--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

10/10  The Ultimate Fighter Season08 エピソード3の内容 

TUFエピソード3の話の前に、エピソード01、02を観て個人的に感じた注目選手を以下に挙げてみる。

【ライト級】
フィリップ・ノヴァ、ジュニー・ブロウニン、エフレイン・エスクデロ、シェーン・ネルソン

【ライトヘビー級】
シェーン・プリム、ライアン・ベイダー

やっぱりライト級は層が厚いだけに、いい選手がまだまだ残っている印象。他に挙げるとしたら、ライトヘビー級のクリストフだけれど、打撃の破壊力があると同時に穴が大きいんじゃないかと漠然と感じる。


というわけで、エピソード3の内容を。

ジュニーが露天ジャグジーに酒持ち込んでがぶ飲み絵からスタート。ジュニーは確実に問題を起こすだろうと、この時点で思わせられる。

チームセレクション。勝ち上がった者をノゲイラとミアが交互に取り合い、自分のチームの選手を決める。ここで、カランとブライアンがダナからいきなり退場の宣告を受ける。カランはエピソード2で最後の試合をスプリットで勝利した方。ブライアンは反則の膝を叩き込まれた事で選ばれた選手。二人はアスレチックコミッションより180日間のサスペンションという裁定。

ライトヘビー級の復帰はカイル・キングスバリーとのこと。ライト級の復帰選手はデルガド。

ここでコイントス。コイントスの勝者に「選手指名の優先権」「カード決定の優先権」どちらかを選ばせる。コインを当てたミアが「選手指名の優先権」を選択。自動的に「カード決定の優先権」はノゲイラに。普通は選手指名の優先権を選んだ方がいい選手を獲得して有利だと思いがちだと思う。しかしながら、MMAファンには周知の話だが、MMAには相性というものが厳然として存在する。しかも、TUFに出場するような選手はまだまだケツの青い選手ばかりなので、相性問題というものは大きい。例えば、TUF7で「選手指名の優先権」を選んでいい選手を選んだはずのランペイジは、試合が始まるとチームの選手が4連敗して発狂寸前になっていた。結局ハウスからの1回戦では2勝6敗と大きく負け越した。ノゲイラがうまくマッチメイク出来れば「カード決定の優先権」が大きく生きてくるはず。

ミアが最初に選んだ選手はクリストフ。続けてノゲイラが選んだのはライアン。以下が最終的なチーム分け。

【ミア】
クリストフ、ヴィニー、エリオット・マーシャル、トム・ローラー、ジュニー、シェーン・ネルソン、デビッド・カプラン、ジョージ・ループ

【ノゲ】
ライアン、シェーン・プリム、カイル、ジューレス、フィリップ・ノヴァ、エフレイン、ジョン・コラポウスキー、デルガド

ミアのコーチはケン・ハンというアジアンと超有名寝業師ドライスデール。

ジュニーがハウスでまたもや酔っ払って独壇場。しょうもない悪ガキって感じ。ドMっぽく皆に鞭で叩かれて叫ぶわ、2階のベランダから外に出ようとするわ、裸足で歩いているのに酒ビン割るわ、2階からモノぶん投げるわで、どうしようもない。更に外に出て騒ぐ。周りからはクレイジーと呆れられてる。そして、突然泣き出すジュニーw クリストフに「入るぞ」と宥められるw 結局リビングで寂しく寝るジュニー。ジュニーの感情の起伏の激しさが半端ない。そして、エヴァンゲリスタ・サイボーグに近い強面のクリストフは何気に落ち着いた選手。

デルガドが復帰してここでハウス入り。

ノゲのアシスタントコーチはスタンキーってじいさん。ミット持ちが微妙だが、とってもいい味してる陽気なおじいさん。

ノゲイラが最初のマッチメイクを行う。チームノゲイラのライアンvsチームミアのトムが決定。予選会でトムは「ノゲイラのファンなんだ」と言っていたのに……w

チームミアのトムはATT所属選手。
ノゲイラは、全員を集め「一丸となって、戦いぬこう」と。ライアンは初戦で肩固め決めた注目選手。レスリングオールアメリカン。打撃の特訓風景。打撃はたいした事ない様子。

チームノゲイラのメンツが練習している最中、ハウスにいるチームミアの連中が、ノゲチームのメンバーのパンツをベッドにラップでくくりつけて隠すイタズラを敢行する。クリストフが中心になっている。チームノゲの連中が帰ってきたところ、パンツが見あたらない。そして、外にラップで包まれたパンツを発見。更にベッドのカバー下にくくられたのも発見。ありゃ見つけられんわw

ファイト前日の夜、ハウスにノゲイラ登場。チームと一緒に飯を食う。そして一緒にビリヤードで遊ぶ。ミアは家に帰っている事に対し、ジュニーは「うちのコーチはどこにいるんだよ?チーム・ノゲイラの一体感といったら」と不満そうにする。ノゲは試合するライアンを激励して帰宅。チームノゲイラは本当にいい雰囲気。ノゲイラもいい兄貴として世間にアピールできたんじゃないかと思う。

試合当日。

ライアンテイクダウンに行くがなかなか成功せず。打撃はブサイク。漸くテイクダウンに成功し、ハーフ。単発でパウンド散らす。立ち上がられガブルが離れる。パンチで飛び込んでくるトムに膝で応戦。双方打撃はイマイチ。トムの打撃にカウンタータックルでライアン上のハーフ。パウンド単発。サイドに行く気あるのか?足が抜けない。フルガードになった瞬間立ち上がり、スクートから飛び込むようなパウンド一閃!一発でトムの意識飛ばしてKO。こりゃスゲー。それまではいただけなかったけど、最後はマジなかなか見られない衝撃シーン。

勝利後の控え室でもノゲチームは家族みたいな感じだなぁ。

次回予告では、ハウスが荒れすぎでUFCのビッグボスであるダナが登場している。ジュニーが頭抱えてうな垂れているのが映る。
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。