--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

09/25  The Ultimate Fighter Season10 エピ02 動画と感想 

ジ・アルティメット・ファイター シーズン10 エピソード2の動画は以下。


Watch s10ep02 in ã�¹ã��ã�¼ã��  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

動画へのリンクはこちら

やっぱり、音ズレ解消できないので、Veohで。Veohプレーヤー入れないと、フルで見れないのが残念なのですが、申し訳ないです。



以下、ネタバレあり。




ハウススタート。
「自分の実力を証明するためにここにいる」と語るキンボからエピソード開始。

チームランペトレーニングセッション。
キンボを中心に撮る。グラウンド。ミット。スプロール、グラウンド下からのスイープを重点的に。ランペとキンボの仲は凄く良好だ。

エヴァンストレ。
打撃スパーなど。ネルソンがクローズアップされ、コーチ陣と揉める。ネルソンはキャリアがあるから、自分の考えでトーレニングしたがり、エヴァンスとジャクソンがそれに対して従えと声を上げる。

ランペが2回目のマッチメーク。これで、優先権は終了だが……。
ネルソンに対して、「お前は何て名前だっけ?」白々しい(笑) ランペが指名したのは……、

ミックスウィーニー(チームエヴァンス)vsウェズ・シヴァーズ(チームランペ)

うわー、キックの選手に対して、でかいけど経験の少ない元NFL組を当ててきた。寝技できる奴当てたら、勝てると思うんだけどなぁ。さて、どうなるか。

シバーズは「6インチリーチが長く、40ポンドは重いぜ」
ミックスウィーニーは「シヴァーズはMMAの準備が足りてない」

ミックスウィーニートレーニング。
打撃ミット。立ちレス。

ランペトレが始まる時間にも、エヴァチームが輪になってミーティング。

エヴァンスとランペが笑いながらだけれど、揉める。ランペはチームエヴァンスに対して、さっさと出てけよと。

チームランペトレ。
シヴァーズのシャドーはブサイクだ。しかし、声がしぶい。おたく渋いねぇ。打撃ミット。テイクダウンも連動した実戦に近いコンビネーションなど。ランペが、「相手はストライカーだから、テイクダウンして殴れ」と指示する。頭を使うんだと。

チームエヴァンストレ。
フィジカルトレ。ボールをスプロール練習で利用したりしている。

ハウスにて。
マーカス・ジョーンズ。デミコが話している。間には負けたエイブ。ミックスウィーニーにたいして、シヴァースはでかいって話?

シヴァーズが寝るところ。中々寝付けない。

試合当日。
ミックスウィーニーは気合入りまくり。イレ込み気味?シバーズは、ちょっとナーバス?声など出さない。

*シヴァーズ
32歳 リーチ81.5 プロ戦績2-0 元NFLの自信家。

*ミックスウィーニー
28歳 リーチ75 プロ戦績3-3 キック戦績は136勝9敗(本当?)。キックで実績積んだ後に、エヴァンスと共にグレッグジャクソン門下に入る。

6.5インチものリーチ差と、身長、サイズの違いがあるが、一方ミックスウィーニーは格闘技経験が豊富。どうなるか。

以下、試合展開を詳細に書いているので、読むの飛ばしてください。

1R、
ミックスロー。それに対してウェズがヘタな打撃を出していき、組み付き金網に押し込む。テイクダウン成功。ハーフ。ボディにパウンド。ウェズは上で動けず、固める。パスを狙いアームロックを仕掛け、案外際どいが外れてスタンドへ。ミックスロー。ミックスがハイはガード上。ミックスロー。更にミックスローに対して、ウェズもローを放ち、これは金的。再開。ウェズはカウンターでぶさいく打撃を出していく。サイズが違うのでそれでも脅威はある。組み付くが離れる。ウェズはすでにガス欠。まだ3分だというのに。

