--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

05/11  UFCの非情 & 五味の勝利 

■ヴィニーの放出。

長南放出の陰で、TUF8準優勝ファイターであるヴィニー・マガリャエスがひっそりと放出された。

全勝ファイターであるベイダーにTUF決勝で敗北し、続く本戦第一戦、先日のUFC97にてエリオットに敗れた。準優勝を獲得してわずか一戦での放出。しかも、このエリオット戦の判定は疑問の残る裁定でもあった。

TUF準優勝者が1戦で即放出という例で記憶に新しいのは、スピアーだ。史上最低レベルのTUF6にて、決勝でダンジグに敗れた後、本戦第一戦で超絶ストライカーであるアントニーさんと対戦するはめになり、秒殺フルボッコKOされたスピアーはそのまま放出。この試合はアントニーさんの出世試合としても有名。スピアーは当初から「フィジカルだけの農夫」と言われ、レベルの低いTUFだからこその準優勝だったので、放出は誰からも惜しまれなかった。

しかし、柔術で抜群の実績を誇り、UFC本戦でも活躍中のクリストフ・ソジンスキーも1R一本と一蹴し、エリオット戦でも微妙な判定だったヴィニーは、こんなに早く切られるとさすがに可哀想だと思う。ドライスデールもUFCに来るかもしれないので、柔術系は必要ないという事なんだろうなぁ。




■ 五味の勝利を見て

なんだか凄く嬉しかった。元々五味は好きだったけど、「こんなにも俺って五味を愛していたの?」と我ながらちょっとびっくりした。今の五味に対して、今回の激勝を観ても正直不安はぬぐえない。間合い合戦では若干負けていたし、当日75kgと言えどもフィジカル的な強さも感じられなかった。でも、確かな上昇気流を感じさせてくれた。それだけで、幸せ。

五味は海外も視野に入れているようなので、SFとUFCは視界に入っているのだろう。仮にもしもUFCを選択するのであれば、非常に困難な道が待っているに違いない。違いないけれど、五味の気持ちを奮い立たせる役目を、UFCは存分に発揮してくれるだろう。高まったモチベーションで、フィジカルを強化し、もう一度真摯な気持ちで技術を高めんと研鑽すれば、眩しくてたまらない五味の姿をもう一度仰ぎ見ることが出来るかもしれない。






時間が経ってしまったが、忘れないうちに自分用メモ

第7試合 ライト級 5分3R(インターバル90秒)
○横田一則(GRABAKA)
×レオ・サントス(ブラジル/ノヴァ・ウニオン)
判定2-1 (大橋30-28/松本30-29/礒野28-29)

戦5試合 戦極フェザー級GP二回戦 5分3R(インターバル90秒)
○金原正徳(パラエストラ八王子 / チームZST)
×ジョン・チャンソン(韓国/CMA KOREA / KTT)
判定3-0 (大橋30-29/松本30-29/礒野29-28)

オープニングファイト第2試合 フェザー級 5分2R(インターバル90秒)
○大澤茂樹(吉田道場 / 戦極育成選手)
×石橋幸太(横須賀総合格闘技道場DOBUITA)
判定3-0 (大橋20-18/松本20-19/磯野20-19)

あれれ?



[ 2009/05/11 22:43 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。