--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

12/04  海外総合格闘技 

海外総合でいいカードが組まれているので、チェック。トリッグvsメイヘム。ホジャーvsH2Oマン、ペザォンvsペレが行われた。

まずは、ICONで行われたフランク・トリッグvsジェイソン・メイヘム・ミラーの一戦。

youtubeで1ラウンドの一部と、2ラウンドの全部を見たんだけれど、スゲー面白い試合だね。1stラウンドから観客の盛り上がりが半端無い。古豪トリッグが、勢いのあるメイヘムを迎え撃ったこの一戦。今のメイヘムなら、まず勝利してくれるだろうと思っていたが。。。

最初からめまぐるしい攻防が繰り広げられる。メイヘムがスタンドでバックを取ってぶん回している時には観客絶叫w トリッグなんとか逃れたら今度はグラウンドでトリッグがバックマウントを奪ったり。更にサッカーボールキック連発とか、もーめまぐるしい。そこで1ラウンドの映像が切れてしまってて、2Rの映像へ。めっさ疲れた二人がそこにw 最終的にサッカーボールキックでボッコボコに蹴り倒したトリッグがメイヘムのカットで勝利を収めたこの試合。見たい方は、youtubeへ急ぎましょう。観客が撮った映像だから見辛いけど。ちなみに、レフェリーが島田w 俺は「メイヘムを早くPRIDEへ呼べ」と言っていたが、トリッグが呼ばれてメイヘムが呼ばれないなんて事がないように・・・。二人とも華があるから呼びましょ。


次に、最近ヒョードル参戦という話題で噂のBODOG FIGHTのホジャー・グレイシーvsロン・ウォーターマンの一戦。

新世代グレイシーの中で最も期待の高いホジャーの総合第1戦。グラップリングの実績は極上な上、ヘビー級ということで格ヲタから非常に注目されていたが、あっさり下から腕十字をとって勝利した。H2Oマンあたりだとこの結末は分かりきっていたものだけれど、ひとまずいいスタートを切れたね。試合は特に見所もなく終った。H2Oマンもスタンドが弱いので、パンチの交換をすることもなくH2Oマンがあっさり組み付く。そして、テイクダウンに成功しサイドを奪う。(あっさりサイドを奪われたのがちょっとね)ホジャーが下からハーフに戻したところで、リング中央に戻され再開。すぐに下から腕を取るが、H2Oマンこれはなんとか外す。けれども、2度目のトライで簡単に取りました。

とりあえず、ホジャーはこういった中堅以下から中堅あたりの選手と経験を積んで行って欲しい。いきなりTOP所とやって潰さないように。ただ、スタンドが強い選手とはやってほしいな。ちなみに、こちらが詳細な観戦記。ジョシュが観戦していたらしく、コメントが載っている。


お次に、アントニオ・ペザォン・シウバvsエリック・ペレの1戦。

ペザォンは、HERO'S唯一のヘビー級で力のある選手。規格外のサイズから繰り出すパウンドのみで勝利してきた無敗のゴリラ。今回も豪快に勝利してくれるかと思われたのだが。

お互いのローから始まる。コーナーまでペザォンがペレを詰めていく。すると、ペザォンがパンチでラッシュ。あまり巧いとは言えないが、威力が桁違いなんだろう。ペレは後を向いて左のコーナーまで走って逃げて、そのままリングの外まで出されてしまう。その後、ペザォンのローが金的に入り一旦ストップ。再開されると、またもやペザォンがラッシュでつめて行く。ガードを固めるペレが2発手を出すとカウンターで2発目がペザォンにヒット!!うずくまるペザォンにパウンドの連打でレフェリーストップ。うそーん、って感じ。パウンド自体はそこまでヒットしていなかったが、ストップの前に3発右が入っているっぽかったなぁ。ペザォンは最初スゴスゴとコーナーへ戻るが、すぐに俺は効いてないとばかりに、レフェリーに口と鼻を手でぬぐい「ほれ、一滴も血がでてないだろう」とアピール。確かに、ストップは早かったと思うなぁ。

なんつーか、勿体無かった敗北です。


ちなみに、この大会でエディ・アルバレスvsアーロン・ライリーの試合があったのだが、アルバレスがめちゃくちゃ強かった様子。メジャーイベントで見たいなぁ。

[ 2006/12/04 10:16 ] 試合の感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。