--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

07/30  TUF10の予習 

昨日更新しようとコリコリ書いていたら、いきなりのヒョードルニュース。慌てて書くのを止めて、踊らされていたら、結局ヒョードルのUFC入りはひとまず無しという事で決着。ワジムの要求は無茶だよ。M-1とUFCの共同開催なんて、ワジムしか得しないのを受け入れるわけないわ。

というわけで、アフリクションショックからダレてしまっているのと、MMA興行がないので、ここらで早いけれどもTUF10(ジ・アルティメット・ファイター シーズン10)の予習をしてみます。



TUF10については、UFC100で全選手が発表された。そしてTUF10の収録は既に終了し、キンボがどうなったのか、決勝進出者が誰になったのか、それらは明らかにされていないだけで、確定している。放送は、いつものパターンでUFN16(9月16日)の放送に続けてSpikeでスタートする。

噂では、今回のTUF10から日本でも放送が開始されるという事だ。字幕、吹き替え、どちらが採用されるかはわからないが、それらの手間がかかるため、現地の放送から1週2週ほど遅れて日本で放送されると予想されている。でも、WOWOWなのかどこなのかはわからないが、TUFを放送する放送局は、ちょっと考えて欲しい。

既に収録は終了している。編集作業もあらかじめ進められていると思う。そうならば、翻訳含めても日米の放送開始日を同じにすることは可能だ。収録が既に終了している事を、日本の放送局が知らないなんていう寒い事はないと思うので(ありえるかもしれないが)、そこらの交渉(TUF放送の大分前に日本の製作会社に手渡す必要があるので)を頑張ってほしい。


さて、以前TUFでヘビー級が行われたのはTUF2での事だが、エヴァンスやジャーディンなどTUF終了後階級を下げるパターンがほとんどだったのに対し、今回は真性ヘビー級ファイターが多い。ジョーンズ、マット、シャウブ、シヴァーズという4人もの元NFLプレーヤーがその中に入っているのが特色かもしれない。

以下がTUF10のフルキャストだ。


【KIMBO SLICE】
3勝1敗。身長6-foot-1、235パウンド。35歳。
いわずと知れたキンボ。裏庭ベアナックルファイトで、世界中から注目を集めた最高のネームバリューを誇る選手。トンプソンに勝利し、セス・ペトルゼリに負けている。ボディガードとして働く前にマイアミ大学でアメフトをしていた。


【ROY NELSON】
14勝4敗。6フィート1、265パウンド。33歳。
プヨ魔人。最近はアルロフとモンソンに連敗中だが、元IFL王者で最も実績を残している選手。IFLではベン・ロズウェルにのみ負けている。一応の優勝候補筆頭。


【WES SIMS】
22勝12敗1分。6フィート10、260パウンド。29歳。
現在自分でジムを経営している最も経験のある選手。250戦の鉄人フルトンやシルビアさん、ミアなどに負けている。有名選手に勝ったのはキモ戦くらい?元々プロレス志向だったが、コールマンと出会いMMAに転向。04年2月のUFC46では、フランク・ミア戦のセコンドにビル・ゴールドバーグを伴っていたりと、プロレスラブは変わらないようだ。というわけで、UFCに参戦した経験があるが、3連敗して切られた。


【MARCUS JONES】
4勝1敗。6フィート6、260パウンド。35歳。
ノースカロライナ大学でアメフトのディフェンシブエンドをしていて、オールアメリカンを獲得し、タンパベイバッカニアーズの1996年ドラフト1位で入団したエリート選手。NFLのベテラン選手で、8年間NFLで活躍した後、グレイシー・タンパに入りMMAへ移行。2007年MMAデビューで2年以上MMAトレーニングを積んでいる。


【MATT MITRIONE】
プロMMA経験ゼロ。6フィート3、275パウンドの30歳。
高校時代はアメフトの2つのポジションでオールアメリカンに選ばれた。大学ではビッグ10にも選ばれ、2002年にミネソタバイキングスでデビューした元NFLプレーヤー。ニューヨークジャイアンツに渡った後、酷い怪我をして引退。現在は、UFCファイターのライトルとオブライエンと共にトレーニングをしている。


【WES SHIVERS】
プロ2勝1敗。アマ2勝無敗。6フィート7, 285パウンド。32歳。
元NFLプレーヤーその三。テネシータイタンズとアトランタファルコンズに計4年在籍。アラン・ベルチャーと共に練習している。大口叩くタイプの選手で、「現在、俺は6戦しかしてないが、それは対戦相手が見つからないからだ」と言っている。5戦しか戦績が見つからなかった。



【JUSTIN WREN】
プロ8勝1敗。アマ1勝無敗。6フィート3、264パウンドの22歳。
レスリングベース。高校時代に二度王者になっている。アイオワ州立大学に進み、怪我でレスリングから離れている間に、MMAにはまりプロを目指すようになった。地元テキサスでトラヴィス・ルターと共に練習をしていて、フルタイムでMMAに打ち込むためにラスベガスのミアの所に引っ越そうと考えている。このジャスティン・レンは、おっさんばかりが揃ったTUF10において、22歳と若いし、下地があり、やる気もありそうなので将来的に期待。


