--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

10/23  PRIDE32 -THE REAL DEAL- 結果と感想 

友人の結婚式のため、リアルタイムで見れなかったのが残念だが、一応感想。

ロビー・ローラーvsジョーイ・ヴィラセナーの試合は、ローラーの秒殺KO勝利。うーん、ヴィラセナーは期待感も結構高かったが、やっぱこんなもんなのかな。前にも書いたが、先日ローラーに勝ったミラーを呼んで欲しいね。あいつの試合は面白いし、入場もアホ丸出しでPRIDEファンにも愛されると思うんだけど。

中村カズは、膝で完勝。相手が相手だから、特に評価はできないけどね。ただ、最近のキーワードである膝をずっと練習していたらしいので、そこらへんこれからに期待ですな。

西島vsバローニは、バローニが開始早々タックルで倒してアームロックでの一本勝利。しかし、バローニは美濃輪第2戦で負けたときに「あいつは打撃やらずに寝技やりやがって、ホモか。男なら殴り合え」とか言ってたのにw まぁ、西島相手に殴りあうのは馬鹿だしな。正解です。逆に、西島はもう駄目だ。全然成長してない。

ダンヘンvsビクトーは、ダンヘンの判定勝利。今回のアメリカ興行でも、1.2を争う好カードという事もあって、それまでの大味試合に比べて技術も光る試合だった。でも、二人ともスタミナ付けないとね。ダンヘンが勝って良かったわ。

オヘアvsバタービーンは、バタービーンの秒殺KO勝利。話になりませんなw

ジョシュvsナツラは、ジョシュのアンクルホールドでの1本勝利。個人的にナツラを高く評価しているので心配していたが、心配的中。基本的にナツラが試合を支配していて、スタンドでもナツラのデタラメなパンチを食らう始末。最終的に、柔道家のナツラが対応しきれない足関で一本取ったけど、ジョシュは休んだ方がいいな。動きにキレがない。試合やりすぎ。年末にvsヒョードルという話が上がっているが・・・。やめて欲しいところです。ヒョードルに現状の体調じゃ勝てるわけ無いし、もしも勝ってしまったら、ヒョーvsミルコのカードはどうなってしまうの?って感じ。ミルコ自体は年末のvsヒョードル戦は無理と言っているので、ヒョーに見合った相手がいないのも確かなんだけれど。

ショーグンvsランデルマンは、ショーグンの一本勝利。これも楽しみにしていたんだよね。開始早々タックルを決めたランデルマンだけど、その後はあっさり足を取られてしまう。そこから、苦しみながらも耐えまくる。ひたすら耐えまくる。最終的に一本取られてしまったが、耐える姿は感動的ですらあった。1年に9度も手術をする大変な状況からのカムバック、そしてアメリカでのカムバック。期するものがあったのだろう。しかし、足関の脱出方法学んだ方がいいっす。つか、ハンマーハウスは黒帯柔術家を呼んで練習した方がいい。関節自体に耐性がなさすぎる。

ヒョードルvsコールマンも感動的な試合だったなぁ。もちろん、ヒョードルが1本取って勝利したんだけどね。しかも、前回と全く同じような感じで。4点ポジションからの頭部への蹴りを認めていないアメリカでの試合なので、コールマンの愚直なタックルが、感動的に光る。顔面がボコボコにされてもひたすら愚直なタックルを繰り返す親父。最後にタックルが成功し上を取るが、あっさり関節をとられてしまう。娘さん二人、お父さんは男だったよ。


総括すると、PRIDE32は微妙といえば微妙な興行。好試合というものは、ほとんど無かったし、大味な試合ばかり。「4点からの頭部への蹴り」によって、随分と内容が変わるだろうなというのもあった。アメリカの観客は盛り上がっていたようだし、1万2千人の客が入ったのも凄い。実売が1万超えるのも凄い。ひとまず成功といえるだろうけれど、PRIDEの大会としては内容は中の下だったような。感動的なハンマーハウスの連中によって、中の中くらいまで引き上がっていたけれど。

ただ、色々な難しい面を乗り越えて(アメリカの連中が働かない。UFCが同日同時間帯にPPVで名試合集を流す妨害行為など色々)、確実にアメリカに足跡を残したのではないかな。
[ 2006/10/23 20:30 ] 試合の感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。