--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

10/26  UFC90 結果と感想 

UFC90の結果は以下。

○アンデウソン・シウバvsパトリック・コーテ●
3Rコーテ負傷

○チアゴ・アウヴェスvsジョシュ・コスチェック●
3R判定 30-27×2.29-28

○グレイ・メイナードvsリッチ・クレメンティ●
3R判定 30-27×3

○ファブリシオ・ヴェウドゥムvsジュニオール・ドス・サントス●
1RKO

○ショーン・シャークvsタイソン・グリフィン●
3R判定 30-27.29-28×2

○ターレス・レイテスvsドリュー・マクフェデリース●
1R一本

○スペンサー・フィッシャーvsシャノン・グーガティ●
3R一本

○ダン・ミラーvsマット・ホーウィッチ●
3R判定 ALL29-28

○エルメス・フランカvsマーカス・アウレリオ●
3R判定 29-28×2、30-27×1

●ジョシュ・バークマンvsピート・セル○
3R判定 ALL29-28



三賞6.5万ドルのボーナス
Fight of the Night
シャークさんvsタイグリ
Submission of the Night
フィッシャー
KNOCKOUT OF THE NIGHT
ジュニオール・サントス    

今日は、ファイトオブザナイトのシャークさんvsタイグリとセミのアウヴェスvsコスチェックに限るね。この2試合は素晴らしい試合だった。特に、シャークさんタイグリはファイトオブザナイトに相応しい激戦。

シャークさんの尋常じゃないテイクダウン技術に痺れ、それに抜群のスクランブル力で対応するタイグリ。そしてボクシングでは、極限まで鍛え上げたシャークさんの左、それに怯むことなく大砲を打ち込んでいくタイグリ。さすがにシャークさんのボクシングには及ばないものの、かなりな回転と威力でブチ込んでいくタイグリの強振に対して、3R終了間際になってもシャークさんは踏み込んで一歩も引かない。ポイントでは明らかに有利なはずのシャークさんに漢を見せつけられ、心底痺れました。

アウヴェスvsコスチェックは最後まで目の離せない熱戦。試合終えて結果的に浮かび上がった事は、アウヴェスの打撃とスプロール力が光って、コスチェックが光を消されたというもの。サンチェスの欠場で突然カードを組まれたコスチェックは可哀想でもあるが、今回の試合は完全に実力負けと言えるものだった。アウヴェスが自己の最高のところまで能力を高めている事がわかったが、コスチェックのレベルを考えると、これは自己のというだけではなくMMAウェルター級史上の最高到達点に近いところである事がわかる。いうまでもなく、「近い」という表現を使ったのはGSPがいるためだ。ウェルター級史に納まらず、MMA史において最高到達点にいるGSPの位置までどれだけ近づけるか、または超えるか。今回で決定したウェルター級王座戦GSPvsアウヴェスが楽しみだ。

この2試合以外で書きたい試合はダン・ミラーvsホーウィッチの一戦。ダンが危なげなく一本取ってくれる事を期待していたが、逆にホーウィッチが下から何度も際どい攻めを示した。オモプラッタを何度見せたか数えられないほどだ。一本寸前まで行き、試合をほとんどコントロールしていた2Rは10-8になってもらいたい。結局1Rダン10-9、2Rホーウィッチ10-9、3Rダン10-9でダンの判定勝利だが、いいところがほとんどなくダンが上で固まっていただけの3Rと、ホーウィッチが怒涛の攻めを見せた2Rのポイント差が同じという事に、現在のMMA採点の問題がある。グラウンドでいかに試合を作ろうが魅せようが一本取らないと1ポイント差しかない、という現状。テイクダウンしパウンドで激しく攻め立てた際には2ポイント差がつく事を考えても、そろそろ打撃点の優位主義を変える時期にある。ボクシングジャッジを使っている今、MMA専門ジャッジが誕生してしかるべきだ。確かにダメージが残るのは打撃によるものだけれど・・・・・・。

予想は7戦的中3戦外し。
[ 2008/10/26 23:10 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。