--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

12/06  TUF8 Finale[12/13] の見所 

WEC37の話を以前力説したのに全く触れないのだが、TUF8が終了し熱を持ったうちにフィナーレの話をしておきたいので、続けます。

12/13にはTUF8の決勝、ノヴァvsエフレインと、ライアンvsヴィニーの対決がTUF8Finaleにて開催される。さてさて、まずはライト級決勝について。

チームノゲイラ同士の対決であるライト級決勝は、双方が無敗、そしてその無敗が伊達じゃないという事をTUF8内で証明したと思う。こりゃ、めったくそ楽しみだ。ネクストアンデウソンと、ノゲイラにもダナにも言われたノヴァ(ダナがネクストアンデウソンをTUFで発見したよ!!と興奮していたけれど、あれってノゲイラがアンデウソンさんみたいだ、と発言したからだったという事がエピソード12でわかった)。一方、3試合全てを一本と完璧な内容で勝ちあがったエフレイン。どちらが勝利するにせよ、UFCのライト級をその後も賑わしてくれるでしょう。

ちなみに、TUF5のライト級ファイターはめちゃくちゃ充実していて、ネイト、メイナード、ローゾン、マニー、エマーソン、ワイマン、コーリー・ヒルとキャラクター揃い。ちゃんと調べてないのでおおよそになるけれど、TUF5卒業した面子のUFCでの勝敗をトータルしたら25勝5敗くらいまで行きそうな超絶収穫なシーズンだった。(正式なのは時間ある人調べてみて下さい。多分凄い勝率です)

このTUF5組とノヴァ、エフレインが将来試合したらどうなるかなんて、凄く楽しみ。

と、ライト級の二人にやっぱりレベルの高さを感じて、ライトヘビーの二人を置いといたけれど、お次はライトヘビーについて。

オールアメリカンレスラーであるライアン(多分、ファミリーネームのベイダーというのが、これから一般に使われるだろうから、ベイダー表記にこれより変更します。俺のベイダーはビッグバン・ベイダーなのだが、彼は本名はベイダーじゃないんだよね。)と、TUFに参加した初めての柔術王者ヴィニーの試合も十分面白くなりそうだ。ヴィニーが見事な一本極めるのか、ベイダーが塩漬けするのかw

いや、ベイダーは現状経験が足りなくて、柔術対策が出来ていないゆえに黒帯エリオット戦では万全を期して塩だったけど、TUF8一回戦で(ベスト8の試合ね。TUF7から予選の放送あるからややこしい)スクートから飛び込んでのパウンド一発で相手を失神させた試合は、凄まじかった。

それに対して、ヴィニーは予選におけるランス・エヴァンス(ラシャド・エヴァンスの弟)戦はランスの1R負傷による勝利と煮え切らない形に終わったが、それ以降は2試合連続1本勝利。TUF本戦では完璧な内容。パンチに不安はあるが、キックは結構さまになっているし、何よりグラウンドには絶対の自信を持っている選手。ライアンがテイクダウンしようが、下からも得意なので苦にしない。恐らくハイレベルレスラーのベイダーもテイクダウンに行かないと思われる。スタンドの打撃戦が一つのポイントで、それでKOできない場合はヴィニーの下からの仕掛けがフィニッシュに繋がりそうだ。

今までのTUFFinaleと同じように、ジュニーや、その盟友ネルソンなどのTUF8組は12/13の決勝に出る。基本的に、TUF8祭りなので、TUF8を見ていた人は凄く楽しめる大会だ。以下が、変更ない場合のカード。

Main Card:
Phillipe Nover vs. Efrain Escudero
Ryan Bader vs. Vinicius Magalhaes
Jason MacDonald vs. Wilson Gouveia
Kevin Burns vs. Anthony Johnson
Junie Allen Browning vs. Dave Kaplan

Prelims:
Krzysztof Soszynski vs. Shane Primm
Kyle Kingsbury vs. Tom Lawlor
Jules Bruchez vs. Eliot Marshall
Shane Nelson vs. George Roop
Roli Delgado vs. John Polakowski

過去のフィナーレ以上に、TUF祭りだw
ノヴァvsエフレイン、ベイダーvsヴィニーが楽しみなのは当然として、メインカードに問題児ジュニーvsいい奴カプランが!!うんこ食って評判になったカプランだが、ジュニーの減量に付き合ったりいい奴だったカプラン。カプランは、前に書いたがボスジムでホーストやボンヤスキー、アイブルなど錚々たるメンバーと打撃を磨いた過去もあり。正直、成長しないとジュニーは難しいかもしれない。ちなみに、TUF後にチームミア入りしたカプランと、チームミアから断られたジュニーの図式。

アンダーカードでは、いたずらっ子クリストフvs男前寝業師プリムという自分好みな一戦。更に、エフレインに敗れたが、ライト級上位と思われたネルソンが、根性男であり拳さえ問題なければ打撃がよさそうなループとの一戦。ヒョロ長デルガドは、ハグ魔能天気男ポラコウスキーとの一戦だ。内容知っていれば、結構面白そうだよね。カイルとローラー、ジュールスとエリオットはTUF8観てても微妙だけど……。エリオットの勝利は確実だw でも、TUF観てないとアンダーは特に辛い大会だといえるな。レベルはいつもより大分落ちるしね。

ちなみに、ヴィニーとエリオットは柔術で試合をしている。動画はこちら。更に言うと、ヴィニーは超豪華グラップリング大会X-Missionでマティ塩師匠とも対戦している。1ポイント取ってマティ塩師匠の勝利に終わったのだが、この大会はかの有名な親父vsジャカレイのドローがあった大会。

更にどうでもいい話だと、X-Missionの第1回大会では、LYOTOがこれまた強豪のロバト.Jrにテイクダウンの1ポイント差で勝利している。とは言っても、この第一回大会のLYOTO戦はレフェリーさえもポイントを与える所がどこかわかっていないような状況で(笑)、何度かテイクダウンしていたLYOTOの延長戦2回目でテイクダウンポイントを与えるという意味不明な試合。これらの試合で測れるのはLYOTOとマティ塩師匠がグラップリングのみの試合であれば、達人相手にも一本取られる事はないという事だけで、それ以外であればもちろん相手のロバト.Jrやヴィニーの方が寝技は強い。

長くなったので、更にTUF Finaleを100倍楽しめる話は、次に。ここ読んでいたら、次は本当に読んで欲しい。超ストライカーであり超不幸男アントニーの話、知らない人には絶対知ってもらいたい。


今日の筋肉番付。





これまでのTUF8を詳しく知りたい方は、こちら


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。