--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

06/28  前田日明とビートたけしの対談 

お笑い好きなので、「笑ってポン」さんのサイトを読んでいた際、ゲストの前田日明がリングスのオランダ選手の話と辰吉の話をしていたので紹介。

対談の全文はこちら。分量としては紹介文の10倍以上の話をしているので、下記読んで興味持った方は是非ともリンク先へどうぞ。

1998年3月の対談。

■ オランダのファイターの話

~リングスネットワークについて~

前田「今はオランダ、グルジア、ブルガリア、あとオーストラリア、今活動してないんですけど韓国あと個人参加ってことですね」

博士「今、オランダ帰りってことなんですけど、オランダでもリングスの興行を定期的に始めるってことでやられてるわけですけどね。ちょうど二人(前田とたけし)ともオランダ帰りなんでね」

殿「だから俺、オランダで、前田さんには失礼だけど、二回いったのか。でリングスの話したら、『お前なあ、リングス出てるあいつ、普段の方が命かけてるやつだぞ』って、ボディーガードしてる、とんでもないやつだって。ストリートファイトみたいなことやってる奴だから、下手したらリングに上がった方が楽なんじゃないかって言ってる奴いたよ。麻薬やってるやつがいつ来るかわからないようなところで体はってる奴がリング上がっていくんだから、始めは結構甘く思ったんじゃないかっていってたよ」

前田「過去、オランダの選手、二人殺されてますからねえ」

博士「用心棒やってて、撃たれて…」

前田「いや、それはね、なんか店内でトラブル起こって、なかなか言うこときかないから殴ったりするじゃないですか。それを恨みにおもって、どっかで待ち伏せして、パンパンパンパンって撃たれたりして」

博士「だからリングの上の方が安全だっていうような環境で、バウンサーっていう、あのね、用心棒やってる方って本当に多いですよね。オランダだとね」

前田「でもね、とんでもない選手いますよ。ヒルマン・レッドって選手いるでしょ。あいつね、恨みを買ったやつに、四人に鉄砲持ってかこまれてね、どうしたかっていうと、ひるまずに、自分の持ってる拳銃で相手が撃つより先にぜんぶ撃っちゃった

博士「格闘家でもなんでもなんでもないじゃないですか」

前田「それでね、正統防衛のはずなのに、過去やんちゃで大暴れしてるから、『お前が悪いんだろう』って、反対に留置場に」


■ 辰吉の話

~ビートたけしはボクシングをやっていた時代がある。格闘技ファン~

博士「格闘家として注目する、もちろん自分の団体のこともあると思うんですが、他の団体とかで、どうですかね」

前田「辰吉ですね。あいつ、がんばってほしいですね」

玉袋「この間の試合、見ました?」

前田「見ました、みました」

殿「昔、最初の世界タイトルマッチの前(1991年頃。この収録は1998年)に会ったんだ。俺に『一回でも負けたら引退しますよ』って言ったんだ」

玉袋「あの当時は、あれ売り文句でしたよね」

殿「うん。で、俺『絶対負けるよ』って言ったんだよ。『無敗で引退するなんて、そんな甘くないよ、格闘技って。よっぽど運のいいやつだよ』って。ロッキー・マルシアーノの時代の、バックにマフィアが付いてて、おどかし回ったかもしんないじゃない。結局、俺は『絶対、負けてももっかい行って、それを何度も繰り返して強くなると思うんだけど』っつったんだけど、そしたら、この間勝った時、『意味わかりましたよ』って言っててね。『負けるとかそういう問題じゃなかった』とか言っててね」

玉袋「でもファンとしては負けたら引退とかいう言葉にグッときちゃうんですよね」

前田「今、でもあんなことでも言える気概を持った奴っていないじゃないですか」

博士「『世界戦で負けるっていうことは世界に対して生き恥をさらしてるってことなんだ。それを俺は何回続けてるんだ。最終的にここでおれは生き恥をさらすために何度でも挑戦する』って言って、勝った時にはもう感動しましたねえ、僕」




いい時代を切り取れば、たけしはとてもいい事を言ったと思う。しかし、今となっては辰吉が引退しない若干の要因になっているかもしれないと思う。あくまで若干だけれど。実際、辰吉はリングで死にたいと思っているのだろうか?自分がそれで幸せならば、周りに不幸をもたらしてもいいのだろうか?強烈な魅力を全身から発していた辰吉はもういない。辰吉の未来に、希望がある事を心から望む。




[ 2009/06/28 01:41 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。