--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/01  戦極 ~第六陣~ ジャッジ問題について 

ふー。
フログ復帰してから、楽するためにUFCだけ書くようにしようと思っていたのだが、今回の戦極に関して納得がいかないジャッジがあったので、書く事にした。

どの試合かというと、当然ながら五味vsゴリアエフ。

試合展開は以下。
1R
ゴリアエフのリーチの長さに手を焼いた五味は打撃勝負ではなくテイクダウンをしグラウンドで仕留めようとした。見事にマウントまで行きパウンド後、残り時間確認して腕十字。これはクラッチが外せずゴング。五味のラウンド。
2R
ゴリアエフのカウンターで五味がダウン。効いているが五味はなんとか踏みとどまる。しかし、ダウンした際に足を負傷した様子で回復後もステップがおかしい。ゴリアエフのラウンド。
3R
足がどうなのか気になるが、五味はテイクダウンを奪いマウントまで行き優勢。スタンドに戻った両者。打撃戦では厳しいかと思われたが、それを覆して五味の打撃が若干上回る。完全に気迫勝ちといった感じ。解説の郷野は1R時に打撃ではゴリアエフだと発言していたが、この五味の攻勢に対して、「凄いですね。胸に迫りますね」と発言。五味のラウンド。

確認の為、某所実況スレに行ったが、ほとんどの人が上記と同じように感じたようだ。

さて、通常ならばこういう試合展開の場合、1R10-9、2R8-10、3R10-9とジャッジがつける。もしくは、2ポイント差を全くと言っていいほど付けないジャッジもいるので、1R10-9、2R9-10、3R10-9というポイントもある。上記の通常というのは、現在最もMMAが繁栄しているアメリカでの通常なのだが、アメリカの場合、イベントがジャッジを用意するのではなく、外部機関の各州のアスレチック・コミッションから派遣されるものであり、公明である事が一つのポイントになっている。ただ、見る目のないコミッションジャッジという例もある。

上記のポイントで判定を読み上げると、五味の勝利かドローという事になる。しかしながら、今回五味は2-1のスプリットで負けてしまった。

このようなおかしな判定が起こるのは、日本の2大イベントにおける特殊な判定方法に起因しているのだろう。「だろう」と推測の形になっているのは、今回の戦極の場合、現段階(08.11.01)で公式HPに判定基準と判定方法についての記載が一切ないからだ。

推測になってしまうが、戦極のジャッジがどういうものになっているかというと、ラウンド毎のポイント制ではなく、全体を見て印象により各ジャッジが勝者を選ぶというもの。これはPRIDEの遺伝子を引き継ぐ2大イベントという事を考えると、自然ではある。PRIDEは同様の方法を取っていた。PRIDEがこうしていたのには理由があって、1R10分、2R5分、3R5分という変則ラウンド制を取っていて、ラウンドマストでポイントを付ける事は不可能だからだ。

しかし、戦極はPRIDEの変則ラウンドではなく、MMA主流の5分3R制を採用した。それならば、判定方法も主流のものにすればいいのに、ジャッジは全体印象ジャッジを採用している。全体印象ジャッジは、文学批評でいうと印象批評に似ている。かつて、筒井康隆は言った。「小林秀雄くらいの神様並みの常識を持っていないと印象批評なんてものは出来ない」。この常識というのは教養と取り替えて問題ないわけだが、つまりMMAの素養と言い換えればいい。つまり、全体印象ジャッジをするのは無理だという事だ。

試合を全体で捉えた場合、どういう事が起こるか。人間だもの、1Rの攻防より後半の攻防の方が印象に残りやすい。人間だもの、試合中に最も印象深いシーンを強く想起してしまう。それを極力防ぐのがラウンドマストのポイント制なのだ。ラウンド毎にポイントを付ける事で、1Rと3Rで評価が変わる事はない。印象深いシーンはシーンとして、そのラウンドでポイントをつけられる。ジャッジは極力短い単位で区切った方が正確なのだ。

スポーツとして総合格闘技を捉えたときに、ジャッジの曖昧さを可能な限り明確に事が必要だ。ラウンド毎の採点と、集計時にそのジャッジが何対何で誰を選んだのか、はっきりと責任を持たせ読み上げる事が必要なのではないかと思う。そうする事で、今日のような悲劇は回避できる。

またもや、長くなってしまった・・・。

ジャッジ問題追記はこちら
[ 2008/11/01 23:28 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。