--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

03/02  WEC39 結果と感想 & LYOTOの親父・町田嘉三インタビュー 最終回  

■ WEC39の結果は以下。


WEC世界フェザー級選手権試合/5分5R
○マイク・ブラウンvsレオナルド・ガルシア×

×バート・パラゼウスキーvsリカルド・ラマス○

○ホセ・アルドvsクリス・ミックル×

○ロブ・マックローvsマーカス・ヒックス×

○ダニー・カスティーリョvsフィル・カルデラ×

○ダマッシオ・ペイジvsマルコ・ガウバォン・ロウロ×

○ジョニー・ヘンドリックスvsアレックス・セルジュコフ×

○大沢ケンジvsハファエル・ヘベーロ×

○アレックス・カラレキスvsグレッグ・マッキンタイア×

○ジョン・フランチvsマイク・バドニク×

○マイク・ピアスvsジャスティン・ハスキンス×




早速感想行きましょう。

【ブラウンvsガルシア】
地元ガルシア大人気。王者ブラウンは完全アウェーでブーイングの嵐。中央を陣取ったブラウンの右がいきなりのビッグヒットでガルシアダウン。そのままパウンドで仕留めにいくブラウン。かなり危ういがなんとか逃れようとするガルシア。ブラウンはバックに回りチョーク。これは外れるが、バックからパウンド連打。ガルシアはなんとか正面を向いてガードポジションに戻す事に成功。しかし、ブラウンは肩固めを仕掛けながらパスしマウント。肩固めがガッチリ極まって一本。

スタートからフィニッシュまで怒涛の攻めを見せたブラウンの完勝。見事な勝利なのに、観客はブーイングと歓声が半々(笑) ご当地ファイターへの扱いは日本とは大分違うよなぁ。個人的にはガルシアのスタートは凄く動きが固くて、地元という事でガッチガチだったように感じた。しかし、それを理由にさせないほどの完璧な内容だった。

こうなると、俄然イマナーの存在感が増す。私の記憶では、ブラウンはこの階級ではイマナーにしか負けていなかったような。昔イマナーはブログで「KIDとやりたいか?」という質問に「やりたくない」と答えていた。この発言が真意かどうかはわからんが、昔のイマナーはあまりアピールするような人間ではなかった。しかし今では「KIDとやりたい」「1回戦はチェイス・ビービを希望した」「全員とやりたい」と景気のいい発言がなされている。現実的には盛り上げるために「周りに言わされている感」が強いけれど、もしかしたらかつて一本で倒したブラウンが階級最高峰と言われるフェイバーを破り王者についた事も、イマナーの発言の背景にはあるのかもしれない。


【アルドvsミックル】
テンカオからハイ、怒涛の左右連打でアルドがKO勝利。前戦から短いサイクルだったので、若干体調の不安があったが、相変わらずスピード感ある素敵ファイターぶりを見せつけてくれた。アッパーがぎこちなかった事以外は、ほぼ完璧な内容。タイトルへ一歩前進。近い将来タイトルを獲得できるかはわからないが、未来という意味ではいつか必ず獲れるファイターだと思います。


【ラマスvsパラゼウスキー】
ラマスは目元がDREAMの石田君に似ている。さらにファイトスタイルも似ている。30-27×3人の判定勝利で6戦全勝としたラマスだが、スタンドに不安あり、トップからも柔術巧者ならばコントロールされる事確実というモロさも見せた。けれど、レスリングで鍛えたフィジカルとスクートからのアタックというお利巧戦略で、少ない経験の中精一杯の内容を見せた。若干しょっぱいけれど、これからに期待。


【ヒックスvsマックロー】
ヒックスはいつも小ささが目立つな。ギロチンマジシャン・ヒックスとストライカー・マックロー。お互い警戒しまくりで、距離が縮まらない。速攻でブーイングが飛ぶ。WECはUFCと比べても、ブーイングが早いんだけれど、この試合はそりゃブーイングされるわという試合。結局、マックローが打撃で優勢に進めて2-0の判定勝利。ズッファ系では、UFN12のスウィックvsバークマン以来の29-29が飛び出した判定読み上げがこの試合のハイライト。


【ロウロvsペイジ】
右フック2発に続けて、更に追撃の右フックが一発入りロウロダウン。そこにパウンド一発で秒殺KO。ペイジ魅せました。



とにかくブラウンが見事過ぎという大会だった。かつて若干固い印象があったブラウンだが、力強いのに柔らかく、フィニッシュ能力が一段UPしたように感じられる試合だった。ガルシアのようにタフな選手相手だと、詰めが甘いとズルズル逃れられて逆襲されるパターンというのはよくある事だが、そうはさせず。アルドの試合とこの2試合は要チェックです。そして、大沢おめでとう。



■ LYOTOの親父・町田嘉三インタビュー Part.04

LYOTO親父インタビュー最終回です。コメントで希望された方がいらっしゃったので、延長戦もいつか時間あった時にでもお届けします。




リンクはこちら

Part.1
Part.2
Part.3
Part.4


今日の激安。Sears (シアーズ) 天然ダイヤ×アクアマリン
2連リングトップネックレス
¥14,800 → ¥5,800 (9,000円引 / 61%オフ)
3月の誕生石らしいですよ。彼女持ちの羨ましいみなさん。






[ 2009/03/02 22:19 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。