ミックスジャブ。ジャブ。ミックスロー。ロー。ウェズは動けない。ミクが近づき打撃を出すのを待つのみ。ウェズのぶさいくワンツーはからぶり。ミクロー。効く。続けてロー。ロー。それに対してウェズがワンツー。あたらず。ミク余裕でローで削っていく。ハイなど交えロー。ロー。ブザー。ミク10-9

2R、ミクジャブ。ロー。ウェズロー。ミクロー。ロー。ミクのハイにウェズがタックル。切られる。ミクがロー。ローでウェズは既に終わりそう。フックからロー。ミクのミドルを抱えてウェズがテイクダウン。ようやく成功したか。これが、1分20秒過ぎ。ハーフ。再びアームロックを狙う。そして、マウント獲得。パウンド。パウンド。続けて、バックマウントからチョーク。これは外れるが、しつこくバックサイドからパウンド。ミクがスタンドに戻そうとして、ウェズが下になる。ミクはスタンド選択。ここまで、2分半。

ミクのローに、ウェズはフックを狙う。ウェズ疲れて休んでしまう。ミクロー。ミックの大振りフックに、ウェズは組み付くが、逃げられる。ミックも疲れている。再び、ミクロー。両者脇に手を置き休む。お前等は、銭湯で牛乳飲むおっさんか。と突っ込みたくなるくらい、幾度も休む。ミクローにウェズフック。ミクロー。ウェズロー。もはやギャグ。ミクの右フックがヒット。更にロー。ここでウェズがテイクダン。そこにミクがギロチンを合わせる。ハーフだから極まらないが、もう時間が無い。ギロチン外れて、ウェズがエルボー入れてブザー。

オクタゴン真ん中で体育すわりのウェズ・シヴァーズ。


飛ばした人へ
木偶の棒ウェズが1Rからガス欠。そして、ローを効かされる。一方、ミックスウィーニーも、2Rからガス欠を起こす。両者、腰に手を置き「一休みしましょ」状態。テイクダウンして上を取るのはウェズ。といったところ。


リプレイが流れると、試合中、指示で絶叫するエヴァンスが面白い(笑)

判定は(19-19.20-18、20-18)で、ミックスウィーニーが勝利。

ランペのマッチメイクに、サンキューと笑顔のエヴァンス。

2回終わって、2連勝のエヴァンスが次戦のファイトアナウンス。指定したのは、


ネルソンvsキンボ


うわー、キンボにとって、ネルソンはキツー。エヴァンスはガチすぎ。視聴率のことなんて、考えてないっすね。うーん、キンボはここで終了かなぁ。


というところが、エピソード2ですが、微妙っすね。キンボを映す事に重点を置いているので、なんだか試合するファイターを掘り下げられていない。ハウスシーンもほとんどなく、連続してしょうもない試合になっている為、はっきり言ってキンボがいなければ、どうしようもない感じに見えます。ただ、先にも述べたように、キンボがいるために、キンボ中心に映像を作る事になり、それゆえ他のファイターの魅力が出てこないという、どっちを取れば正解なの?という状態だと思います。これで、試合が熱ければいいのですが、試合が連続して駄目な感じなので、ドンマイという感じ。

次週のキンボvsネルソンが、一般視聴者的に最も注目の週ですが、その後に本質的なTUFの面白さが出てくるのかなぁと。期待の選手は、まだ登場していないですしね。それにしても、来週は注目です。これまでのように、判定にもならないと思いますので。



[ 2009/09/25 23:43 ] TUF Season10 | TB(0) | CM(2)
今回のメンバーでも大事なキンボとネルソンを、早くも当ててしまうのは勿体ないきもしますが、そういうカードだから興奮しますね。
まあネルソンだとは思いますが。
[ 2009/09/29 15:22 ] C.O [ 編集 ]
> C.Oさん

そうですね。エヴァンスはガチですね。もうちょいキンボを引っ張ってもよかった気がしますが、リアルであればこそですかね。
[ 2009/10/01 22:51 ] ポキール [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。