--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

04/28  芸人ドラフト会議 

時間が取れたので何か書こうと思ったが、格闘技関連で書く事がない。なもので、このブログ自体について何か書こうと思ったのだが、案外時間かかりそうなので、世間を震えさせた「アメトーーク:芸人ドラフト会議」について書こうかと思う。その前に格闘技関連をちょっと。


■ミアのジムが案外充実

先日からステファン・ボナーがミアのところで練習をしているようだ。ミアがいるジムは、トレーナーが打撃の専門家で、最近のミアの打撃向上に見て取れるように定評がある。また、ミアがいるので立ち技寝技のバランスがいいのだろう。一方、レスリングには弱そうだが、レスリングに長けたジムはアメリカには腐るほどあるので、特色を出すにはいい感じのジムだと思う。そして、先日は日本でもおなじみのフィル・バローニが練習に来たりしていたようで、バローニはミアが教えているMMAクラスに飛び入り参加で指導に入って、クラスの生徒に大喜びされたとか。ランペも前戦時に練習に来て結果が出たので「また来る」と言っていたように、主流のジムに所属していないはぐれキャラにはいい感じっぽい。

ふと思ったのだが、ボナーはXCで練習したりしてた記憶があるのだが、XCってミアのジムのライバルになるのだがボナーは大丈夫なんだろうか。記憶違いかな?


■吉田善行の練習風景

シュウ・ヒラタ氏のブログで報告されているように、吉田が1ヶ月ほど前から今をときめくグレッグ・ジャクソンの下で練習中。いやー、いい練習が出来ているといいなぁ。今度の対戦相手ブランドンをクリアするのは間違いないと勝手に確信しているので、それ以降もUFCウェルター級で存在感を示して欲しい。


■芸人ドラフト会議

いやー、これを観た直後は「今すぐブログに書きてー」と思ったのだが、翌日になって「専門のブログに任せるべきだろ」と思い直した。予想通り、各地で話題沸騰になっている。アメトーークという番組は、いつの間にかやりすぎコージーを追い抜き(というかここ最近のやりすぎコージーの低調っぷりは……)ニ、三年あたり前からお笑いファンが最も注目する番組になっている。

今回の企画は鋭い言語感覚を持ち再ブレイクを果たした有吉のプレゼンから生まれたもの。ちなみに、有吉の言語感覚は売れる前から半端なく、今は亡き内Pの大喜利でも以下の名言を残している。

クエンティン・タランチーノ
      ↓ 
くわえてん・たらんちんこ (咥えてん、足らんチンコ)


アーノルド・シュワルツェネッガー
      ↓
あーなるで・しめつけねっがー (アナルで、締め付けネッガー)


ただの下ネタ駄洒落だろと言われてしまうかもしれないが、この完成度の高さは半端ないと思う。私はこの衝撃で、その時腹筋が六つに割れた。有吉はこれ以外にも数々の名言を残し、当時一部のお笑いファンにインパクトを残した。

そして、今回の芸人ドラフト会議でも完璧なチーム編成を作った。「有吉のクソトーーク」と題して集めたメンバーは「矢作・清水ミチコ・次長課長河本・堀越のり(アシスタント)・森三中黒沢・蛭子能収・ムーディー勝山・雨上がり蛍原」。ドラフト一位で被ってしまい取れなかった「小杉」が加わり、「ムーディーor蛍ちゃん」が抜けたら、120点のメンツ。相当なクソトークをかましてくれそうな確実に観たくなるメンバーだ。22時からでは早すぎなメンツだが、爆笑は間違いない。ここで異色の堀越のりは、アリケンしゃべり場(だったと思う)で有吉と強烈なやり取りをした事があり、思わず膝を叩いた素敵キャスティング。

はっきり言って、その他3人の集めたメンバーの番組は興味をそそられなかった。ロンブー亮のメンツは一番22時のトーク番組らしいメンバーだが、紳助の番組あたりで見られそうな普通さであり、竜ちゃんもイマイチ。出川が集めたメンバーは、かなりの破壊力があって一人一人を見たらいいのだが、集まると統一感がなくお互いのよさを相殺されること請け合い。結局、どんな目的でメンバーを集めるかというコンセプトがなく、良い人材だけ引っ張ってくるという形では訴求力のあるものは作れないという事だろう。これはMMAイベントにも同様の事がいえるというのは、皆さんが考える通り。

びっくりしたのは、ドラフト1位指名「ブラマヨ小杉」が、有吉とロンブー亮の二人で被ったこと。そして、私が頭に浮かべていたドラフト1位も小杉だったこと。個人的には「さすがに1位で指名される事はないだろう」という指名だったのに、唯一のくじ引き芸人になった。今の小杉は打てば打つほど倍倍で響く。有吉が玉に瑕と言った小杉の長さも個人的にはアリ。やっぱり芸人間でも評価されているのだなと頷いた。

逆に、ドラフト1位候補のケンコバが誰からも指名されていない事に驚いた。私は「ケンコバは1位でかぶりそうだから小杉」という考えだった。そして、バナナマンも指名なし。他にも、人気絶頂のジュニアもレギュラー10本越えとは言え、まだホストよりゲスト、もしくはホストのサブが多いので東野がアリなら指名されていいだろう。

この企画は、もう一回くらい頭がキレる監督の下開催してほしいな。ジュニア指名のメンバーとか興味ある。今年のTV界No.1候補の回だった。



[ 2009/04/28 22:09 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。