紹介。PPVでも映っていた人。ミルコが最後のマイクで言っていたクロアチア語を翻訳してくれている。
[ 2006/09/12 01:10 ] 試合の感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。