--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

10/16  UFC64 結果と感想 

さて、タイトルマッチが2つ開催された今回のUFC64。更に、日本人のTOP選手が二人も出場するという事で、注目していた格ヲタも多いでしょう。個人的には、ウェルターのタイトルマッチの後だから、ちょっと一休みな感じもあるのだが。


●リッチ・フランクリン vs アンデウソン・シウバ○

UFCミドル級を無敗でひた走るフランクリン。20戦19勝18KO(1本含む)1敗という驚異的なレコードが燦然と輝く。その1敗は無敗の日系野郎LYOTO。しかし、今回ガッカリしてしまう結果に・・・。

フランクリンは本当にバランスの良い選手で、グラウンドにもスタンドにも弱点がないから、どんな相手でも問題なく試合を運んでしまえる。現在の総合では、「全てが出来なくてはならない」と最近よく言われるが、まさにそういうタイプなのね。なのに・・・、


首相撲からの膝に全く対応できない


いや、ちょっと驚きと共に引きました。そ、そんな弱点がぁぁぁぁ、みたいな。確かにアメリカじゃキックやムエタイというのがまともに学べるような状況にないわけね。1分以上もアンデウソンさんの首相撲に捕まり、ボコボコされるがまま。アームブロックで耐えるだけ。ランペイジがシウバの膝でボコボコにされてたけど、アンデウソンさんはシウバより首相撲強いから、それどこじゃない。対応もランペと同じでダメダメ。結局膝ボコボコからハイキック→右ストレート→膝と叩き込まれてKO。

確かに、アンデウソンさんはこの階級No.1の超ストライカー。しかし、あの展開はなぁ。長南、高瀬さん、UFCのベルトを取りに行ってしまえw アンデウソンさんだったら、前回同様ほんの僅かに一本取れる可能性あるぞw 「俺に勝ち逃げさせておくのも悔しいだろ」とか煽ってさ。


○ショーン・シャーク vs ケニー・フロリアン●

復活された-70kgライト級王者を決める一戦。30勝2敗と驚異的なレコードを誇り、その負けた2敗も世界最高のPFPを決める階級の2強ヒューズとGSPというシャーク。タッパがなくてムキムキなシャークは、さすがにあの二人相手では苦しいものがある。が、ライト級ならば、止められる奴いないだろ。武士道にも一度呼ばれているために、「もう一度シャークさん呼んだら、ライト級壊滅だろw 誰も止められねーよ」と言われるほどの存在。しかし、それほどまでの強さを見せるシャークさんの待望論が出ないのは、そのファイトスタイルにある。テイクダウン&パウンドが主体で塩モード全開なシャークさんを武士道に呼んだら、武士道は終了してしまいます。超強化版石田くんというか。

さて、そんなシャークさんがタイトルマッチの5Rを戦うという事で、恐ろしい展開を予想していたが、個人的には結構面白かったです。石田くんの試合もそうなんだけど、気持ちを前面に出しての漬け物攻撃というのは、ちゃんと心に響くよね。しっかし、2Rにシャークがカットしてしまって、もー血の海になってしまっていたので(5R通して血が止まる気配無し)、「止めなくていいんかな?」と心配したんだけど、アメリカンって血が好きよね。観客はそれ見て興奮してたよ。最近じゃ、イーブスか誰かの試合でもそうだったけど。ちなみに、3人目の判定ってどこも「50-48」って書いているけど、間違ってない?UFCってラウンドマストだから、ありえないしさ。確か48-47でシャークだったような気が。そんで、俺は「ありえねーし。1ポイント差ってありえねーし。シャークの完勝だし」と思った気がするんだけど。気のせいかな?48って聞いただけで、マストだから相手は47になるとか思っただけかもしれん。

【追記】50-48だった。つか、マストじゃねーつけ方初めて見たんだけど、ありなの?ありだったら、この間のロワゾー可哀相じゃねーか。


○ジョン・フィッチ vs 弘中邦佳●

青木には負けているが、柔術黒帯であり、つい先日、神と呼ばれるジャン・ジャック・マチャドにグラップリングで勝利し、俄然期待の高まった弘中。格ヲタにはとても期待されてのUFC出陣だったが、完敗でした。三角はイイ感じに入りそうだったのだが、うまくかわされた。終始グラウンドで下になり、スタンドではほとんどいいとこなかったので仕方ない。しかし、フィッチは強いな。ウェルター級3強には及ばないが、無敗の新鋭サンチェズと並んでいるかもしれんね。パリシャンとの試合が見たい。


他、楽しみにしてたフィッシャーが豪快に逆転KO勝利。しかし、危なっかしい。岡見も3Rにパウンドでレフェリーストップ勝利。岡見はこれでTOP戦線に名乗りを挙げたね。


ちなみに、修斗で川尻が豪快にパウンド葬した後、「次は、JZ.カルバンとやりたい。修斗の北米王者だし、よそでも活躍しているから、問題ないっしょ?」と言ったっつーのが、熱い。これ、実現しないと思うけど、実現したら本当に見てみたいなぁ。修斗のリングならば中立だし、修斗が多くの選手をPRIDE、HERO'Sに出している事がホントに報われると言うか。カバウカンチは、川尻とやったらかみ合うと思うんだよね。
[ 2006/10/16 16:16 ] 試合の感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。