【MIKE WESSEL】
6勝1敗。6フィート、255パウンドの31歳。
UFC92のハードング戦では、凄くタフだった。ハードングの寝技に翻弄されてたので、グラウンドはアレだがメガトン打撃の持ち主。ただ、この試合はわずか1週間前のオファーで行われたもので、ダナからは4試合契約を貰っている上、TUF出場を頂くという風にお気に召されている。


【ZAK JENSEN】
7勝3敗。6フィート4.265パウンドの26歳。
北イリノイ大学とアウクスブルクカレッジでレスリングとアメフトをやっていた。タフマンコンテストなどに出ている中、2007年に本格MMAデビュー。有名選手ではTUFファイターのブラッド・アイムスとホワイトヘッドに負けている。戦績は11-3という話もある。


【DARRILL SCHOONOVER】
10勝無敗。6フィート2、250パウンドの24歳。
17歳から柔術、柔道、グラップリングを始めた。高校卒業後、2年間アメリカ軍に所属。メガトン打撃満載っぽいTUF10参加選手の中で、唯一5KO、5一本とバランスが取れている。TUF10トライアルに参戦し、出場の噂が大分前からあったレックス・リチャーズは、この選手に直前でKO敗けしたためアウトになったくさい。このブログで、以前スクーノヴァーに対して触れた事があったが、試合映像を見た限りではライトヘビーが適正なタイプだと思う。ヘビー級契約の試合で98kgで出ていたりしている。ヘビー級で戦う為に、大幅に身体を大きくしていたりしていない限り、もしも契約を勝ち取ってもエヴァンス同様ライトヘビー級に下げると予想される。


【BRENDAN SCHAUB】
4勝無敗。6フィート4, 240パウンドの26歳。
バッファロービルズの元NFL組みその4。テコンドーと柔術に積極的に取り組んでいて、T's KO Fight Club と Jackson's MMA で練習している。試合はわずか4試合だが、既に2年以上の経験がある。無敗のUFCヘビー級ファイターであるカーウィンと一緒に練習しているので有名。一部の格オタからは、TUF10参戦の話題以前からも、大分熱い視線を浴びていた。ルーキーの中で、最も期待されていると言っていいだろう。ただ、練習風景などを見るとまだまだ荒削りなので、今回のTUFでどれだけ成長できるかが鍵だ。顔つきなども◎。


【James McSweeney】
12勝4敗。6フィート4、230パウンドの28歳。イギリス人。
6歳からキックボクシングをやっていて、キック戦績は136勝9敗(本当?)。その後、エヴァンスと共にグレッグジャクソンの元に来て、フルタイムのファイターとなっている。


【Demico Rogers】
大手サイトでは戦績が出てこないが4勝無敗らしい。6フィート4、235ポンドの27歳。
高校時代はレスラーとフットボーラーとして鳴らしていた。鍛える事が好きなアメリカンの例に漏れず、ロジャースも健康の為に柔術を始めた。軽い感じでMMAのローカルトーナメントに出場し、その大会で優勝した後、本格的にMMAを志した。


【SCOTT JUNK】
6勝2敗1分。6フィート1、265ポンドの30歳。
大学時代はディビジョンⅡのオールアメリカンフットボーラー。2007年9月UFC初戦でウェリッシュに敗北した事で、一旦MMA活動停止。ただ、これは試合間近のオファーだったので可哀想だった。今年MMAに復帰してドロー。デビュー戦でリコ・ロドリゲスに負けているが、アンブリッツさんに勝利している。


【JON MADSEN】
1勝無敗。アマ2勝無敗。6フィート。240パウンドの29歳。
ヒューズの元でトレーニングをしている。高校時代に現UFCヘビー級チャンプのレスナーをレスリングで破っているのが特筆。


【ABE WAGNER】
6勝2敗。6フィート4、265パウンドの29歳。
ABEは阿部ちゃんぽいけど、アブラハムの事。高校時代アメフトとバスケをやっていて、ミシガン工大でラインバッカーをしていた。機械工学の学位を取得したあと、2005年にMMAトレーニングを開始。


以上が全16選手の軽い紹介。おっさんの祭典となっているように感じたが、計算すると平均年齢29歳で、ギリギリ20代だ。レンやスクーノヴァーなどが頑張って平均を下げている。暴走する若者という形ではなく、ハウスで暴れるおっさん、止める若者という絵になったら面白い。

優勝候補筆頭は、ネルソン33歳。最も動向が気になるのはキンボ35歳。期待したい選手は、スクーノヴァー24歳とシャウブ26歳とレン22歳。TUF10が間近になったら、もう一度取り上げてみます。


[ 2009/07/30 23:38 ] TUF Season10 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。