--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

10/17  The Ultimate Fighter Season08 エピソード5の内容 

今回のTUFは、前回の試合のリプレイからスタート。
ジュニーの突入後のチームミアの控え室は負けただけあってさすがに暗い。盟友ネルソンを慰めるジュニー。一方チームノゲイラの控え室は大盛り上がり。エフレインは「次はジュニーだ」と宣言。

続いてミアに呼び出されたジュニー。すいませんと。馬鹿な事したと反省するジュニー。

チームノゲイラの練習にスーパースターのアンデウソンさん登場!!!
蹴りの練習を皆にやらせまくる。さらに自分でも手本を示して鋭い蹴りの連打。チームノゲイラのトレーニング風景は明るいなぁ。ライアンとのスパーで華麗な防御を見せるアンデウソンさん。ライアンはおもくそ本気のパンチを繰り出す。練習終えてアンデウソンさん「みんないいファイターだ」

一方、ハウスでチームミアのクリストフが再びチームノゲのエフレインと同室の選手の服にイタズラ。冷凍庫の奥に隠す。更に粉末をベッドへ。こいつはしょうもない奴だ。帰ってきたチームノゲイラ。エフレインとライアン(?カイルかな?)で手分けして探す。更にベッドの惨状を発見。

マッチメイク場面で前回因縁を作ったジュニーはエフレインに接触して握手。

前回勝利しマッチメイク権を持つノゲイラの指定したカードは、チームミアのエリオットとチームノゲイラのプリム。

ノゲイラ曰く「プリム自身がエリオットとやらせてくれと言ったんだ」。ノゲも人がいいけど、こういうのは厳正に勝てる組み合わせを考えてやった方がいいと思うな。エリオットはグラップリングで実績を残している選手で、グラウンド一発取りタイプのプリムとやらすと相性的にチトまずい気が。

ハウス風景。
チームノゲの連中がイタズラの報復として、臭い魚の缶詰をミア連中の部屋にこすりつけばら撒くw エキスをベッドにたらしたりww ちょっと酷くておもろいw

ハウス入りするチームミア。「くせー」と騒ぐw
他の連中は笑って臭がるが、ヴィニーには冗談が通じなかったようで、めちゃくちゃキレてる。誰が俺のベッドをやったんだ?と犯人探し。

ノゲイラトレーニング風景。
プリムが打撃練習中心にグラウンドも満遍なく。ノゲはプリムが勝つと宣言。

ミアトレーニング風景。
外練習。ランニングから。続けてジムでの練習。気合の打撃っぷり。

チームノゲイラ練習中にエフレインが寝ている。そこに、ノゲイラが接触。ハウスでやっている嫌がらせ合戦のせいで、エフレインは昨夜寝られなかった。疲れが取れないということで、ノゲイラはチームミアのトレーニングまで足を運び、ミアにコーチとして止めさせるように交渉。しかしながら、ミアはチームの者がやっている事だから俺は知らんと無責任。

ノゲイラが最初の試合前に続いて再びハウス入り。スタンキーじいさんと一緒に。ハウスのイタズラ解消の為にわざわざ来るとは、素敵な兄貴だ。

チームミアがハウスに帰ってくる。ノゲイラが話す。
ここにはイタズラのためなんかじゃなく、人生を変えに、戦いのために来ているはずだと。エフレインは昨日全く寝れなかったと。訥々と話す。

ファイト当日。
個人的に注目しているプリムはどうなるか。過去の戦績はエリオット5-1、プリム1-0で経験ではエリオットが上。

1R、打撃から組んでいくプリムに対してテイクダウンしてすぐさまマウントを奪うエリオット。パウンド落としていきバックに回る。チョーク狙い。更にパウンド。プリム苦しい。再びチョークをトライ。再びマウントに。そしてバックへ。しつこくチョーク狙うが、プリムはなんとかしのぐ。何も出来ないプリム。すると何度目かの挑戦で、深くチョークが入り、エリオットの勝利。完勝。チームミアが漸く1勝。

俺の見る目の無さが露呈w 前回のTUF7も見る目無かった覚えが・・・。ついつい予選で一本勝利していたり、グラウンドで積極的に仕掛ける選手を評価してしまうw

チームミアの控え室はお祭り。
チームノゲイラの控え室は沈んでいる。プリムを慰めるノゲイラ。プリムはハウスから退場。

これで次からはミアがカード決定権を持つ。どうなることやら。

来週はお騒がせ男ジュニーの試合が組まれる事に。要注目。





コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。