--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

12/22  M-1 2008 感想 

今回は格闘技のM-1の話題ではなく、漫才日本一決定戦M-1について。

出場は以下の9組。
ダイアン/笑い飯/モンスターエンジン/ナイツ/U字工事/ザ・パンチ/NON STYLE/キングコング/オードリー

格闘技同様、お笑いもこよなく愛す人間なので、このメンツで知らないコンビはさすがにいない。基本的に有名なコンビばかりで、モンスターエンジンの漫才は記憶にないが、その発想力を考えると楽しみではあった。

一部のブログを参照してみたが、案外納得行かれてない方が多いようで。ダイアン押し、オードリー押しなど、審査員結果に文句を言っている人が少なくない様子。(ちなみに、3.4人のブログしかチェックしてないので一般論ではないかもしれない)

自分は今回のメンツにイチオシという相手がいないのもあり(しいて言えば笑い飯)、かなりフラットな見方で楽しんだが、全体的なレベルはかなり底上げされたM-1と感じた。正直爆発力では物足りないものがあったが、総じてレベルは高かった。審査結果も納得で、NON STYLEの優勝という結果も自己採点では同様のものだったし、9組の中でのTOP4採点がNON STYLE、ナイツ、オードリー、笑い飯だったので、決勝進出も納得のもの。

さて、漫才論という事で今回のM-1を振り返って見ると、早稲田の大学院生である芸人サンキュータツオ氏の考察が興味深く頷けるものがある。M-1の結果がでてからの話はまだ読んでいないが、今年のM-1決勝を占うにとても面白い読み物になっていた。

大雑把な言い方をすると、「規定の4分間にいくつの笑い所を入れられるか?」というものが優勝を狙う上で最重要ポイントになっているということ。

それを踏まえて考えると、今回の決勝メンバーで言えばナイツの笑い所(笑えるかどうかは別として)は、その独自の漫才形態を開発し異様なまでの詰め込みだった。そして、優勝のNON STYLEも一ボケに一突込みの直後、同様の位置でニボケが続くという、これまた笑い所を相当数詰め込む事に成功していた。

サンキュータツオ氏の考察に、アンタッチャブルが極めてしまったコント式漫才に対して、サンドウィッチマンのコント式漫才がもう一歩深化させて笑い所を増やす事に成功したという考察がある。これはコント式漫才の限界点が見えてきたということだ。そこに、ナイツが新しい形を編み出して、しゃべくり漫才によってかつての倍以上の笑い所を入れることに成功し決勝の3人に残った。

しかし、サンドウィッチマン以上にコント式漫才で笑い所を詰め込む事は不可能と思われていたところに、今回NON STYLEが新風を吹かせた。一つボケる事で二つも三つも笑い所を重ねる事に成功したわけだ。自分は研究しているわけではないので、笑い所がいくつあったかはわからないが、NON STYLEシステムを採用したら、コント式漫才でサンドウィッチマン以上に笑い所を詰め込む事は物理的に可能だ。ナイツの数に達する事は不可能だが、コント式漫才を更に進化させたのは間違いない。

今回のM-1にて審査員の松本人志がナイツの漫才を見てこう呟いた。「凄いなぁ。いくつ笑い所入ってた?」

このセリフが今回のM-1を簡潔に表しているだろう。ナイツとNON STYLE、オードリーは笑い所の数でいうとTOP3だった。ナイツは数は素晴らしいが、爆発力で欠ける面があるのと当日の出来がユラユラしていた点で、ああいう結果になっただろう。誰がどう見ても、M-1優勝者の称号が一番必要なのがNON STYLEであった事も、個人的には幸せな結果だったと思う。

ちなみに、今調べてみたところ、松本人志の採点は以下だった。

ダイアン 85
笑い飯 89
モンスター 83
ナイツ 93
U字工事 85
パンチ 80
NON STYLE 93
キングコング86
オードリー 95

決勝はNON STYLEに投票。


サンキュータツオ氏のM-1決勝の話は、早く聞きたいのだが混んでて繋がらない……。NON STYLEについて、「古典的オールドスタイル」と言っているけれど、そうなんかな?1ボケに更にボケを被せるのは、今までもあった事だけど、それを最後までやりとげるのは案外無かったんじゃないかと、少ない知識で言ってみる。最後までそれをやり遂げる事で膨大な笑い所に繋がったという自分の考えって、かなりズレてる!?




【追記】
NON STYLEのボケの数はなんと51個、ナイツのボケの数は37だか33だかとの事(サイゾー調べ)。サンドウィッチマンのボケの数は、確か20台後半から30個程度だった気がする。つまり、コント式漫才においては51個のボケというのは驚異的な数なわけだ。前代未聞だろう。4分換算にして、4.7秒に一回のボケ。凄まじいね。

ちなみに、私の言う「笑い所」とは、「笑いに繋がるツッコミ」も当然含めてのものであるから、ナイツの方が笑い所は多い。ナイツは確認のツッコミではなく、明確な笑わせの突っ込みであるから。更に1ボケに2つくらいツッコミやったりもするしね。

笑い所を増やす、手数を増やす事で起きる爆発力の足らなさ、平面的な笑いの連続に陥りやすいというのは間違いなくある。そこらへんの調整が、来年以降のコント式漫才コンビの課題だろう。やっぱバランス的にはアンタッチャブルが一番よかったもの。増やした上での爆発力、難しいところだ。逆にしゃべくりはまだまだ余地がある。



今日のオススメコミック。
北崎拓/さくらんぼシンドローム 1-10巻




[ 2008/12/22 22:12 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。