--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

06/02  PRIDE 武士道ウェルター級GP 

というわけで、試合の予想。ユンが海外サイトで噂されていた通り欠場。代わりは、グレゴリー・ブーシェラゲム。5勝2敗でサブミッションを得意とする選手のようだ。戦績も微妙で、試合数も少ないが、こんなに少ない戦績の中には、ウィアーとシモノフからの勝利が入っているのが特筆すべき点。まぁ、GPに参戦できるレベルじゃないのだろうけれど、仕方ないね。急なオファーだし。

しかし、パウロ・両津・フィリオvsユン様は、実は楽しみにしていたカードだったので、残念だなぁ。今回の相手だったら、フィリオは楽勝だろ。

さて、以下が予想。

■ウェルター級GP2006(ダンヘンはシードで2nd Roundから出場)

○瀧本vsゲガール・ムサシ

ムサシの打撃は、相当なものという評判だけれど、タッキーがグラウンドに持っていって塩漬けすると予想。つか、1本あるかな2Rあたりで。タッキーはあんまり好きな選手じゃないけれど、適正階級だったら、それなりに強いと思う。あと、2回戦に俺だけの郷野とやってほしいからw そしたら、郷野があっさりベスト4w

○長南亮vsジョーイ・ヴィラセナー

これは、願望だね。ヴィラセナーが強いのは分かっているが、ここいらで長南が勝ってくれないと、正直ヤバイでしょ。ヴィラセナーに塩漬けされないことを期待。ちなみに、ヴィラセニョールとPRIDEでは表記しているが、まだ未知の強豪だった頃から使用していた言いやすいヴィラセナーで統一する。実際の発音は、ヴィラセニョアーってのが近い。

○郷野vsヘクター・ロンバート

郷野さん。勝ってくれ。ヘクちゃんは、タッキーなどの吉田道場勢には相当評価高いようで、「郷野選手は絶対に勝てない」と言われているが、スタンドだったら、郷野が完封してくれると信じている。ただ、ヘクちゃんは、柔道出身だけあって、テイクダウンがうまそうなんだよなぁ。高瀬をKOで下しているのは素直に評価できる。そして、階級上の中村を練習で脱臼させたという噂。これは凄い事ですよ。ヘクちゃんの過去の戦いの映像は、こちら。郷野vsニンジャはこちら。これはとても良い試合よ。

郷野が勝つと、次は(もしもムサシに勝てれば)タッキーというのはアングルで決まっているようなものなので、ベスト4が見えている。うしし。

○三崎vsバローニ●

いつまで経っても上がらない、俺のバローニ評価。UFC時代が印象に強すぎるのか。ただ、PRIDEに来てからのバローニは、昔のように働きながらではなく、完全にファイターとして他に職を持つことなくトレーニングしているから、だいぶ成長しているんだろう。コールマンがお金を貸してくれて、その生活を手に入れたから、バローニはコールマンに頭が上がらないんだな。素敵な師弟関係。ぶっちゃけ、それでも、三崎が塩漬けしようと思えばできると思う。つまらんけどね。そして、三崎はそれをやるだろうと。三崎は好きなので、アレなんだけれど、本当はバローニに勝ってもらって、更に気合でバローニにはベスト4まで残ってもらって、ベスト4で郷野と対戦!!郷野が決勝進出!!なんてのを夢見ている。

○カーンvsニンジャ●

うーむ。悩ましいな。このカードが今回の見所。最近のPRIDEは一戦だけ、実力拮抗の上、レベルが高い者同士を当てる傾向がある。言ってみれば、これはジョシュvsアレキみたいなもんか。ニンジャはとても好きだし、この階級に慣れたならば、相当な実力を発揮してくれると信じているのだが、それでもカーンが勝ってしまうのではないかと思う。パンクラスで雑魚キャラだったカーンとは、全くの別人になっているな。ちょっと、彼は怖い感じ。ニンジャは前回のような減量による体調不良ではなく、きっちり体調を整えてくれるかがポイントだ。

●スロエフvsブスタマンチ○

ブス先生が1本とってくれるはず。年齢的な劣化は突然来るのでいつくるかわからんけれど、個人的にまだまだブス先生は一線で活躍できる存在だと思う。俺の評価は非常に高いです。

○フィリオvsブーシェラゲム●

これくらいのレベルの相手ならば、批判される塩漬けにならずと、フィリオは1本をとってくれると思う。ただ、ブーシェラゲムもグラップラーなので、どうなのか?ブーシェラゲムのグラウンドが予想以上にうまければ、塩漬け作戦もあるかもしれない。

■ライト級ワンマッチ 

○桜井“マッハ”速人vsオラフ・アルフォンソ

マッハが1Rで完勝してくれるでしょう。アルフォンソという選手は、面白い試合をする選手らしいので、まぁマッハの怪我からの復帰戦としては、いい感じの試合になるのではないかと思う。マッハは事件の余波で叩かれているけれど、マッハの選択は間違ってないと俺は思う。違う選択肢がなかったとは思わないけれど。

○川尻達也vsチャールズ・ベネット●

川尻がテイクダウンしてパウンドで1RTKOと予想。心配なのは、チーム黒船のメンバーとしてボクシングを精力的に練習している川尻が、スタンドの攻防に色気を出さないかという点。ベネットのスタンドだけは、相当強力なので、それだけは気をつけて欲しい。五味だってスタンドではなくグラウンドに持ち込むようなレベルの打撃を持っているのがベネットなわけで、前田の二の舞は勘弁です。

●石田光洋vsアウレリオ○

アウレリオが下から一本とるんじゃないかと思う。正直体格が違いすぎる。石田は普段から73kgくらいで、アウレリオは試合当日には80kg台になっているとブッカーの証言があるから、正直階級が違うよね。それを理解して石田は武士道に出るわけだから、いいわけは当然できないけれど、石田が活躍できるのはHEROSだと思うよ。セコンドの良く通る「いいよー、クラッシャー」の声とか大好きなんだけどw

●オ・ウォンジンvsジェイソン・ブラック

話にならないと思うね。ジェイソンは、前回負傷して初の黒星を喫してしまったが、それまで引き分けはさんで19連勝した無敗の強豪だったわけで。負傷後の状況は知らないが、完勝するんじゃないかと。そして、塩っけがあるジェイソンに1本ないしはKOで勝たせるためにウォンジンが組まれたような。ウォンジンは受太郎と引き分けたのはたいしたもんだけど、池本にKO食らっているようじゃ。一点気になるのは、ウォンジンは階級上の体格の選手だという事。DEEPでは82kgで戦っていたようなので、その点はパワー負けせずにいい試合ができるかもしれない。


結論からいうと、マニアックな大会だなぁと。あと、郷野がんばれと。
[ 2006/06/02 10:04 ] 格闘技 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ポキール

  • Author:ポキール
  • FC2ブログへようこそ!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。